セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

魁力屋の冬限定「担担麺」1月8日(水)より販売開始!

株式会社魁力屋のプレスリリース

京都北白川ラーメン魁力屋をチェーン展開する株式会社魁力屋、(http://www.kairikiya.co.jp本社:京都市中京区、代表取締役社長:藤田 宗、以下魁力屋)は2020年1月8日(水)より「担担麺」の販売を開始いたします。

毎年ご好評いただいている魁力屋の「担担麺」が期間限定で今年も登場!
魁力屋「担担麺」の人気の秘訣はしっかりとした胡麻の風味と甘み。魁力屋特製、低加水の中細麺にもマッチした食べやすい商品です。そしてピリッと少し刺激のある辛さ。クリーミーなスープにこだわりの特製ミンチと白ネギ、シャキシャキの水菜と一緒に食べていただくことで味の変化が楽しめます。寒い冬に何度も食べたくなる商品に仕上げました。

<担担麺>
【担担麺(単品)750円(税別)】 ※並のみのお取り扱いとなります。
(使用するアレルギー物質(28品目中)小麦、卵、乳、落花生、えび、牛肉、豚肉、鶏
肉、くるみ、大豆、カシューナッツ、ごま)

◆販売店舗
北谷店、読谷店、イオンモール沖縄ライカム店、多摩ニュータウン通り店を除く全店舗

◆商品に関するお問い合わせ
株式会社魁力屋商品部 担当:金井
TEL / FAX :075-211-3338 / 075-211-4339

<京都北白川ラーメン魁力屋>とは

京都北白川ラーメン魁力屋は2005年に京都の北白川、ラーメンの激戦区で誕生しました。看板商品は「あっさりしているけれどコクと深みのある京都背脂醤油ラーメン」をコンセプトに展開してきました。ラーメンの「かえし」である醤油ダレは試行錯誤を繰り返し現在の味が完成しました。スープに合わせる麺は数百種類の中から厳選した小麦粉を使った魁力屋特製の低加水麺。角刃24番で切り出した中細麺、決まった温度と湿度で熟成させることによりスープとのバランスが絶妙な、のど越しの良い麺に仕上がっています。また、醤油ラーメンと相性抜群なチャーシューは良質な豚のウデ肉を使用しています。醤油ダレで炊くことでしっかりと味がつき、柔らかく食べやすいのが特徴です。

今では老若男女問わずたくさんの人に食べていただける、どこか懐かしいラーメンとして支持をいただいております。その他、若い方を中心に好評いただいているボリューム満点の定食があるのも魁力屋の魅力のひとつです。1番人気の「焼きめし定食」は醤油ラーメンで使用している醤油ダレで仕上げることでラーメンとの相性がピッタリです。その他、唐揚げや餃子の定食、一品物も取り揃えています。魁力屋ではラーメン店ならではのカウンター席だけではなく6人掛けができるボックス席もご用意しております。小さいお子さまやご年配の方などたくさんの方に心地よくご利用していただける店舗づくりを行っています。

<運営会社>
社 名:    株式会社 魁力屋(かいりきや)
創 業:    2005年6月1日
資本金:    1億7,075万円
代表取締役:  藤田 宗
事業内容:   ラーメン魁力屋のチェーン展開
全国店舗:   94店舗(2020年1月8日現在)

■魁力屋情報
魁力屋公式サイト:   http://www.kairikiya.co.jp/
魁力屋フェイスブック: https://www.facebook.com/kyoto.kairikiya/
魁力屋インスタグラム: https://www.instagram.com/ramen.kairikiya/
魁力屋ツィッター:   https://twitter.com/kyoto_kairikiya
魁力屋公式LINE@:    https://page.line.me/pns4741z

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。