永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

ダンデライオン・チョコレートからクラフトジン、オー・ド・ビーのコラボレーション商品が登場

Dandelion Chocolate Japan 株式会社のプレスリリース

ダンデライオン・チョコレート・ジャパン株式会社(本社:東京都台東区、代表:堀淵清治)は、岐阜県郡上八幡にてスピリッツの製造を行う辰巳蒸留所とのクラフトジン「CHOCOLATE GIN 2020」と千葉県大多喜町の薬草園跡に設立されたmitosaya薬草園蒸留所とのオー・ド・ビー(フランス語で「命の水」を意味する、果物や植物を原料にした蒸留酒)「CHOC & MINT」を2020年1月19日(日)より同時発売いたします。

 

 

辰巳蒸留所は、辰巳祥平氏がたった一人で初めた日本初の小規模蒸留所。ジンやアブサン(ニガヨモギを使って蒸留した酒)などを製造しています。
mitosayaは、16,000㎡の広大な敷地に約500種類の薬用植物が植えられた薬草園の中あり、果実などからブランデーやオー・ド・ビーなどを作る蒸留所です。
両社共に独自の世界観を持ち、果実や植物を原料にスモールバッチ(小ロット生産)、日本のクラフトスピリッツ界を牽引している存在です。原料や製造、商品へのこだわりはもちろん、お互いのクラフトマンシップに対する共感から今回のコラボレートにいたりました。
これらの商品をダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前、Bean to Bar Lab 蔵前、オンラインストアにてお取り扱いいたします。なおオンラインストアでは、本日2020年1月10日(金)より先行予約を開始いたします。

■​Collaboration Items  
辰巳蒸留所 x ダンデライオン・チョコレート「CHOCOLATE GIN 2020」
岐阜県下呂にある天領酒造が造る樽熟成の麦焼酎とダンデライオン・チョコレートの2018年収穫のグアテマラ産カカオ豆のハスク(外皮)とニブを蒸留しました。樽由来のバニラ香、麦焼酎の香ばしい風味、グアテマラ産カカオの甘美なフレーバーが、蒸留により絶妙な調和を実現。ジュニパーベリーのスパイシーな香りにダークチョコレートのほろ苦い余韻が加わった奥深い味わいになりました。

価格:4,546円(税別)
内容量 :500ml
品目:スピリッツ
原材料:樽熟成麦焼酎(天真)、ちこり焼酎、ジュニパーベリー、カカオ
アルコール度数:45%
カカオの産地:カアボン,グアテマラ
販売店舗:全国の酒販店、Bean to Bar Lab 蔵前、オンラインストア*1月19日(日)に開催の「ウイスキーラバーズ名古屋」HOROMATAブースで販売予定

辰巳蒸留所
「美味い蒸留酒は美味い醸造酒から生まれる」と考え、夏から秋にかけてワイン造り、冬から春にかけて芋焼酎や日本酒造りに従事し、蒸留と醸造を学び、焼酎の起源を求め東南アジアへ。ワインの起源を求めグルジアやトルコを旅するなど、世界30カ国、国内外合わせ700以上もの酒造・醸造所を巡り見識を広めた辰巳祥平氏が始めたクラフトジン蒸留所。アブサンの聖地であるフランスとスイスの山岳部の風景に似ていた、岐阜県郡上八幡に2017年に設立。

オンラインストア販売ページ:https://dandelionchocolate.jp/products/al02

mitosaya x ダンデライオン・チョコレート 「CHOC & MINT」
2019年に発表したmitosayaのオー・ド・ビーを、2018年収穫のダンデライオン・チョコレートのドミニカ共和国産カカオニブを使用しアップデート。ナッツのような甘さを感じるこの素材をライススピリッツにじっくりと漬け込んだ後に蒸留し、長く残る凝縮した香りと味わいを取り出しました。同時に、千葉県鴨川市の農業法人・苗目の無農薬のチョコレートミントを葉の部分だけをより分け、蒸留後にブレンド。若干加えたマールブランデーのフルーティーで軽快な香りも感じられ、優雅な食後酒として、特にデザートのお供に最適です。
 

内容量 / 価格:100ml / 2,200円(税別)、500ml / 9,200円(税別)
品目:ブランデー
原材料:カカオニブ、チョコレートミント、マールブランデー、ライススピリッツ
アルコール度数:42%
使用しているカカオ:ドミニカ共和国産カカオニブ販売店舗:mitosaya WEBサイト、ファクトリー&カフェ蔵前、Bean to Bar Lab 蔵前、オンラインストア*2月1日(土)、2日(日)に兵庫県城崎温泉「MMM」で開催の mitosaya POP UP SHOPで販売予定

mitosaya 薬草園蒸留所https://mitosaya.com/products/
千葉県大多喜町の緑豊かな薬草園跡の広大な敷地に2018年に設立された蒸留所。自然からの小さな発見を形にすることをテーマに、自ら栽培した多種多様な植物だけでなく、提携農家や果樹園で収穫したフルーツや山に生息する自然の植物などできるだけ自然に近いものを原料に使うことでより豊かな味わいを引き出しています。

オンラインストア販売ページ:https://dandelionchocolate.jp/products/al03

■ダンデライオン・チョコレート

 

創業者トッド・マソニス(写真中央右)らによって2010年に創設。2008年に共同運営していたWEB事業売却を機に、友人のガレージを借りてチョコレートを作り始めました。 100年以上前からある本来の製造法に立ち返り、本物のチョコレートを再現しようと突き詰めた結果が、Bean to Barチョコレートでした。ダンデライオン・チョコレートでは、使用するカカオ豆の生産者をすべて訪れ、時には発酵から乾燥までのプロセスについて対話し、直接交渉を行った上で、輸入しています。 2016年2月に東京・蔵前に日本1号店をオープンし、日本への進出を果たしました。三重・伊勢外宮、神奈川・鎌倉、京都・東山一念坂店にも店舗を展開。そして、2019年2月に東京・表参道に国内初のコンセプトショップとなる「Bean to Bar Lounge 表参道GYRE」をオープンしました。
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。