セブンイレブン『一風堂監修 博多とんこつラーメン』発売

47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 茨城の味『ポテトチップス 焼きいもバター味』 2月17日(月)発売

カルビー株式会社のプレスリリース

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、サツマイモの名産地である茨城県のサツマイモを100%使用した『ポテトチップス 焼きいもバター味』を数量限定・期間限定で2020年2月17日(月)から、茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨 (8都県)で発売します。また、カルビーアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(3月下旬終売予定)。

【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度、2018年度に47都道府県それぞれの地元の味を再現したポテトチップスを数量限定・期間限定で発売しました。3年目となる2019年度も、3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。
2019年度の第3弾となる茨城の味『ポテトチップス 焼きいもバター味』は、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、茨城県庁にて地元を愛する皆様と一緒にワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定しました。お客様からは、2017年度の「スタミナラーメン味」、2018年度の「ほしいも味」に続く味案として、「福来(ふくれ)みかん」や「あんこうのどぶ汁」等のアイデアも出されましたが、茨城県がサツマイモの産地であること、ポテトチップスとの相性を鑑み、「焼きいもバター味」に決定しました。

【商品特長】

茨城県は、サツマイモの栽培面積・生産量ともに全国2位の大産地です。「ほしいも」や「焼きいも」など、様々な食べ方がありますが、本商品は、焼いた熱々の「焼きいも」に、バターをのせて食べたときの、極上の美味しさを再現したポテトチップスで、香ばしい焼きいもに、ほんのり甘いバターの味が楽しめます。
パッケージは、オレンジ色の背景に、サツマイモとサツマイモの葉のイラストを散りばめ、サツマイモとバターを連想する色合いにしました。中央にはバターが載った焼きいもの写真を大きく配置しました。茨城県のVTuberである「茨(いばら) ひより」を掲載して親しみを感じさせるとともに、裏面では、茨城のおいしい情報が満載のポータルサイト「茨城をたべよう」を紹介しています。
 

1月14日、茨城県庁にて知事表敬を行いました1月14日、茨城県庁にて知事表敬を行いました

【開発担当者のコメント】
昨年度は「ほしいも味」に挑戦し、「ほしいも」のやさしい味わいを再現しました。今年は、「焼きいもバター味」ということで、甘じょっぱい味を目指して開発しました。
焼いもの香ばしい香りと、サツマイモのほくほく感を再現しつつ、溶けたバターのコクを感じるような味わいに仕上げました。
甘い、けれどほんのりしょっぱい優しい味をお楽しみください。

【商品概要】
商品名:ポテトチップス 焼きいもバター味
内容量:55g
エネルギー: 305kcal
JANコード:4901330537401
価格:オープン(想定価格 税込み130円前後)
発売日:2020年2月17日(月)
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。
販売エリア:茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨・アンテナショップ(新千歳空港店・西武所沢店・ペリエ千葉店・原宿竹下通り店・東京駅店・海老名SA店・ジェイアール京都伊勢丹店・ららぽーとEXPOCITY店・心斎橋店・神戸ハーバーランドumie店・広島駅店・HAKATA店・沖縄国際通り店)

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。