松屋監修「シュクメルリ鍋」風ヌードル新発売

永井豪画業50周年記念 デビルマン・キューティーハニーWコラボ プレス発表会

合資会社光武酒造場のプレスリリース

 元禄元年創業、佐賀県の合資会社光武酒造場(本社:佐賀県鹿島市浜町、代表社員:光武 博之)は、
8月2日(ハニーの日)より「はちみつ梅酒 キューティーハニー」、9月3日より「デビルマン魔界への誘い」を全国発売開始いたします。先立ちまして、8月16日、「SAKE HALL HIBIYA BAR銀座」におきまして、永井豪先生、和田卓也先生、松田りおんさんを招きまして、試飲会を含めたプレス発表会を行います。メディア関係者、ライター様を無料ご招待いたします。
 ●日時:8月16日(木) 開場:18時   開演:18時30分   閉演:20時30分
 ●場所:「SAKE HALL HIBIYA BAR銀座」

■漫画家”永井 豪”画業50周年を記念したコラボ
 2017年に画業50周年を迎えた永井豪氏。これを記念して、当社の「はちみつ(ハニー)梅酒」×「キューティーハニー」、「魔界への誘い」×「デビルマン」のコラボが実現しました。
それぞれの瓶に、『キューティーハニー』、『デビルマン』がデザインされており、ファン必見の商品となりました。


■豪華ゲストのご紹介
 ●永井 豪先生(漫画家)
 1967年に「目明しポリ吉」でデビュー以降、「ハレンチ学園」「マジンガーZ」「デビルマン」「キュー   ティーハニー」など数々のヒット作を世に送り出しました。永井作品は海外でも高く評価され今も世界的な人気を博すと同時に、近年では漫画作品がアニメ・実写化されるなど、国や世代を超えた幅広い読者層に支持され続けています。2018年には日本漫画家協会 文部科学大臣賞を受賞しました。

 ●和田 卓也先生(監督アニメーター)
  株式会社メディアクルー・ジャパン代表取締役
「北斗の拳」の作画監督をはじめ「デビルマン」「ルパン三世」「コブラ」などアニメーターとして多くの作品に関わってこられました。代々木アニメーション学院学院長を6年間勤められ、後世の育成にも力を入れられています。「デビルマン魔界への誘い」のデザインは和田先生描き下ろしです!
<代表作品>
・デビルマン(作画監督)・北斗の拳(作画監督)・ルパン三世・コブラ・リング(SFX)・らせん(SFX)

 ●松田りおん先生(イラストレーター)
 漫画家のアシスタントを経て現在へ。似顔絵、アメコミ風タッチ、独特の世界観のPOPなイラストが得意。
猫と車と人が大好き。

■1日限りの特別試飲会実施!!
 「デビルマン魔界への誘い」、「はちみつ梅酒キューティーハニー」はもちろんですが、スペシャルドリンクとして、はちみつ梅酒キューティーハニーを使用した、新カクテル「ハニーフラッシュ」を特別ご用意いたします。なお、通常営業でお出ししている日本酒、日本酒カクテルもございます。

■はちみつ梅酒キューティーハニー

 永井豪先生原作の「キューティーハニー」をイラストレーターの松田りおん氏が本商品のために描き下ろしたコラボ製品です。
 厳選された梅の実(国産)とはちみつ(国産)・ブランデーを使用して漬け込んだ梅酒です。ブランデーをアセントとして加えており、1年以上熟成させているので、梅の香りと爽やかな酸味をお楽しみいただけます。
商品概要
 商品名:はちみつ梅酒 キューティーハニー
 酒類:リキュール 酒質:梅酒
 原材料:梅実、醸造アルコール、砂糖、ブランデー、はちみつ
 アルコール度:14度
 希望小売価格:1,390円(税別)

 

■デビルマン魔界への誘い

 H30.3月より43社の特約店にて先行発売を行なっており、発売開始から約3ヶ月で、6,000本以上出荷いたしております。当初の計画より、約2倍の推移中です。これは当社の新製品の中でも過去最高のペースとなっております。
『デビルマン魔界への誘い』は、2年間もの間、甕の中でゆっくり熟成させた極上の魔界への誘いを詰めた贅沢な一品となっております。甕の中でゆっくり熟成させているので、黒麹仕込みの特徴であるまろやかさと甘みがいっそう際立ち、コクと旨みが口の中にひろがり、極上の魔界への誘いを感じることができます。時という不思議な力を感じながら楽しめる逸品です。

商品概要
商品名:デビルマン魔界への誘い
酒類:本格焼酎  酒質:黒麹芋焼酎
原材料:さつま芋(国産)、米麹(国産米)
アルコール度数:25度
希望小売価格:1,800ml 3,200円(税別) 900ml 1,600円(税別)

■「SAKE HALL HIBIYA BAR銀座」の紹介
 日本各地から、7つの蔵元が集まって作られた日本酒カクテル専門店です。日本酒の良さを消すことなく、誰にとっても飲みやすいドリンクを作り提供されています。
今まで知らなかった【SAKE(サキ)】の旨さに出会い、【日本酒カクテル】と相性抜群の酒粕を使った【香醸焼き】を味わってみてはいかがですか。世界初 ”日本酒カクテル” 専門店でニッポンの新しい味と7つの愉しみを堪能してみてください。

住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座5-6-12 B1
電話番号: 03-3572-7123
営業時間: 17:00~23:30(L.O.22:30、ドリンクL.O.23:00)
定休日: 年中無休
総席数: 111席
HP: http://www.hibiya-bar.com/sakehall

■光武酒造場について
創業:元禄元年(1688年)
企業理念:酒造りは人づくり

 光武酒造場のある鹿島市浜町は、江戸時代から酒造りが盛んで、酒蔵が多く残っています。その街並みは通称「酒蔵通り」とも呼ばれています。数ある酒蔵の中でも光武酒造場は「伝統の中からの革新」を合言葉に、時流を的確につかみ、昔からの酒造りの伝統は守りながらも一つ一つの製品の品質向上のため絶え間のない努力を続けています。目指すのは、お酒の美味しさが人々の気持ちを豊かにし、沢山の人々が幸せを感じられるような酒造りです。飲んでいただいているお客様、販売に携わっている方々、そして社員全員が誇れる蔵元を目標に、今日も一生懸命酒造りに励みます。

【商品に関するお問い合わせ先】
合資会社 光武酒造場
〒849-1322 佐賀県鹿島市浜町乙2421番地
TEL:0954-62-3033
FAX:0954-62-3075
HP:http://www.kinpa.jp/
E-mail:info@kinpa.jp

▼「光武酒造場」関連ページ
公式サイト: http://www.kinpa.jp/
公式オンラインショップ:http://www.hizennya.com/
Instagram :https://www.instagram.com/explore/locations/241854126/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。