【中本最新作】セブン&アイ『蒙古タンメン中本 極豚(ゴットン)』発売決定

丸ビル35階「サンス・エ・サヴール」で「北海道白糠町ふるさと納税感謝祭」開催。記念して白糠町食材で作った期間限定コースが登場!

株式会社ひらまつのプレスリリース

株式会社ひらまつが運営するフランス料理店「サンス・エ・サヴール」にて、北海道白糠町ふるさと納税感謝祭を開催いたしました。参加者には白糠町の食材で作ったフルコースが振舞われました。そしてこの度、好評につき白糠町の厳選素材で作った【北海道白糠町ディナーコース】を2月末までご用意しております。この機会にぜひ食の宝庫!白糠町の海と山の幸を味わってみては?

白糠町ふるさと納税感謝祭

2020年2月9日〜11日の3日間、東京駅、丸ビル35Fにあるフランス料理店「サンス・エ・サヴール」にて「北海道白糠町ふるさと納税感謝祭」を開催いたしました。参加者は2018年12月11日から2019年12月15日までに、白糠町にふるさと納税をされた方を対象に応募。実に10,000人以上の中から当選した約350名の方々に、感謝の気持ちを込めて、白糠町の食材を使ったフルコースが振舞われました。当日は白糠町長はじめ、ふるさと納税返礼品の生産者が出席。食事中には各生産者が食材へのこだわりや魅力を各テーブルを回りながら丁寧に伝えていました。

食材の宝箱「白糠町」とフランス料理の融合

昨年も好評で今年が2回目となった「白糠町ふるさと納税感謝祭」。ふるさと納税をきっかけに「サンス・エ・サヴール」の料理長・鴨田 猛が現地を訪れ、白糠町の食材の豊富さや質の高さに魅了され、「自分が白糠町に行って受けた衝撃をぜひお客様と一緒に共有したい。」との想いから実現したこの企画。フランス料理では珍しいイクラや数の子といった食材を、鴨田がその魅力を引き出し、特別な一皿に仕立てて提供しました。

白糠町食材を使った特別コースが期間限定で登場!

今回「北海道白糠町ふるさと納税感謝祭」を受け、サンス・エ・サヴール料理長・鴨田が白糠町の魅力を存分に楽しめる特別コースを期間限定でご用意する事となりました。

【期間限定】北海道白糠町ディナーコース(全5皿) 10,000円(税金・サービス料13%別)
■北海道白糠町産食材の一例
□広洋水産”のいくら 
□白糠漁業協同組合”の柳だこと灯台ツブ
□東和食品”の数の子 
□東和食品” のエンペラーサーモン
□白糠酪恵舎”のモッツァレッラチーズ
□大森水産”のししゃも
□馬木葉”の蝦夷鹿ロース肉  
□白糠酪恵舎”のロビオーラ
□大前産業”の寒締めベビーリーフ
□白糠酪恵舎”のリコッタチーズ
□紫香舎”の紫蘇 
など2月末までの期間限定で北海道白糠町の海と山の恵み豊かなコースをぜひご堪能ください。
ご予約はお電話にて承ります。
URL : https://www.hiramatsurestaurant.jp/sensetsaveurs/news/

白糠町

北海道釧路総合振興局管内の白糠郡にある町。海を見ても、山を見ても、豊富な食材で溢れている北海道白糠町。太平洋沖の暖流と寒流が交わる絶好の漁場にあり、一年を通じ、様々な海産物が獲れます。特にシシャモ、毛ガニ、柳ダコ、鮭、つぶ貝は築地市場をはじめ、全国から引き合いのある代物ばかり。そして、山に目を向ければ、シソ焼酎鍛高譚、イタリアンチーズや羊肉、鹿肉があります。

サンス・エ・サヴール

店名のサンス・エ・サヴールとはフランス語で “五感で味わう”ことを意味します。南仏を代表する新進気鋭の双子シェフ、ジャック&ローラン=プルセル兄弟が生み出す料理はどれも都会的な斬新さを持ち、フランスのモダンなエスプリを感じていただける、新しい試みに満ちています。東京を一望できる素晴らしい眺望と南仏発の最先端のお料理を南仏ランドックの太陽をたっぷりとあびた果実味あふれるワインと共にお楽しみいただけます。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。