永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

「ヱビスビール生誕130年」

サッポロホールディングスのプレスリリース

サッポロホールディングス(株)のグループ企業であるサッポロビール(株)が「世界で一番おいしいビールを日本でつくる。」そんな想いから1890年2月25日に販売を開始したヱビスビール。

「日本ブランド」の 持つ価値に興味関心が高まる中、日本のビール史を代表する「ヱビスビール」の歴史をまとめました。本年2月25日、日本のプレミアムビールの原点といえるヱビスビールは誕生から130年を迎えます。報道の参考にしていただけると幸いです。

また、歴史については、更に詳細な資料もございますので、ご興味ありましたらご連絡ください。

特長:ドイツバイエルン産アロマホップをふんだんに使用。通常よりも長い期間熟成し旨味あふれるふくよかなコクが特長の麦芽100%のビール。

・1887年頃は日本企業の勃興期といわれ、様々な民間企業が誕生した時期でした。ビール事業の将来性に着目した東京や横浜の資本家が集まり、日本一のビール会社を目指して1887年9月「日本麦酒醸造会社」が設立されます。
・安定株主を得た日本麦酒は、よやく醸造場を完成させ1890年2月25日、 恵比寿ビールが発売されました。

・「東洋のビール王」と称される社長の馬越恭平が1899年に日本初のビヤホール「恵比寿ビヤビール」を銀座にオープン。
お客様の飲用体験の場をすでに明治時代に築いていました。

 

 

・1900年のパリ万国博覧会で金賞を受賞。
・1904年に米国で開催された米国セントルイス万博でグランプリ受賞。100年以上前に、ヱビスビールは世界でも認められていました。

 

・1901年2月、貨物積卸専用の「恵比寿停車場」を開設。
・1906年10月に「恵比寿駅」が開業(旅客取扱い開始)。
・1928年1月 渋谷町下渋谷の伊達跡などが恵比寿通一・二丁目と改称。ブランド名が駅名になり、街の名に。東京を代表するビールとして人気を博しました。

・1937年を境に、日本経済は急速に戦時色を濃くしていきます。1940年には配給制が開始。1943年、すべてのビール会社の銘柄別ラベルは廃止され、3種類の用途別になります。

・1949年9月、大日本麦酒は過度経済力集中排除法の適用を受け、日本麦酒、朝日麦酒の2社に分割。日本麦酒は「サッポロ」「ヱビス」を継承します。

・1971年、日本麦酒会社の社長に内多蔵人が就任。ドイツの法律「ビール純粋令」に着目し、本場ドイツタイプ(麦芽100%)のビールとすることを決め発売します。

・ 1988年、大人気のグルメ漫画で「ヱビスこそが本物のビールだ」と紹介されます。
・1994年からスタートした「ヱビスビールあります。」のキャンペーンは、プレミアムブランドとしてビール業界で確固たる地位を築きます。

その後、ヱビスの派生商品を次々と発売しました
・2003年          ヱビス<黒>発売
・2005年          ヱビス超長期熟成限定発売
・2006年          琥珀ヱビス限定発売
・2009年          シルクヱビス限定発売
・2016年          ヱビス マイスター発売
・2017年          ヱビス 華みやび発売
・2019年          ヱビス プレミアムエール発売
・2020年4月21日              ヱビス 吟醸発売

以上

<消費者の方からのお問い合わせ先>
サッポロビール(株)お客様センター
℡ 0120-207800

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。