永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

<台風19号被害から半年>長野県産リンゴをたっぷり使用!リンゴグラノーラ「RINO」、2020年4月13日(月)に販売開始

長野アップルライン復興プロジェクトのプレスリリース

台風19号の復興支援団体「長野アップルライン復興プロジェクト」(長野県長野市/代表:徳永虎千代)は、4月13日(月)にリンゴグラノーラ「RINO」を販売します。

 

 

■リンゴをたっぷり使用したグラノーラ「RINO」
「RINO」は台風被害を免れ収穫することができた長野県産のリンゴ(サンふじ)入りのグラノーラ。
舌触りなめらかでジューシーなドライリンゴを一袋にたっぷりと入れました。存在感を出すために、大きめにカットしたドライリンゴは噛み締めるほどに甘酸っぱさが感じられ、国産大麦グラノーラとも相性抜群。
アップルピューレ、キビ糖、はちみつを使ったやさしい甘さで、飽きのこない味となっています。

牛乳や豆乳をかけたり、ヨーグルトやアイスクリームにトッピングしたりしても美味しく頂けます。日常食としてはもちろん、ギフトとしてもお買い求めいただけるよう箱入りのパッケージに仕上げました。
 

■リンゴのある風景を守るために、わたしたちにできることを
台風19号による浸水被害によって存続の危機に瀕したリンゴ産業。『長野アップルライン復興プロジェクト』は、活動のひとつとして、継続的に復興を支えていく商品が必要と考え、商品開発をスタート。多くの方に愛される商品を目指し、2020年2月には東京・長野で試食会を開催。消費者の声を受けて改良を重ねてきました。

実は国内消費が減少傾向にあるリンゴ。復興の先の消費も見据えていく必要があり、通年通して楽しんでいただける「RINO」を新しい食べ方として提案したいと考えております。リンゴを食べる習慣のない方にも、ぜひ手に取っていただけましたら幸いです。
 

 

【商品概要】
名称:RINO(リノ)
発売日:2020年4月13日
小売価格:1280円(税抜)
販売先:インターネット(https://rino-granola.com/)
    ながの東急百貨店(長野市)
製造者:株式会社ぐらんふぁーむ(長野県千曲市)
販売元:長野アップルライン復興プロジェクト

【取り扱い店舗募集】
飲食店や雑貨店等、「RINO」を設置・販売していただける方を募集しております。
詳しくは以下よりご連絡ください。
https://rino-granola.com/pages/contact-us

長野アップルライン復興プロジェクトについて

2019年10月に発生した台風19号(令和元年東日本台風)がもたらした豪雨により、千曲川が決壊。リンゴ園や直売店が立ち並ぶことから「アップルライン」の愛称で親しまれる長野市の国道18号周辺にも大きな被害が及びました。浸水被害によって存続の危機に瀕したこの地域の果樹産業を立て直し、未来へと繋がる持続的かつ創造的な復興を目指し、長野市でリンゴ園を営む徳永虎千代(27)を中心に『長野アップルライン復興プロジェクト』を設立しました。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。