永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

バドワイザーが、コロナ禍のアーティストの活動機会を支援するプロジェクト「RE:CONNECT」を発足

アンハイザー・ブッシュ・インベブ ジャパン株式会社のプレスリリース

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、ライブ・エンタテインメント業界は、1750億の経済損失を記録

 

 バドワイザーは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、未曾有の危機に直面している音楽・ファッション・アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CONNECT」を発足いたしました。
 本プロジェクトは、今春実施予定だったクロスカルチャーイベント「BUDX」や広告などのマーケティング活動をキャンセルし、その予算の一部、約2,000万円を寄付としてカルチャーシーンに還元。音楽プログラム配信やオンラインでのエキシビジョン開催など、様々なアプローチを通じて、アーティストが活動できる機会、また危機に瀕するライブハウス/クラブ、バーなどの活用機会をつくりだしていきます。「RE:CONNECT」プロジェクトは、バドワイザーがこのコロナ禍の状況下で「アーティスト、ファン、活動場所」をつなぎ直す活動です。
 なお、プロジェクト詳細につきましては、随時、バドワイザージャパンのオフィシャルSNS、プレスリリースにてお知らせいたします。

 

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、開催予定だった多くのライブなどが中止、または延期となりました。2020年3月末に発表された調査結果(右図参照)によると、新型コロナによるイベントの中止や延期で生じた損失額は、1,750億円に上ると発表されております。
 これは、エンタテインメント業界の市場規模約9,000億円の2割にあたる金額で、今回の損失額はすでに東日本大震災後を超えたとも言われております。  

 「BE A KING」のメッセージを発信しているバドワイザーは、これまでも世界の主要都市において音楽、アート、ファッションなどのシーンで突出した才能を開花させている人物にスポットライトを当てるグローバルプロジェクト「BUDX」を開催し、世界各地のカルチャーシーンを牽引するリーダーたちの支援や、カルチャーを盛り上げる取り組みを多数行ってきました。

 そこでこの度バドワイザーは、未曾有の危機に苦しむアーティストやライブハウス/クラブ、バーなどのエンタテインメント施設、ファンをつなぐことで、日本のカルチャーシーンの火を灯し続け、再生を目指す支援プロジェクト「RE:CONNECT」を発足させることにいたしました。

 本プロジェクトでは、次代のカルチャーシーンを担うアーティスト達をキュレーターとして起用。
コロナ禍において、やむなく実現できなくなったイベントや、今だからこそできる新たなパフォーマンス、表現手法の実験の場として、オンラインでの音楽プログラム配信やコンテンツ制作など、様々な試みを行う予定です。

「RE:CONNECT」プロジェクトステートメント

紡ぎなおせ

カルチャーのために。自分には何ができるだろう。

多くの人が、日々そんな自問を繰り返していると思います。

バドワイザーも同じです。 
販売から約150年、ただのビールづくりではなく、人と人をつなぐ役割を担ってきた私たちは 
いつも音楽、ファッション、アート、映像など、様々なカルチャーが生む力を借りてきました。

今、そうしたカルチャーが未曾有の危機にあります。 
これまで助けてもらった分、 今度は、私たちに出来ることを返したい。 
RE:CONNECTは、そんな想いからはじめる、
カルチャーをReconnect・紡ぎなおし、未来に繋げるプロジェクトです。

まずは、今年5月に予定されていたイベント『BUDX』や広告予算から約2000万円を、
未来を担うアーティストたちに支援。
配信イベント、VRライブ、ポッドキャスト番組など
オンラインを中心に、彼らと共にカルチャー発信の新しい場をつくってゆきます。

たとえ集まれる場所が限られていても、私たちが熱狂しあえる方法はあるはずです。

ひとりひとりの意志と行動がつながり合えば、 この深い絶望にだって風穴を開けられる。 
バドワイザーはそう信じます。

すべてのカルチャーを愛する人々と、 新しい日常を紡ぎなおせることを祈って。

「RE:CONNECT」でのアーティスト支援の仕組み

「RE:CONNECT」では、日本で活躍するアーティストをキュレーターとして起用します。
キュレーターは、次代のカルチャーの担い手となる新進気鋭のクルー、アーティストを複数人選定。
彼らそれぞれが独自のパフォーマンス配信やコンテンツを制作していきます。具体的には、オンライン音楽プログラムや、オリジナルグッズの制作、またポッドキャストでの配信などを想定。各クルーが集まり、ジャンルを越境して、横断的にクロストークする場も設ける予定です。
また、これまで営業停止を余儀なくされたライブハウスやクラブを配信やコンテンツ制作の場として活用。アーティスト、ライブハウス、そしてそのコンテンツを楽しむファン三者が繋がり、シーンの「再生」への一助となるプロジェクトを目指します。

<バドワイザー>ブランドの新しい取り組み
世界6⼤陸・約85カ国で愛飲され、世界を席巻する<バドワイザー>は、「BE A KING」をブランドメッセージとして、チャンスを掴もうとしている人々を応援しているプレミアムラガービールブランドです。
国内における<バドワイザー>ブランドは、2019年1月からビールの世界最大手、アンハイザー・ブッシュ・インベブによる自社生産・自社販売体制に切り替わり、プレミアムラガービールとしてのクオリティを一段と実現出来る環境へと変化してまいりました。
<バドワイザー>は現在日本でも大胆かつ新鮮なブランド活動をスタートしています。ファッションブランドとのコラボレーションをはじめ、音楽やアートなどの要素も取り⼊れ、<バドワイザー>を愛飲するユーザーの野⼼と⾃由を応援し続けています。

 

 

バドワイザー公式WEBサイト
https://budweiser.jp
Instagram
https://www.instagram.com/budweiser_jpn/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCwyptgjXrIPBoG49jHA0ZTw/about
Facebook
https://www.facebook.com/BudweiserJapan/
Twitter
https://twitter.com/budweiserjp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。