永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

セブン&アイ・フードシステムズ、TBM、リコージャパンが連携し、LIMEXの資源循環モデルを開始

TBMのプレスリリース

株式会社セブン&アイ・フードシステムズ(東京都千代田区二番町8-8 )と株式会社TBM(東京都中央区銀座2-7-17)、リコージャパン株式会社(東京都港区芝3-8-2)は、石灰石を主原料とする新素材「LIMEX(ライメックス)」を用いたシートで作成したメニューを使用後に回収し、店舗で使用するトレーに再生利用する資源循環(アップサイクル*1)スキームを構築しました。

 近年、EUや中国をはじめとする多くの地域・国々では、経済政策としてサーキュラー・エコノミー*2を取り入れており、日本においても循環型社会を目指す方針を掲げるなど、今後、資源循環に向けた体制整備が進んでいくことが予測されます。

 TBM が開発した LIMEX(炭酸カルシウムなど無機物を 50%以上含む、無機フィラー分散系の複合材料)は、 原料に水や木材パルプを使用せず紙や、石油由来原料の使用量を抑えてプラスチックに代わるシート(ストーンペーパーとは異なるLIMEX シート)やペレット(LIMEXペレット)を製造することが可能です。水や森林、石油などの枯渇資源の使用量を抑えながら、紙やプラスチックの代替となる新素材として注目され、多くの企業で導入が進んでいます。今回の取り組みは、セブン&アイ・フードシステムズ、TBM、リコージャパンの3社が連携し、これまで検討を進めてきたLIMEXの資源循環スキームを共同で構築することで、サーキュラー・エコノミー(循環経済)の推進に貢献します。

 具体的には、セブン&アイ・フードシステムズが運営するカフェ業態「麴町珈琲」で使用されたLIMEX製のメニューを回収し、ペレット化した素材などを用いてドリンクバー用のトレーに再製品化し、デニーズ店舗で使用します。メニュー表はリコー製カラープロダクションプリンター「RICOH Pro 7210S」で印刷しています。セブン&アイ・フードシステムズは、今後、LIMEX製品の導入店舗を拡大するとともに使用の拡大を進めてまいります。

 この取り組みを通じて、限りある水資源の有効活用、石油依存の低減、新たな循環型システムの構築などを図り、持続可能な社会の実現につなげていきます。

【業界を超えた3社合同パートナーシップによる取り組み】
■ 株式会社セブン&アイ・フードシステムズ
LIMEX製品の活用とアップサイクル品(トレー)の使用
■ 株式会社TBM
LIMEX の製造・販売、使用済み LIMEX 製品を活用したアップサイクル品の製造 ・販売
■ リコージャパン株式会社
LIMEX製メニュー・アップサイクル品の供給

 ※本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービル名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。

*1 「アップサイクル」とは
サスティナブル(持続可能性)なものづくりの方法論の一つで、従来のリサイクルとは異なり、単なる素材の原料化、再利用ではなく元の製品よりも価値の高いものを生み出すことを目的とする取り組みのこと。

*2 「サーキュラー・エコノミー」とは
従来のリサイクルや廃棄物処理にとどまらず、消費された資源を回収し再利用し続けることで、循環をベースとして経済を成立させ、経済成長と環境負荷削減の両立を目指す試み。また、生産技術や製品設計、消費者の購買に関しても資源効率を高めるための行動も求められている。

【会社概要】
●株式会社セブン&アイ・フードシステムズについて
2007年に、(株)デニーズジャパン、(株)ファミール、ヨーク物産(株)の3社を吸収する形で設立。レストランの「デニーズ」をはじめ、ファストフードの「ポッポ」、カフェの「白ヤギ珈琲店」「麴町珈琲」や、事業所・病院・学校などのコントラクトフードサービス(給食事業)、フランチャイジーとしての「セブン-イレブン」の運営など、食を中心とした事業を展開しています。持続的な企業価値の向上に向け、お客様の近くで、変化するニーズに対応しながら、安全で価値ある料理とサービスの提供を通して、さまざまなステークホルダーに豊かな明日を提供できるよう挑戦を続けています。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。 https://www.7andi-fs.co.jp/7fs/

●株式会社TBMについて
2011年設立。石灰石を主原料として紙やプラスチックの代替となる日本発の新素材「LIMEX(ライメックス)」及び LIMEX 製品(袋、印刷物など)の開発・製造・販売を行っています。豊富な石灰石を用いて、海洋プラスチック汚染や資源枯渇等の問題解決に貢献すること、そして、マテリアルリサイクルが可能なLIMEXを通じて持続可能な循環型社会の実現を目指しています。2019年、日本経済新聞の「NEXTユニコーン調査」において企業価値評価額「1218億円」で2位にランクインし、ユニコーン企業として紹介されました。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。 https://tb-m.com/

●リコーグループについて
リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2020年3月期リコーグループ連結売上は2兆85億円)。創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会にむけて積極的な取り組みを行っています。EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES – 人々の“はたらく“をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。 https://jp.ricoh.com/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。