永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

6月16日は麦とろの日、 “麦とろ”でネバーギブアップ!ヴァンフォーレ甲府へ「もち麦」寄贈によるカラダ応援。

株式会社はくばくのプレスリリース

穀物のリーディングカンパニー株式会社はくばく(本社:山梨県中央市、代表取締役社長:長澤 重俊)は、山梨県全市町村をホームにする日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)「ヴァンフォーレ甲府」の公式スポンサーとして、コロナ禍における選手のカラダ作りや健康管理に役立てていただくため「ヴァンフォーレ甲府」に自社製品“もち麦”を寄贈させていただきました。食物繊維が豊富な「もち麦」で腸から選手の皆様のカラダ作りを応援します。

 

写真左から:ヴァンフォーレ甲府 新井キャプテン、太田選手、小柳選手、宮崎選手、今津選手、小泉選手写真左から:ヴァンフォーレ甲府 新井キャプテン、太田選手、小柳選手、宮崎選手、今津選手、小泉選手

また6月16日は今年で20回目を迎える「麦とろの日」です(2001年に日本記念日協会登録)。これを記念し、麦とろの日を一緒に盛り上げよう!とヴァンフォーレ甲府の選手にも賛同いただき、ご自身の作った思いのこもった麦とろをSNS投稿にてご紹介いただきました。
“The Kokumotsu Companyはくばくのもち麦”で、選手に「食」を通して応援するとともに、サッカーがより地域に根付き地域社会が発展するよう、今後もサポーターとともに地域に密着した応援を繰り広げていきます。
 

  • 選手も、“麦とろ”を作って食べてネバーギブアップ! 

思い思いに自由なトッピングや味付けで作った麦とろをハッシュタグ「#麦とろの日」「#ネバーギブアップ麦とろ」をつけてSNS投稿で紹介。ヴァンフォーレ甲府小泉勇人選手は「馬肉とろろユッケ」で投稿、中山陸選手やアカデミーの選手もヴァンフォーレ甲府選手寮で麦とろを。

 

■贈呈商品「もち麦」概要
もち麦スタンドパック
もち性の大麦。もちもちプチプチした食感と香り高い味わいが特徴。水溶性、不溶性2種類の食物繊維を含み、食物繊維量は玄米の4倍、ごぼうの2倍!

内容量:600g(50g×12袋)
希望小売価格:450円(税抜)
販売地域:全国のスーパー、ドラッグストア等

  • 6月16日、麦とろの日とは? 

麦とろご飯を食べ、元気に夏を乗り切ってもらおうと、(株)はくばくが2001年に制定した記念日。(日本記念日協会にも登録されています)麦ご飯のイメージアップと普及を目指しており、日付けの由来は6と16の語呂合わせでムギトロから。また、夏が本番となる前の夏バテ解消に効果がある栄養を手軽に摂ることができる料理であることからこの時期に制定しました。

​■ジメジメな季節でも“麦とろ”でカラダメンテナンス!

  • はくばくの社会貢献について

 

はくばくはJリーグヴァンフォーレ甲府公式スポンサーです。
はくばくは、2001年より山梨県全市町村をホームにするJリーグ「ヴァンフォーレ甲府」の公式スポンサーとして、サポーターとともに地域に密着した応援を繰り広げています。それにより、地域のスポーツ振輿、地域活性化に貢献しています。

さらに、ヴァンフォーレ甲府のホームゲームにリユースカップを導入しているNPO法人「スペースふう」の取り組みに賛同し、支援しています。リユース食器は、地球温暖化防止推進を目的に、使い捨てではなく何度でも洗って使える食器のこと。イベントなどでごみを出さず、環境負荷を低減する、地球に優しい活動です。

■はくばくについて

The Kokumotsu Companyとして
当社の社名「はくばく」は白い大麦という意味です。創業社長である祖父が「もっと麦ご飯を喜んで食べてもらいたい。」という思いから、大麦を一粒一粒半分に割って黒い筋を目立たなくした製品を開発しました。
以来、我々はくばくは穀物とともに歩み、精麦の他、雑穀、和麺、麦茶、穀粉、米を事業として手がけるようになりました。
人類を太古から支えてきた大切な「穀物」を、現代の食卓へもっと多く登場させ、もっと楽しんで食べてもらうこと。それは家族の笑顔が増えること。またそれは家族が健康になることだと考えています。これを実現するために、我々はくばくは「穀物の感動的価値を創造する」ことを社員一丸となって本気で目指して参ります。
(株式会社はくばく 代表取締役社長 長澤 重俊)

社名    : 株式会社はくばく
所在地   : 〒409-3843 山梨県中央市西花輪4629
代表    : 代表取締役社長 長澤 重俊
設立    : 昭和16年4月15日
資本金   : 98,000,000円
事業内容: 食品製造および販売
URL  : https://www.hakubaku.co.jp/

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。