永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

世界遺産の日本食を世界のコロナから守る  Sマシンの業務用つゆ・ダシ抽出マシンが販売実績800台を突破

Sマシン株式会社のプレスリリース

Sマシン株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役:塩貝 淳二、以下「Sマシン」)は、当社開発の業務用つゆ・ダシ抽出マシン“つゆ・ダシます”と“ダッシー”の販売実績が2020年6月時点で800台を突破したことをお知らせ致します。
http://www.smachine.jp

つゆ・ダシます

■業務用つゆ・ダシ抽出マシンについて
【マシン開発・提供の背景】
マシンで、つゆ、ダシをとるという発想は代表取締役の塩貝がドイツのコーヒーマシンの会社に在籍中に始めたビジネスであり、コーヒーマシンの抽出技術を応用したところから始まりました。それまでは機械でダシをとる為にそのマシンを販売するというビジネスはありませんでした。
今回の新型コロナウイルスのパンデミックにより社会構造そのものが変革を迫られている状況下で、外食産業も例外ではなく、店舗経営者は手探りの対応をしています。具体的には店舗の客席側で消毒の徹底、スペースの確保は目に見えるところですが、これから対応を迫られるのは厨房内の「見える化」です。調理作業が安心・安全に行われているか、その他の衛生面はどうか等です。
特に、和食については、伝統の食文化であり伝統の調理手法が正当化されていますが、ダシについても1,000年以上前から続いている食文化であり、ほとんどその取り方も変わっていません。日本全国何十万箇所で、寸胴という口の大きくあいた器具でダシをとっており、新型コロナウイルスの飛沫混入、異物混入に対しては無防備の状態と言えます。当社の販売実績の800台や1,000台といったレベルとは桁違いの店舗で、何百年前と同じやり方でダシをとっているのが現状です。
こういった状況を受け、世界遺産にもなった和食をより広めて行くためにも、その根源ともいえる「ダシのとり方」に最新の技術で継承する考えが必要だと考え、業務用つゆ・ダシ抽出マシンの開発・提供に至りました。

【「マシン抽出」の特長】
<安全な抽出方法、安定した品質>
画像の通り、つゆ、ダシを作る工程で、コーヒーの抽出のようにダシ粉末で白だしをとり、下からかえしと呼ばれる醤油を吸い上げて、つゆタンクに入れる直前に白ダシとかえしを合わせて、つゆにしてタンクで保管します。この間、密封状態なので、飛沫混入、異物混入の心配はありません。抽出の最初にボタンを押してからつゆのタンクに貯めて、そこから丼に提供します。その間、湯量、温度、かえしの比率、経過時間、それぞれを制御して安定した品質にします。

<伝統の品質を最新の技術で再現、継承>
当社のマシンで抽出して、安心、安全、尚且つ安定した美味しさを来店したお客様に感じて頂き、伝統の食文化といえども最新の技術でその品質を再現し、継承しているとアピールできます。

<衛生面の見える化>
衛生面の確認も重要で、お客様からそれが見えれば納得して店舗のリピーターになってくれる、と考えます。そのために、従来通りの寸胴で尚且つ厨房内の見えないところでダシをとるのではなく、マシンで抽出するシーンをお客様に見て頂くようにすると、お客様に安心して店舗を利用して頂けるようになると考えます。

【「マシン抽出」のサービスについて】
<ショールームへのご来場>
当社は、16年間“つゆ・ダシます”と“ダッシー”を販売からフターケアをしてきた実績がありますが、まだまだSマシンや「マシンでダシをとる」という事自体を知らない、あるいは認めたがらない外食産業ユーザー様が何十万といらっしゃると感じています。当社は、今回の新型コロナウイルスの感染防止のため、外食産業が大きな変革に立ち向かう為の協力をしたいと考えています。
まずは、それだけの価値があるマシンかどうか、当社へ見学に来て頂けたらと思います。当社のショールームには、日本中の外食産業ユーザー様が来社されます。中には100年以上の歴史のある伊勢神宮参道の料亭のユーザー様も過去に来場頂き、今でもマシンを愛用頂いております。

<ダシの試作・発送サービス>
距離的な問題や、時間的に忙しくて大阪のショールームまで、直ぐには来られないユーザー様には、ダシの試作・発送サービスを承っております。現在ご使用中のダシとかえしを当社までお送りください。何十年と守って来られたお店のダシ、つゆの味を当社の“つゆ・ダシます”もしくは“ダッシー”で、再現致します。1リッター1分という時間で抽出して、出来たダシ、つゆをクール宅急便でご返送します。その味にご納得頂けたら本気でマシン導入を検討する、というトライアルは大歓迎です。

当社は、新型コロナウイルス感染対策に対する、衛生面、人手不足をカバーするマシンのオペレーション、食材の原価、人件費、光熱費等の経費のコストダウン、全てにおいてご検討頂ける価値があると自負しています。

【製品概要】
商品名:つゆ・ダシます
価格 :定価 1,500,000円(税別)

商品名:ダッシー
価格 :定価 550,000円(税別)

・製品に関する詳細・申込はこちら
URL: http://www.smachine.jp

■Sマシン株式会社について
当社は、日本伝統の食文化の根源ともいえる“ダシ”を機械でとるというビジネスを実行する為に2004年に会社を設立しました。これまで、讃岐うどんのチェーン店、全国の駅そばチェーン店、大手百貨店、スーパーの関連外食チェーン店、病院、工場の事業所給食、高速道路のSA・PA、有名料亭、個人経営店舗等に販売からアフターケアをしてきました。2020年6月時点で販売実績は800台を超え、当初目標の1,000台を達成する見通しです。
今後は、今回のコロナ禍による外食産業の打撃の大きさを実感し、これまで以上にSマシンの普及・浸透により和食外食産業に活路を見出せるよう、貢献して参ります。

【会社概要】
商号  : Sマシン株式会社
代表者 : 代表取締役 塩貝 淳二
所在地 : 〒531-0062 大阪市北区長柄中1丁目4-2
設立  : 2004年9月
事業内容: 厨房機器製造販売、アフターケア
資本金 : 1,000万円
URL   : http://www.smachine.jp

【本サービスに関するお客様からのお問い合わせ先】
Sマシン株式会社
Tel:06-6809-1004

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。