永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

飲食店のコロナ対策支援 客がスマホでメニューを見れる新サービス

AliveCastのプレスリリース

ITを活用して飲食店の働き方改革実現に取り組む株式会社AliveCastは、完全無料の電子メニュー作成サービス「ExMenu(エクスメニュー)」を7月15日(水)に公開しました。これにより飲食店のメニューブック・注文タブレットの完全撤廃が可能となり、お客様やスタッフへの感染リスクを軽減できます。コロナ禍で大きな打撃を受けている日本の外食文化の保護を目指します。

【簡単・無料で店内飲食での感染を予防できる】
 新型コロナウイルスの影響を受けている飲食店は、人件費を削減したいと考える一方、店内消毒のための人手を確保しなければならないというジレンマに陥っています。

 そこで「お客様のスマホで閲覧できる電子メニュー」を、完全無料で提供開始しました。これにより、飲食店はメニュー表や注文タブレットを消毒するための人件費負担を減少させることができ、お客様は共同利用備品に触れないことで安心して食事を楽しむことができます。

【常に最新のメニューを表示できる】
 飲食店はパソコンやスマホ、タブレットからメニューを登録できます。一度登録したメニューは追加・削除・編集できるので「おすすめ」や「日替わり」の追加、金額の変更、季節メニューの追加・削除も可能です。さらに売り切れ表示機能もあるので、飲食店スタッフのメニュー管理負担まで大幅に減らすことができます。

【感染発生時に追跡できる】
 店舗でクラスターが発生してしまった場合、感染者と接触した可能性があるお客様へメールでお知らせする機能も実装しています。これにより、お客様に安心して飲食店を利用していただくことができます(メールアドレスのみの任意登録)。

【非接触のセルフ注文・決済へ拡張できる】
 更に感染防止策を講じたい場合は、非接触で注文取りやレジ処理ができるスマホ注文・決済サービス「ExOrder(エクスオーダー)」に移行することができます。登録したメニューはそのまま引き継ぐことができるので、移行の際に飲食店様の業務負担はほぼありません。なお、ExOrder(https://exorder.jp/insyoku-order/)も初期費用無料で導入できます。

■ExOrderのご利用イメージ

①お客様がテーブル上のQRコードをExOrderアプリで読み込むと電子メニューが表示されます。
 料理を選択すると注文と決済が同時に完了します。
(これにより対面時間が最小限になるのでお客様・スタッフの保護になります。)
②注文をキッチンのタブレットで受信、スタッフが調理します。調理後に配膳指示を送信します。
③ホール用のスマホで配膳指示を受信、スタッフが料理を配膳します。

 

◆ サービス開始の背景
【新型コロナウイルス感染拡大で苦しむ飲食店】
 日本には約67万軒もの飲食店が存在し、その多くは個人経営の食堂や居酒屋といった小規模・地域密着型です。日本の外食文化を支える存在でありながら、多くの店舗が新型コロナウイルスの感染拡大で大きな打撃を受け、存続が困難となっています。
 緊急事態宣言が解除された今も、多くの飲食店が前年売上に到達していないのが現状です。

上場企業(外食産業)の売上高前年同月比(出典:帝国データバンク)

【客足を戻すには、消毒などの衛生対策が必要】
 Retty株式会社による『消費者緊急事態宣言「解除後」の外食意向調査』によれば「外食を利用したくない」と回答した人のうち、80%が「感染の不安」を理由にしています。一方、そのうち約47%が「店内の衛生対策がされていれば外食を利用したい」とも回答しています。
 また「飲食店の衛生面対策として求めるものは何か」というアンケートの回答では「消毒」が90.7%と最も高いという結果が出ています。
 つまり、飲食店が店内や備品の消毒をしていることがわかれば、安心して外食を再開できると考えている消費者が一定数いることが分かります。

外食を「利用しない/利用するか分からない」と答えた理由(出典:Retty株式会社)

【一方で衛生対策が飲食店の負担に】
 「消毒が必要」という結果が分かったとしても、実践には飲食店の負担増が避けられません。なぜなら飲食店オーナーの約45%が「人件費削減のためにシフト調整を行い、最低限の人数で店舗運営している」という現状があるからです。
 そんな状況で店内の消毒を実施することは、ただでさえ打撃を受けている飲食店にとって更なる負担となります。なお、消毒するものはテーブル・椅子・ドアの取手にはじまり、使いまわしが回避できない「メニュー表」「注文用タブレット」などの共同利用備品も含まれ、備品が多いほど飲食店の負担も増加します。

(出典:飲食店.COM)

◆ 将来展開
【集客のための機能を8月までに追加】
 客足が遠のいた飲食店の集客を支援するため、多くの機能を実装予定です。
 ・店舗の空席状況が分かる機能
 ・店舗SNSとの連動機能
 ・ユーザーが飲食店のメニューを自宅で閲覧できる「お気に入り」機能

【随時アップデート・機能拡張予定】
 さらに、時間帯・曜日ごとに別のメニューを表示する機能も追加します。これにより、日替わりメニューやランチタイム・ハッピーアワーのメニュー入れ替えも自動で行うことができます。
 飲食店の負担減・来客数増につながる機能を実装し、更なる支援を行っていきます。

◆「ExOrder」「ExMenu」開発運営会社 概要
ExMenu 公式URL https://exmenu.jp/
ExOrder 公式URL https://exorder.jp/insyoku-order/

【受賞歴】
「Plug and Play Japan Batch2(2019年)」採択
 「JTB Travel・FinTech 2018最優秀賞」受賞
「AEON Financial Service Innovation 2017優秀賞」受賞 

【ExOrder 導入事例(一部)】
福岡県(よかもん市場)/ サンスター / 凸版印刷 / クレオ / 他

【特許取得及び商標登録済】
特許取得済6316654、6372856 商標登録5579469号

【会社概要】
会社名     株式会社 AliveCast (アライブキャスト)
本社所在地   福岡県福岡市高砂1-24-20 ちくぎん福岡ビル9F
代表者     代表取締役社長 中村 理(なかむらおさむ)
設立      2005年8月17日
資本金     5,000,000円
事業内容    ソフトウェアの開発、ホームページ制作
TEL      092-525-7555
FAX      092-525-7556
URL      https://www.alivecast.co.jp
主な取引先   筑邦銀行、喜多屋、社会医療法人天神会(新古賀病院)、JR九州、
        福岡大学、富士甚醤油、嬉野温泉大村屋、福岡県中小企業振興センター 他

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。