永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

【コミュニケーションの方法は筆談から。】歌舞伎町にBookCafe&Bar「デカメロン」がグランドオープン。

有限会社スクラムライスのプレスリリース

2020年7月22日、新宿区歌舞伎町にBookCafe&Bar「デカメロン」がオープン。同店の営業は約100日を予定。店内に設置したノートには、訪れた客がコロナ禍における自らの物語を書き記し、閲覧できる。

 

 

Smappa!Group(東京都新宿区)は、ホストが接客する書店として17年にオープンした「歌舞伎町ブックセンター」(移転準備中)を再開予定だったが、”不要不急”な夜の街への外出自粛要請の煽りをうけ、再開は頓挫。現在の状況は歌舞伎町ブックセンターの再オープン「前」なのか、再オープンが叶わない「後」なのかといった問いを出発点に、「デカメロン」ではカフェ&バー営業の新しい形態を模索する。店内では前後酒を中心に飲食物の提供およびアート展示、書籍販売を行うと同時に、まずは筆談でのコミュニケーションを推奨する。

 

店名「デカメロン」は、ジョバンニ・ボッカッチオの作品[Decameron]から引用。同書は1348年に大流行したペストから逃れるため、フィレンツェ郊外に引きこもった男3人、女7人の10人が退屈しのぎの話をするという物語集。これを2020年の現代に置き換え、店舗デカメロンを訪れた客がコロナ禍の物語を記す試みも行う。また、書籍[Decameron]に収録される100話をモチーフに、営業期間は100日(7月22日~10月30日)を予定。

「前」/「後」、そしてその間。歌舞伎町で前後酒を飲みながら「間」について、書き記し、記録することで現代の「人曲」を奏でる場としたい。
 

 

■前後酒を愉しむ

 

季節のネグローニ
国産ハーブのモヒート など

■物語を蒐集する

 

店内には訪れる人々の物語をしたためるノートを設置。あえて歌舞伎町に足を運び、自分の経験や思いを文字にしたためると共に、感染症と共に生きる市井の人々の物語を閲覧できる。

 

■企画展示「⾔葉はわかるが話が通じない」

 

参加作家は公式Twitterアカウントにて都度発表
https://twitter.com/Decameron_20

[logo  Glam Beast]

新宿の街を象徴するDADAのイメージを直接的に落とし込むためにアルファベットにも見える重心の低いゴシックを用いて、それをバラバラに配置することで街に点在するお店と結びつけた。

 

[店舗情報] 店名:デカメロン
住所:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-12-4
電話番号:03-6265-9013
営業時間:14:00~翌0:00
定休日:不定休
Facebook:https://www.facebook.com/decameron.kabukicho/
Twitter:https://twitter.com/Decameron_20
Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。