永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

NECとコエドブルワリー、雑誌記事をAIで分析し世代の特徴を表現したクラフトビール「人生醸造craft」を開発

日本電気株式会社のプレスリリース

日本電気株式会社(注1、以下 NEC)とクラフトビールメーカーである株式会社協同商事 コエドブルワリー(注2、以下 コエドブルワリー)は、人とAIの協調による世代間コミュニケーションの促進を目的に、トレンドを反映する雑誌記事をAIで分析し、世代の特徴を表現したクラフトビール「人生醸造craft」を開発しました。コエドブルワリーは本商品を、本日からコエドビールオンラインショップで販売開始します。
※クラフトビールとは酒税法上、ビールと発泡酒などを指しますが、「人生醸造craft」にはビールと発泡酒が含まれます。

 

「人生醸造craft」製品写真「人生醸造craft」製品写真

「人生醸造craft」の開発には、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」(注3)を用い、株式会社小学館(注4、小学館)提供による雑誌のファッション画像と文章を分析しました。これにより、クラフトビールを楽しむ順番として一般的な「色・香り・味」の3ステップを数値化し、ビール職人が20~50代の4世代の特徴を4種類のクラフトビールとして表現しました。各世代の人生の軌跡を体験できる「人生醸造craft」は、世代間の相互理解に適した商品として、職場内の話題のきっかけ作りや、今流行のオンライン飲み会でもお楽しみいただけます。

図1:「人生醸造craft」の開発プロセス~40’s YELLOWの例~

図1::「人生醸造craft」の開発プロセス~40’s YELLOWの例~図1::「人生醸造craft」の開発プロセス~40’s YELLOWの例~

 

1.クラフトビールを楽しむファーストステップ「色」
色は、お酒を飲み始める20代の頃に発行された雑誌の画像を参考に表現しました。画像処理AI技術を活用し、ファッション画像を学習データとして取り込んで、服のイメージ画像を生成します。これをもとに、時代のトレンドカラーをクラフトビールの色として職人が表現しました。
(例)「人生醸造craft ~40’s YELLOW~」には、40代が20代の頃(1991年~2000年)に発行された雑誌「CanCam」のファッション画像を利用。

2.クラフトビールを楽しむセカンドステップ「香り」
香りは、各世代の20代から現在までの中間となる10年間に発行された雑誌の文章を参考に表現しました。自然言語処理AI技術を活用し、単語の意味情報を取り込んで学習データとした上で、文章に登場する意味が近い単語の発生割合に応じてフルーティー、キャラメル、フェノールなどの香りを数値化します。これをもとに、クラフトビールの香りを職人が表現しました。
(例)「人生醸造craft ~40’s YELLOW~」には、40代が30代の頃(2001年~2010年)に発行された雑誌「Oggi」と「DIME」の文章を利用。

3.クラフトビールを楽しむファイナルステップ「味」
味は、各世代が今読んでいる雑誌の画像を参考に表現しました。小学館の担当者が、ファッションテイスト(色の系統・甘め/辛めスタイル・フェミニン/コンサバ系など)と味の指標(甘味・苦味・酸味・ドライ)を紐づけた教師データをもとに、「NEC the WISE」のディープラーニングAI技術「RAPID機械学習」で、ファッション画像を分析し数値化します。これをもとに、クラフトビールの味として職人が表現しました。
(例)「人生醸造craft ~40’s YELLOW~」には、40代の直近10年(2011年~2020年)に発行された雑誌「Domani」の画像を利用。

 
【分析対象の雑誌】
CanCam、Oggi、Domani、Precious、DIME、BE-PAL、女性セブン、週刊ポストの過去約40年間に発行された記事

【商品詳細】
図2:商品詳細

図2:商品詳細図2:商品詳細

なお本企画はNECが、AIによる味覚予測シリーズとして、名作文学の読後感をAIで分析しコーヒーの味わいで再現したブレンドコーヒー「飲める文庫」(2017年発表)、2018年の新聞記事をAIで分析しその時代のムードをチョコレートの味わいで再現した「あの頃は CHOCOLATE」(2018年発表)に続く第三弾商品となります。

NECは、本商品をNECグループがオンラインにて開催する「NEC iEXPO Digital 2020」(会期:7/13(月)~7/17(金))において紹介します。
「NEC iEXPO Digital 2020」について:https://jpn.nec.com/iexpo/digital2020/?cid=na_ied_204

(注1)本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長 兼 CEO:新野隆
(注2)本社:埼玉県川越市、代表取締役社長:朝霧重治
(注3)「NEC the WISE」(エヌイーシーザワイズ)は、NECの最先端AI技術群の名称です。”The WISE”には「賢者たち」という意味があり、複雑化・高度化する社会課題に対し、人とAIが協調しながら高度な叡智で解決していくという想いを込めています。
・NEC、AI(人工知能)技術ブランド「NEC the WISE」を策定
https://jpn.nec.com/press/201607/20160719_01.html
・NECのAI
https://jpn.nec.com/ai/
(注4)本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相賀昌宏

<「人生醸造craft」について>
https://jpn.nec.com/ai/ai_craft/index.html
<コエドビールオンラインショップはこちら>
https://webshop-coedobrewery.com/

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>
NEC IMC本部
E-Mail:ai_craft@imc.jp.nec.com

株式会社協同商事 コエドブルワリー
電話:0493-39-2828
E-Mail:info@coedobrewery.com

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。