チキンラーメン×鬼滅の刃 “フタどめ” フィギュア プレゼントキャンペーン

飲食店からのテイクアウトの利用実態を調査

株式会社リクルートライフスタイルのプレスリリース

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)の外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」(https://www.hotpepper.jp/ggs/)は、2020年5月の飲食店からのテイクアウトの利用実態について消費者アンケートを行いましたので、その結果を発表いたします。

<要約>
POINT1. 2020年5月に飲食店からのテイクアウトを利用した人は58.1%。利用業態最多は「ファストフード」(24.8%)

・2020年5月に飲食店からテイクアウトを行った人は合計58.1%と過半数。
・業態別では「ファストフード」24.8%、「牛丼、カレー等、一品もの専売業態」16.0%、「和食料理店」で12.6%等。

POINT2. テイクアウト利用が多いのは「自宅」で「夕食」に「家族・親族」で。利用動機は「安全」「作るのは手間」「定期的に食べたいメニュー」
・テイクアウトした食事は、食事の種類「夕食」69.5%、相手「家族・親族(19歳以上のみ)」28.4% 、場所「自宅」95.8%。
・利用の動機は「自分や家族が安全」45.9%、「家で作るのは手間」45.2%、「定期的に食べたくなるメニュー」が41.2%。女性は多くの項目でこだわりが強い。
・今後の利用動機は「家で作るのは手間」35.7%、「自分では調理しにくい・できないメニュー」35.1%。

POINT3. テイクアウト単価、「夕食」平均1,708円、「昼食」同1,054円
・テイクアウトの単価(一人一食分あたり)、平均額が最も高かったのが「夕食」で平均1,708円、次いで、「昼食」が平均1,054円、「夜食」が平均971円等。
・60代男女は単価が高くなる傾向。「夕食」では60代女性が平均2,107円、「昼食」では60代男性が平均1,227円と最も単価が高かった。

1. 2020年5月に飲食店からのテイクアウトを利用した人は58.1%
2020年5月の飲食店からのテイクアウト経験とその業態を聞いた。いずれかの業態の飲食店からテイクアウトを行った人は合計58.1%と過半数。業態別で最も多かったのは「ファストフード」で24.8%、2位は「牛丼、カレー等、一品もの専売業態」で16.0%、3位は「和食料理店」で12.6%、僅差で4位が「ファミリーレストラン、回転すし等」で12.4%であった。性年代別では、20・30代女性と30代男性でテイクアウト利用者が目立って多い。「ファストフード」からのテイクアウト経験でも全く同じ性年代で高いスコアとなっている。「ファストフード」等のテイクアウトになじんでいた若い世代がこの期間のテイクアウト市場をけん引した可能性があると考えられる。

■2020年5月に飲食店から食べ物や飲み物をテイクアウトした業態(全体/複数回答)

※「飲食店からテイクアウトした・計」:「2020年5月に食べ物や飲み物をテイクアウトした業態」で「飲食店からテイクアウトしていない」以外の回答者を集計

(参考) 飲酒を主体とする業態からのテイクアウト経験は5.4%にとどまる
前ページの各業態を「食事を主体とする業態」「飲酒を主体とする業態」「軽食を主体とする業態」「その他」のの4分類でまとめた。「食事を主体とする業態」からのテイクアウト利用者が40.6%、「軽食を主体とする業態」からのテイクアウト利用者が33.3%、「飲酒を主体とする業態」からのテイクアウト利用者が5.4%となっている。2020年5月は緊急事態宣言の影響で多くの飲食店が営業の自粛や営業時間短縮を行う中、テイクアウトへの道を模索する飲食店も多かった。もともとテイクアウトとの兼業も一般的な「軽食を主体とする業態」や「食事を主体とする業態」はテイクアウト市場でも一定のシェアを確保する一方、「飲酒を主体とする業態」のテイクアウト市場への参入が、一筋縄ではいかなそうなことが示唆されるデータとなっている。

■2020年5月に飲食店から食べ物や飲み物をテイクアウトした業態(全体/複数回答)

※「食事を主体とする業態」「軽食を主体とする業態」「飲酒を主体とする業態」「その他」が意味する具体的な業態は、前ページ参照

2. テイクアウトの利用が多かった食事シーンは「自宅」で、「夕食」に、「家族・親族」と
飲食店からのテイクアウトを利用した食事シーンを聞いた。食事の種類では、「夕食」が最多で69.5%、また、「昼食」も53.0%と過半数。食事の相手では「家族・親族(19歳以上のみ)」が最多で28.4%、以下、「夫婦2人で」が23.7%、「1人で」が22.1%、「家族・親族(小学生以上18歳以下の子を含む)が20.2%等となっている。また、食事の場所では「自宅」が圧倒的に多く95.8%。テイクアウト利用者の多かった性年代では、20・30代女性では「昼食」での利用が多く、30代男性では「1人で」や「家族・親族(未就学児を含む)」の食事相手が多かった。

■2020年5月に飲食店からの食べ物や飲み物をテイクアウトしたシーン
 (2020年5月に飲食店から食べ物や飲み物をテイクアウトした人/複数回答)

3. テイクアウトを利用する理由は「安全」「作るのは手間」「食べたいメニューがある」
テイクアウトを利用した理由を聞いた。最も多かったのは「持ち帰って食べるほうが、自分や家族が安全」で45.9%、2位は「毎食、家で作るのは手間がかかる」で45.2%、3位は「定期的に食べたくなるメニューがある」が41.2%、4位に「自分では調理しにくい・できないメニューが楽しめる」が36.3%という結果であった。全体的に男女でスコア差が大きく、女性のほうが多くの利用動機を持っている傾向だ。特に「持ち帰って食べるほうが、自分や家族が安全」では30~60代女性、「毎食、家で作るのは手間がかかる」では20~40代女性、「自分では調理しにくい・できないメニューが楽しめる」では20・30代女性、「自炊で食べられるものに飽きた」では20~50代女性で目立って多かった。

■2020年5月に飲食店から食べ物や飲み物をテイクアウトした理由 
 (2020年5月に飲食店から食べ物や飲み物をテイクアウトした人/複数回答)

4. 今後の利用動機は「作るのは手間」「自分では調理しにくい・できないメニュー」「安全」
今後、飲食店からのテイクアウトを積極的に行いたい理由を聞いた。前ページの2020年に5月に利用した理由と似た順位だが、最多は「毎食、家で作るのは手間がかかる」で35.7%、2位は「自分では調理しにくい・できないメニューが楽しめる」が35.1%、3位が「持ち帰って食べるほうが、自分や家族が安全」が31.0%と、ここまでが3割以上の回答となっている。ここでも回答スコアの男女差が大きく、前ページ同様、女性のほうが多くの利用動機を持っている。特に「毎食、家で作るのは手間がかかる」では20~40代女性、「自分では調理しにくい・できないメニューが楽しめる」では2~50代女性で目立って高いスコアとなっている。30代男性では「定期的に食べたくなるメニューがある」が33.2%と、男性では唯一目立って高いスコアとなっており、気に入っている外食メニューが強い利用意向につながることが分かる。

■今後、飲食店からのテイクアウトを積極的に利用したいと思う理由(全体/複数回答)

5. テイクアウト単価、「夕食」が平均1,708円で最も高く、次いで「昼食」が同1,054円
テイクアウトの単価(一人一食分あたり)について、平均額が最も高かったのは「夕食」で平均1,708円であった。次いで、「昼食」が平均1,054円、「夜食」が平均971円等となっている。性年代別では、「夕食」で60代女性が平均2,107円と最も単価が高く、「昼食」で60代男性が平均1,227円と最も単価が高かった。「夕食」「昼食」とも60代が男女それぞれで最も高い平均単価となっている。逆に単価が最も低かったのは、「夕食」が20代女性で平均1,541円、「昼食」が40代女性が平均952円となっている。

■2020年4月~5月の2カ月間に利用した飲食店からの食べ物や飲み物のテイクアウトの費用
 (一人一食分あたり/それぞれ0円を除く金額回答者/それぞれ実数回答)

※「全体」の平均値は、7項目それぞれ実施率(0円を除く金額回答者率)を乗じて算出しており、各項目のテイクアウト利用頻度を反映していないため、参考値として掲載している。

詳細は下記リンクよりPDFをご覧ください
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/2020/07/RecruitLifestyle_ggs_20200720.pdf

▼リクルートライフスタイルについて
https://www.recruit-lifestyle.co.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/support/press

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。