永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

日本初上陸、ブルゴーニュ ポマール村 ドメーヌシロブチョのワイン取り扱い開始

Home & Kitchen株式会社のプレスリリース

ブルゴーニュワイン専門に輸入直販を行うHome & Kitchen株式会社は、2020年7月より、日本初上陸のポマール村「ドメーヌシロブチョ」のワイン7種を販売開始しました。ドメーヌシロブチョは、ブルゴーニュ コートドボーヌの中心部にあるポマール村で、1920年代から4世代続く伝統あるドメーヌです。所有のぶどう畑は約8ヘクタール。ポマール、ヴォルネ、サントネとマランジュにブドウ畑を所有し、一級、村名、地方名クラスのワインを生産しています。
今まで日本では販売されたことがなく、今回が初上陸となります。フランス以外では米、英、豪など主に英語圏において人気のドメーヌでワインスペクター誌などで高い評価を得ています。
7種のワインはオンラインのみのお取り扱い。当社ECショップ、Amazon、Yahoo shoppingにて販売しています。
当社ECショップ https://shop.home-kitchen.jp/collections/cyrot-buthiau

 

ドメーヌシロブチョドメーヌシロブチョ

7種の取り扱いワイン
 

ブルゴーニュピノノワールブルゴーニュピノノワール

ブルゴーニュピノノワール 

ポマール
ポマール1級 アルヴェレ ”Arvelets”
ヴォルネ
マランジュ1級 クロルッソ “Clos Roussorts”

サントネ1級 ルッソー ”Rousseau”
クレマンドブルゴーニュ   

 

 

 

 

 

戦前はAOCポマールの区画だったぶどう畑のAOCブルゴーニュピノノアール、「プチポマール」と呼びたくなる

 

 シロブチョのブルゴーニュ ピノノワールのぶどう畑は、第二次世界大戦前はAOCポマールに分類されていました。当時AOCブルゴーニュとの境界は曖昧でした。1937年、国立アペラシオン国立研究所(INAO)が設立され、ぶどう区画の修正が始まり、幹線道路74号線がAOCポマールの限界になりました。

その結果、シロブチョの所有していた区画(幹線道路の外側)がAOCブルゴーニュ ピノノワールになりました。地図にあるようにシロブチョのブルゴーニュ ピノノワールは、クロ デュ シャトードポマールの近くで、AOCポマールとほんの数十メートルしか離れていません。

 

 

2代目の当主は、幹線道路74号線のに東側にあったぶどう畑のAOCポマールを失い、当時ひどく失望しました。しかし、この決定は十分に受け入れられました。確かに、土壌が少し薄すぎて深いポマールを作ることができません。

 

今は質の高いブルゴーニュ ピノノワール、「プチポマール」と呼びたくなるようなワインを生産しています。74号線はぶどう畑よりも高いため、雨水は道路の反対側(ポマード側)に留まります。74号線の東側のぶどう畑は非常に乾燥し、理想的な状態です。
 

 

 

ドメーヌシロブチョのワイン醸造方法

自然とテロワールを尊重しながら、伝統的な方法でぶどうを育てています。何度も土を耕し、ブドウを大切に扱い、もちろん収穫は手作業です。新樽率30〜40%、オーク樽での熟成は12ヶ月間。軽いろ過の後、ワインはその年の出来栄えに応じて15〜16ヶ月後に瓶詰めされます。ぶどう畑からボトル詰めまで、豊かなテロワールとぶどう品種であるピノ ノワールの表現を尊重しながら、質の高いワインを造り続けています。

歴史の中で世界的に愛されてきたブルゴーニュのポマール

ポマールは世界的にピノノワールのぶどう品種の赤ワインで知られ、中世以来の歴史を伝える小さな通りや路地には、ワイン生産者の魂を感じます。ブルゴーニュの顔のひとつであるポマールは、アンリ4世、ルイ15世、詩人ロンサール、作家ヴィクトル ユーゴーによって高く評価されました。

 

美しいルビー色と赤と黒のフルーツのアロマ、卓越し、ストラクチャーがしっかりしたシロブチョの赤ワインは、お料理やチーズとのマリアージュをお楽しみいただけます。

【本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先】
Home & Kitchen: 平上(ひらがみ)

当社ECショップ https://shop.home-kitchen.jp/collections/cyrot-buthiau

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。