永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

世界700兆円の新産業を徹底解説した新刊『フードテック革命』を発売

株式会社 日経BPのプレスリリース

株式会社 日経BP(本社:東京都港区、社長:吉田直人)は、2020年7月23日(木)に世界最先端のフードビジネスを徹底解説した書籍『フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義』を発売しました。
新型コロナウイルス感染症の流行で激変した「食」を取り巻く新たなビジネス環境を踏まえつつ、世界最先端のフードビジネスを徹底解説。グローバルの変化を深く理解しながら、日本発のフードイノベーションを志す全てのビジネスパーソンの「次のアクション」につながるヒントが満載の一冊です。

2025年までに、世界700兆円に達すると言われる超巨大市場「フードテック」――。
あなたの食体験はどう変わり、どんなビジネスチャンスが生まれているのでしょうか。

本物の肉のような「植物性代替肉」や「培養肉」が世界の食卓を変える?
食領域のGAFAとも言われる「キッチンOS」、IoT家電の一大プラットフォームへ成長する?
店舗を持たないレストラン「ゴーストキッチン」、アフターコロナ時代の“新モデル”徹底解説
Amazon Goに代表される「次世代コンビニ」、顧客理解の深さが食品リテールの競争領域に ・・・・・・

 このように今、世界では食品メーカーから外食、小売り、家電、IT、不動産まで、あらゆる業界を巻き込み、「食×テクノロジー」を起点とした新ビジネスが勃興しています。この世界で、日本のプレーヤーが、再び輝きを取り戻すための秘策は何か。本書では、新型コロナウイルス感染症の流行で激変した「食」を取り巻く新たなビジネス環境を踏まえつつ、世界最先端のフードビジネスを徹底解説。グローバルの変化を深く理解しながら、日本の現状とよりよい食の近未来を考えるヒントが満載です。

『フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義』
著/田中宏隆、岡田亜希子、瀬川明秀
監修/外村仁
定価:本体1,800円+税
A5判、400ページ
【販売サイト】
日経BP SHOP: https://shop.nikkeibp.co.jp/front/commodity/0000/279540/
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/4296106716

【本書の特長】
「世界最先端のフードビジネス」のポイントが分かる

 「代替肉」「キッチンOS」「パーソナライズドフード」「フードデリバリー」「移動型レストラン(自動販売機3.0)」「フードロボット」「次世代コンビニ」など、世界で勃興するフードビジネスの新キーワードごとに、そのビジネスインパクトを徹底解説します。植物性代替肉の米インポッシブルフーズやビヨンドミート、キッチンOSの米イニットやサイドシェフ、ラーメン自販機の米ヨーカイエクスプレス、全自動ハンバーガーロボットのクリエーターなど、世界の注目プレーヤーの事例が満載。併せて、各市場への日本企業ならではのアプローチと、あるべき今後のビジネスの方向性を提案します。

新産業「日本版フードテック市場」創出に向けた提言

 世界の最新ビジネスをレビューした後、日本で新産業を起こしていく際にどのような視点が必要となるか、明日から具体的にどう動き出せばよいのか。著者らが作成した創りたい12項目の食の未来「Future Food Vision 1.0」をベースに掘り下げます。

独占インタビュー フード業界のキーパーソンが語る「食の未来」

・味の素 社長 西井孝明氏、代表取締役副社長/CDO 福士博司氏、専務執行役員/CIO 児島宏之氏
・ロイヤルホールディングス 会長 菊地唯夫氏
・不二製油グループ本社 社長 清水洋史氏
・インポッシブルフーズ SVP International ニック・ハラ氏
・ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス 代表取締役社長 藤田元宏氏
・予防医学研究者 石川善樹氏
・「HAJIME」オーナーシェフ 米田肇氏
・「Mr. CHEESECAKE」 田村浩二氏
   (順不同)

巻末収録!アフターコロナ時代の羅針盤「Food Innovation Map 2.0」

「生活者体験」「実現する技術/仕組み」「センシング技術/先端素材」の3つの階層で、食体験を豊かにするキーテクノロジー、新サービス、近未来キーワードを徹底網羅。アフターコロナ時代を見据えたビジネス戦略のヒントが見つかる初公開のマップを特別収録しています。

【目次】
序章   フードテック革命に「日本不在」という現実
第1章  今、なぜ「フードテック」なのか
第2章  世界で巻き起こるフードイノベーションの全体像
第3章  with&アフターコロナ時代のフードテック
第4章   「代替プロテイン」の衝撃
第5章   「食領域のGAFA」が生み出す新たな食体験
第6章  超パーソナライゼーションが創る食の未来
第7章  フードテックによる外食産業のアップデート
第8章  フードテックを活用した食品リテールの進化
第9章  食のイノベーション社会実装への道
第10章  新産業「日本版フードテック市場」の創出に向けて
おわりに 改めて思う「日本はすぐ動かねばならぬ」

【著者/監修者プロフィル】
◆田中宏隆(たなか・ひろたか)/シグマクシス Director/スマートキッチン・サミット・ジャパン主催者
パナソニックを経て、マッキンゼーにてハイテク・通信業界を中心に8年間に渡り、成長戦略立案・実行、M & A、新事業開発、ベンチャー協業などに従事。17年、シグマクシスに参画。食を起点とした事業共創エコシステムの形成を通じた新産業創出を目指す。18年、19年、米スマートキッチン・サミット(SKS)、18年Rethink Food(米CIA)など、国内外で多数の講演実績を持つ。一般社団法人 SPACE FOODSPHERE理事。18年『フードテックの未来』(日経BP総研)監修。慶應義塾大学経済学部卒。南カリフォルニア大学MBA取得

◆岡田亜希子(おかだ・あきこ)/シグマクシス Research / Insight Specialist
滋賀県出身。アクセンチュアを経て、マッキンゼーにて10年間、ハイテク・通信分野のリサーチスペシャリストとして従事。テクノロジーを軸にしながら幅広い分野の業界分析に携わる。17年シグマクシスに参画。「スマートキッチン・サミット・ジャパン」共同創設者。登壇プログラム設計を担当。テクノロジーとウェルビーイングの関係を研究するFood Business Insights活動を立上げ。欧米アジアに出向いてフードテック関連のインサイト収集に奔走。現地のフードテックコミュニティーと情報連携しながら情報発信活動に従事。18年『フードテックの未来』(日経BP総研)監修。19年より日経クロステックでの記事連載「フードテックの未来はこうなる」を始め、日経クロストレンド、WIREDなどフードテック関連の記事執筆多数。同志社大学経済学部卒。大阪大学国際公共政策研究科修士課程修了

◆瀬川明秀(せがわ・あきひで)/シグマクシス Principal
出版社にて経済記者、編集者として、数々のメディア立ち上げに従事。27年間の編集経験を経て、17年シグマクシスに参画。フードテック関連の情報発信に従事する他、大手企業の組織変革、メディア業界の新規事業などのコンサルティング案件にも参画する。早稲田大学総合研究機構招聘研究員。著書に『アグリゲーター』『ホワイト企業』など。『フードテックの未来』(日経BP総研)監修。早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了

◆外村 仁(ほかむら・ひとし)/スクラムベンチャーズ Partner
Bain & company、Appleを経て、2000年にシリコンバレーで起業、米系VCなどから$12Mの資金調達、事業売却までを経験。2010年よりEvernote Japan会長として、NTTドコモや日経新聞との大型提携を実現、16年から現職。また当時サンスフランシスコから勃興するフードテックコミュニティーに参加し、「FoodとITの融合」をテーマに活動。黎明期のエバンジェリストとして日本のフードテックコミュニティーを形成、17年に「スマートキッチン・サミット・ ジャパン」を共同創設。総務省の「異能(Inno)vation」プログラムアドバイザー。Basque Culinary Centerのインキュベーション施設「LABe」メンター。All Turtlesのスペシャルアドバイザー。東京大学工学部卒。スイスIMD(国際経営大学院)MBA取得
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。