永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

柑橘サワーの新たな選択肢「シークワーサーサワーの素 業務用」新発売! | 久米仙酒造株式会社

久米仙酒造株式会社のプレスリリース

久米仙酒造株式会社(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:比嘉洋一)は、沖縄の本格シークワーサーサワーが手軽に楽しめる「シークワーサーサワーの素 業務用」を、7月28日(火)より沖縄県(先行販売)で新発売しました。

「シークワーサーサワーの素」は、グラスに氷を入れ、炭酸水で割るだけで沖縄の本格シークワーサーサワーがつくれる商品です。

7月7日(火)に、500ml(25度)ボトルが販売されましたが、それに続いて業務用として2700mlの大容量で販売。そして度数を40度に高めたことにより、よりキレの良いサワー感を楽しめる商品となっています。

沖縄を代表する果物「シークワーサー」の爽やかな柑橘の香りとフレッシュな酸味とほのかな苦み、ほどよい甘みをスッキリ楽しめるシークワーサーサワーがとてもカンタンに作れる割材です。

レモンサワーが堅調なトレンドとなっている今、爽やかな柑橘系サワーの「手堅いもう1つの選択肢」として、「沖縄感を打ち出せる差別化アイテム」として、今の飲食店の武器となれる商品を目指しました。

商品名:シークワーサーサワーの素 業務用
容量:2700ml / ペットボトル
アルコール度数:40度
希望小売価格:(沖縄県内)3,880円(税別)/(全国)4,030円(税別)
発売時期:(沖縄県内)2020年7月28日 / (全国)2020年8月4日
発売地域:沖縄県先行販売
品目:リキュール
商品ページ:https://kumesenshop.com/SHOP/citrussour2700set3.html

シークワーサーとは?
「シー」は、沖縄の方言で「酸っぱい」
「クワーサー」は、沖縄の方言で「食べさせる」の意味。
ヘルシーフルーツとして知られ、美容や健康に良いと、古くから沖縄で愛されてきた果物です。

「シークワーサーサワーの素」 開発秘話
この「シークワーサーサワーの素」は、久米仙酒造の女性社員が中心となって開発したお酒です。「手軽に夏の沖縄を感じられる爽やかな味わいのお酒を作りたい」というアイデアの元、沖縄のフルーツを代表する「シークワーサーサワー」を素材としたお酒を作りました。

開発の中で最も苦労したのが…
爽やかな香りと酸味が特徴の「青切りシークワーサー」のフレッシュ感を出すことでした。”絞ってそのままサワーに仕上げた感”にこだわり、炭酸で割るだけでカンタンに沖縄の味わいを再現できるよう、生産側と試行錯誤を繰り返し、最もマッチしたのが大宜味村産のシークワーサーでした。

特徴は、しっかりとした柑橘系の香りと、青切りの酸っぱさとクセになる絶妙な苦み、飲みやすいよう爽やかな甘みも追求した商品となっています。

お徳で美味しい沖縄感バツグンの商品
大容量の2,700mlであるため、一般的なグラスで計算すると1つのボトルで90杯のシークワーサーサワーが作れます(一杯当たりの単価はご覧の通りです)。

また40度とアルコール度数も高いため、「濃いめサワー」もお客様向けに提案でき、一杯あたりの単価アップ施策も打ち出しやすい商品です。

これまでに頂いたお客様の声の一部を紹介
(先日販売開始した500ml25度の商品を試してのお客様の感想抜粋)

● 暑い日にゴクゴク飲むのには最高の一品!
爽やかな酸味に優しい甘み、そしてシークワーサーだけでなくリキュールの味と香りもしっかりと主張していて、本当にゴクゴク飲めちゃいます!僕的にはほんの少し追いシークワーサーをすると爽やかさがアップしてスッキリ飲めるのでお勧めです!

● 爽やかで飲みやすいです
ストレートで飲んでも、いろいろな物で割っても美味しく飲めます

● 沖縄好きの奧さんに喜ばれました
自分の好みで濃さが変えられるのがたまらないみたいで、ルンルンです!
今夜はシークワーサーサワーの素とビールです。

いろいろなドリンクと合わせても美味しい割材
これまでお客様の声や、社内で色々なドリンクで割った結果、美味しく楽しめることが確かな組み合わせ
・紅茶割り(柑橘の香りと味わいが加わった紅茶リキュールになります)
・飲むヨーグルト割り(柑橘の爽やかさが加わったラッシーのような口当たりに)
・ビール割り(エールビールのような心地よい複雑さと爽やかな柑橘の後味がクセになります)
・アイスボックスにかけて(アイスの溶け具合で味がどんどん変わる新感覚の大人のデザートとして楽しめます)

久米仙酒造とは?
久米仙酒造は1952年創業の泡盛メーカーです。
「豊かな今と未来をつくる 一歩進んだ泡盛づくり」をモットーに、泡盛業界の常識に捉われない、常に新しい挑戦を繰り返し、業界内では「良い意味での異端児」として知られています。「奥深くて、面白くて、美味しい」そんな泡盛の世界を全国の人々や、若い世代にも伝えるべく「泡盛マガジン」というオウンドメディアを運営。新型コロナウイルス感染が広がる中では、泡盛業界の中でもいち早く手指消毒に使える高濃度アルコール製造に着手。高濃度アルコールに関しては味わいにこだわるなど、常に泡盛の新しい可能性を模索しています。

久米仙酒造株式会社
沖縄県那覇市字仲井真155番地
Tel:098-832-3133
Mail:kumesen-contact@kumesen.co.jp
お問い合わせ:https://kumesen.co.jp/contact/


Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。