永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

「TABETE(タベテ)」を運営するコークッキング、大田区と「食品ロス削減に向けた連携協定」を締結

株式会社コークッキングのプレスリリース

株式会社コークッキング(本社:東京都港区、代表取締役社長:川越一磨、以下コークッキング)は、大田区と「食品ロス削減に向けた連携協定」を締結し、締結式を実施いたしました。
本協定では、大田区とコークッキングが双方の資源を活かし、飲食店・小売店の食品ロス削減及び食品ロス削減に対する区民意識の向上による食品ロス削減に向けた消費行動への変容を促すことを目的としています。

 

■本協定における両者の役割
〔株式会社コークッキング〕

  • 大田区内における実績資料の提供
  • ホームページによる連携事業の広報   など

〔大田区〕

  • 区のホームページやSNS、その他の広報物、イベントなどでの情報発信
  • 区内事業者や食べきり応援団登録店への情報提供   など

■大田区について
大田区では、フードドライブや地産地消型未利用食品マッチング事業などの取り組みを行い、食品ロス削減を推進しています。
また、事業者に対しては「大田区食べきり応援団」への登録を募り、区と事業者が一緒に使い切り・食べ切りをPRしています。

<大田区ホームページ:食品ロス>
https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/gomi/foodloss/index.html

■TABETEについて 
フードシェアリングサービス「TABETE(タべテ)」は、まだ美味しく食べられるのに「捨てざるを得ない危機」にある飲食店の食事を、ユーザーが「1品」から「美味しく」「お得」に購入することによって「レスキュー」出来る仕組み(プラットフォーム)です。

現在、20〜40代の働く女性を中心とした約29万人のユーザー・飲食店や惣菜店を中心とした約1300店舗にご登録いただき、累計で4万7千食以上の食品ロス削減に成功しました。

「TABETE(タベテ)」ではサービスコンセプトとして「フードロス削減」を掲げており、予想外のできごとや急な予約のキャンセルなどによって頻繁に発生し、完全な対策が難しいと言われる飲食店や惣菜店におけるフードロスの削減に寄与する仕組みをつくっています。「想い」を込めて準備した食事を無駄にせず、ユーザーの多様な食事の選択肢にも繋がるという、「これからの新しい食のあり方」を提案していきます。

「フードロス削減」は、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標であるSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)の目標12「持続可能な消費と生産」(つくる責任つかう責任)の一環としても位置づけられており、日本政府(SDGs推進本部)が掲げる「SDGs実施方針」優先課題としても「食品廃棄物の削減や活用」の一環として「食品ロス削減=フードロス削減」が位置づけられています。 

< 「TABETE(タベテ)」 >

iOS版
Android版
Web

■会社概要
社名:株式会社コークッキング
本社所在地:東京都港区南麻布3-3-1 麻布セントラルポイントビル3階
代表者氏名:川越一磨
事業内容:フードロス削減のためのプラットフォーム「TABETE」運営事業、イベント・ワークショップ事業、パターン・ランゲージ制作事業
代表電話番号:03-6453-6088
メールアドレス:contact@cocooking.co.jp
URL:https://cocooking.co.jp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。