永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

欧州ビール事業等を再編、ブランド管理やマーケティング機能を統合

アサヒグループホールディングス株式会社のプレスリリース

 アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、国際ビール事業のさらなる成長のために、組織再編を実施します。「ポートフォリオ全体のプレミアム化を通じて、欧州各国のローカル市場で事業基盤の強化を追求する」Asahi Breweries Europe Ltd(以下、ABEL)の事業と「プレミアムセグメントに特化した輸出ビジネスで、グローバル市場における売上成長を追求する」Asahi International Ltd(以下、AIL)の事業を統合し、新たな組織体制となるAsahi Europe and International(以下、AEI/CEO:Paolo Lanzarotti)で2020年11月以降に事業を開始します。
 今回の組織再編により、機能が重複する本社管理部門の統合、エリアごとのガバナンス体制や調達・生産・物流機能の整理を進めます。迅速な意思決定により、グローバルブランドの成長加速とサプライチェーン強化を推進できる体制をスピーディーに構築します。事業統合を通じて、約18億円のコストシナジーを創出します。

【再編に伴う具体的な変更点や効果】
 アサヒグループは現在、『アサヒスーパードライ』や『Peroni Nastro Azzurro』『Pilsner Urquell』など様々なブランドをグローバルに展開する一方で、ブランド管理機能はABEL、AILにまたがっていました。今回の再編を通じて、各ブランドの管理機能やマーケティング機能を統合します。
 ブランド管理やマーケティング機能などを一元管理できる体制を構築し、グローバルブランドの成長加速を推進します。
 AILの傘下にあったオーストリア支店をチェコの事業会社傘下に、フランス支店をオランダの事業会社傘下にそれぞれ移管するなど、展開ブランドに合わせた営業機能の整理を実施します。
 プレゼンス拡大と売上成長を目指せる市場に対して、最適なブランドの投入や投資配分を実施できる意思決定プロセスを築きます。
 継続的に事業活動を円滑に遂行するため国ごとの事業体制は変更しないものの、重複する本社管理部門の統合を行います。
 AIL傘下でサプライチェーン機能を担っていたAsahi UK Holdingsの機能をABEL・AILをまたいで移管し、調達・生産・物流機能の最適化を図ります。
 これら一連の機能統合や機能移管などを通じて、約18億円のコストシナジーを創出するとともに、一体化された事業オペレーションの構築により、企業文化の醸成と各市場で顧客への最適な価値提案を柔軟に実施できる“One Asahi”体制を築き上げます。
 
 当社は、グループ理念“Asahi Group Philosophy”に基づく『中期経営方針』で“グローカルな価値創造経営”の推進を掲げています。その方針のもと、AILの設立等を含めた国際ビール事業の再編を2020年1月に実施しました。

 組織再編後、ABEL・AIL間でより深い協業を推進できる可能性を早期に見出したことに加え、昨今の急激な事業環境の変化を踏まえ、従来以上に強靭な事業基盤の構築と中長期の成長戦略推進を両立できる組織体へ柔軟に発展させる必要があると判断し、ABELとAILの事業統合を実施します。グローバル市場、ローカル市場それぞれで最適な事業運営とグローバルブランドの成長加速を推進する体制を構築することで、強い競争力をもったグローバルプレミアムビールメーカーとしてスピーディーな成長を図ります。

AEIの機能組織図AEIの機能組織図

【参考:アサヒグループの欧州事業沿革 】
■2016年10月:
 Anheuser-Busch InBev社より、西欧ビール事業を買収。統括会社としてAsahi Europe Ltd(AEL)を設立。
■2017年3月:
 Anheuser-Busch InBev社より、中東欧ビール事業を買収。統括会社としてAsahi Breweries Europe Ltd(ABEL)を設立。
■2018年1月:
 AEL傘下のイタリア・Birra Peroni社パドヴァ工場で製造した『アサヒスーパードライ』(樽・瓶)を英国・イタリア・フランスなどで販売開始。
■2019年4月:
 AEL社が英国のFuller, Smith & Turner PLC社が保有するプレミアムビール・サイダー事業を買収。
■2020年1月:
 アサヒグループの国際ビール事業を再編。AELは、Asahi International Ltd(AIL)に社名変更し、「プレミアムセグメントに特化した輸出ビジネスで、グローバル市場における売上成長を追求する事業」を統括する会社に、ABELは、「ポートフォリオ全体のプレミアム化を通じて、欧州各国のローカル市場で事業基盤の強化を追求する事業」を統括する会社に再編。再編に伴い、旧AEL管轄のイタリア・オランダにおける事業をABELに移管。
■2020年6月:
 ABEL傘下のイタリア・Birra Peroni社ローマ工場で『アサヒスーパードライ』(瓶・缶)の製造を開始。欧州向けに販売される『アサヒスーパードライ』を全て現地製造化。

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。