チキンラーメン×鬼滅の刃 “フタどめ” フィギュア プレゼントキャンペーン

新たな生活スタイルでのリフレッシュに向けた提案!『ミンティア ハーブ&レモン』2020年8月24日(月)新発売『ミンティア スピードフラッシュ』2020年9月7日(月)新発売

アサヒグループ食品株式会社のプレスリリース

アサヒグループ食品株式会社(本社 東京、社長 尚山勝男)は、「MINTIA(ミンティア)」のレギュラーシリーズから、マスク着用時や在宅勤務時など、これからの時代の新しいリフレッシュシーンに向けて『ミンティア ハーブ&レモン』『ミンティア スピードフラッシュ』を全国で新発売します。

■マスク着用中や食後のリフレッシュに!お口さっぱり『ミンティア ハーブ&レモン』

  • ハーブティーなどで使用され、ミントとも相性の良いレモングラスのフレーバーを初めて採用しました。また 人気のレモンフレーバーと組み合わせることで、お口をさっぱりさせつつ美味しさとの両立を目指しました。ユーカリエキスとフラボノイドを配合しています。
  •  お口をさっぱりさせたいときにぴったりのハーブの後味と、マスク着用中にも心地よくリフレッシュできる適度な清涼感に仕上げました。
  • パッケージは、レモングラス・レモン・ミントを描き、味の特長をわかりやすく表現しています。店頭で目立つイエローに差し色の鮮やかなブルーが目を引くカラーリングに仕上げました。

■砕けやすい新食感で、シャキッと瞬速リフレッシュ!『ミンティア スピードフラッシュ』

  • ライムミントの爽やかな味立ちと、強力に鼻抜けする清涼感が特長です。ジンジャーのピリッとした後味とともに、瞬間的にリフレッシュできます。
  • 口の中でタブレットを砕けやすくする新たな製法を新たに採用。1粒に含まれる刺激成分・味わい成分がゆっくりと溶けてじわじわ広がるのではなく、瞬時に砕けて一気に口の中に広がることで、より素早い味立ちと清涼感が楽しめる商品になっています。
  • パッケージは瞬間的な刺激と、ピリッと持続する2つの刺激を雷のモチーフで表現しました

■「マスク着用」に関するデータ
 新型コロナウイルス対策が継続される中で、厚生労働省からも「新型コロナウイルス感染症の予防」の中でマスク着用が推奨されています。自社調査※1では、暑い時期でも約85%の方がマスク着用意向を示した一方で、マスク着用中は「暑くて不快」と答えた方が約90%、「口のにおいが気になる」「口が乾く」と答えた方は約40~50%に達するなど、不満・悩みの声も上がっています。
 今回マスク着用時のリフレッシュに向けた新商品『ミンティア ハーブ&レモン』を発売します。
※1 アサヒグループ食品調べ 2020年5月実施 n=1,053

■「在宅勤務」に関するデータ
 また、2020年1月頃と緊急事態宣言解除後の6月頃の勤務形態を比較した自社調査※2では、有職者のうち、「テレワーク」での勤務を行っていると答えた方の割合が、約27%から約39%に約12ポイント上昇するなど、新型コロナウイルス対策をきっかけに、新しい働き方が急速に広がっていることが見受けられます。一方で、在宅勤務時の悩みについては「仕事に集中できない」といった声も多く聞かれる中で、新たな製法により、強力かつ瞬間的なリフレッシュを提供する新商品「ミンティア スピードフラッシュ」を発売します。
※2 アサヒグループ食品調べ 2020年6月実施 n=705

■「ミンティア」ブランドについて
 「ミンティア」ブランドは、タブレット菓子としてのおいしさや、食感、パッケージに至るまで全てにこだわった多彩な商品ラインアップの提案を通して年々好調に売上を拡大しています。錠菓市場においては、2005年5月に売上個数№1を獲得、2007年5月には売上金額でも№1を獲得し、以降市場トップを継続しています。2019年の売上は販売目標224億円を上回る238億円(前年比109%)の売上を達成しました。

2020年下期は、従来の“通勤・通学”などのオンタイムエチケット&リフレッシュに加え、Withコロナで高まる、“マスク着用時”や“在宅勤務中”の気分転換(リフレッシュ)ニーズにも対応した新たな商品を発売していきます。また、広告・販促では、多様化する働き方に合わせた「ミンティア」らしい新たな喫食シーンの提案を通じて、継続的な需要喚起を図っていきます。

                       【商品概要】

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。