永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

デリバリー&テイクアウトアプリ「menu」を使って、外食の味を安全にご自宅で 

menu株式会社のプレスリリース

 デリバリー&テイクアウトアプリ「menu」を提供するmenu株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:渡邉 真 以下menu) は、株式会社NATTY SWANKY(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井石 裕二)が運営する「肉汁餃子のダンダダン」と協力して「ケータイする除菌抗菌液」#SafeHandFishを初導入します。8月11日より、関東・福岡県内の対象店舗「肉汁餃子のダンダダン」のmenuを利用したデリバリーやテイクアウト時に順次配布を開始します。
 今回の取り組みにより、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で需要が高まる外食のデリバリー・テイクアウト時における衛生面での安心安全を確保し、外食の味をより気軽にご自宅でお楽しみいただけます。

  • < 本取り組みの背景 >

 menu株式会社は、“日常においしさと楽しさを”をコンセプトに、デリバリー&テイクアウトアプリmenu(メニュー)を運営しています。
 新型コロナウイルスの感染拡大の影響が続く昨今の状況下においてこそ、menuのサービスを生かして安心かつ気軽に飲食のデリバリーやテイクアウトを楽しんでいただき、ご自宅でも外食の気分を味わってほしいとの思いから今回の取り組みが実現しました。
 「肉汁餃子のダンダダン」と「ケータイする除菌抗菌液」の#SafeHasndFishを販売するクリア電子株式会社の協力のもと、餃子居酒屋チェーンの味を、安心安全にご自宅でも楽しんでいただけます。

 

  • < 協力内容 >

・対象
関東・福岡県内の「肉汁餃子のダンダダン」対象店舗(70店舗が対象)
・内容
協力対象店舗の「肉汁餃子のダンダダン」でのmenuを利用したデリバリー、またはテイクアウト時に
「ケータイする除菌抗菌液」のSafeHandFishを各店舗140個 無償配布
・期間
2020年8月11日(月)〜 無くなり次第終了

  • 「menu」のサービスについて

【「menu」とは 】
 「menu」は、スマホで食べたいメニューを事前注文・決済ができ、後はお店で受け取るだけのテイクアウト機能と、2020年4月より本格開始のデリバリー機能をご利用いただけるアプリです。ユーザーにとっては行列に並ぶ・店頭で待つタイムロスを解消し、忙しいランチタイムの選択肢を増やすことができます。また、加盟店にとっては事前に注文を取ることで混雑時の負荷が下げられるとともに、注文時に決済が行われるため、キャンセル被害がないことが主なメリットです。このように、ユーザーと飲食店の双方の課題を解決するアプリとなっています。テイクアウト・デリバリーともに、ユーザーと加盟店舗様に日々ご利用いただいております。「menu」は引き続き、皆様の生活におけるニーズにお応えしてまいります。

【「menu」概要 】

 

・展開エリア           :東京23区と西東京の一部エリア・大阪の一部エリアで順次拡大予定(デリバリー)
                  全国展開中(テイクアウト)
・加盟店舗数         :約30,000店舗 ※2020年7月現在
・アプリダウンロード料金 :無料
・アプリダウンロードURL :https://go.onelink.me/MWIV/e59d742b
・対応OS          :iOS/Android

  • デリバリー・テイクアウト時の衛生管理対策として“#SafeHandFish”を導入

 “#SafeHandFish“では、中身を醤油から除菌液に変えた「魚の醤油さし」が、フードケータリングや中食の店舗を通して食事とともに生活者のもとへ届けられます。「ケータイする除菌抗菌液」として、食事前に気になるところをサッと除菌する使い切りサイズで、清潔な状態での食事が可能です。
 今回の導入では、販売元のクリア電子株式会社の協力のもとSafeHandFishを16,000個配布予定。 都内の「肉汁餃子のダンダダン」対象店舗にて、 menuを利用したデリバリーやテイクアウト時に無償で配布します。

< SafeHandFishについて>
■ 物資不足を機転で応えてニーズに応える
宴会やイベントの中止・自粛により、大量に余っていた調味料容器に除菌抗菌液を充填することで、使い切りサイズの携帯用除菌抗菌液として、必要な人々に届けることができます。これにより、相次ぐ注文キャンセルで困っていた容器メーカーの救済と、需要と供給のミスマッチしていた除菌抗菌液の課題という、企業と社会にとってwin-winのアイデアを実現しました。

■日本でおなじみの醤油さしを無償で飲食店に提供し、食の場面を通して「個人の衛生管理」を習慣化
「魚の醤油さし」は、日本では常に食事のそばにセットで存在する、おなじみの存在です。そんな見慣れた存在が、清潔さや安全を象徴する青のキャップで「#SafeHand」のシンボルとなり、「個人の衛生管理」の意識づくりを啓発します。“#SafeHandFish”では、「魚の醤油さし」に充填した除菌液を#StayHomeで需要が高まるフードケータリングや中食業界に無償で提供し、生活者のもとへ届けます

※詳細や注意事項に関しては下記製品サイトをご覧ください。
・“#SafeHandFish“プロジェクト WEBサイトURL:http://cleanseex.com/safehandfish/
・“#SafeHandFish”プロジェクト概要ムービー Youtube URL:https://youtu.be/DflPKoKitm8

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。