永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

”飲める生チョコ!?” ママノチョコレートが贅沢な味わいの『生チョコソース』を発売。

株式会社コータローのプレスリリース

赤坂見附にママノチョコレートを展開する、株式会社コータロー(所在地:東京都港区赤坂、代表取締役:江沢孝太朗)は、2020年8月18日(火)に”飲める生チョコ”のような贅沢な味わいの生チョコソースを発売いたします。

贅沢な味わいの生チョコソース
朝食やデザートを贅沢な味わいで楽しむ”生チョコソース”です。
(チョコソースの動画はこちら!https://youtu.be/rYVsgQESG3g

パンケーキ、食パン、アイス、プリンなどにかけたり、ソフトクリームにたっぷりチョコソースとお酒(ブランディ、ウイスキー、甘口シェリー)をかけるのもオススメです。チョコレートを添えたいな、という場面では何にでもお使いいただけます。

飲める生チョコ
今回の生チョコソースは、ママノのチョコパンケーキやチョコかき氷と言った商品に添える形で提供していたアリバチョコソースを単体で発売して欲しいとの声にお応えした商品です。それぞれの用途で配合を調整してきたソースを、ご自宅で色々な用途で使っていただけるように、1から配合を見直して作りました。

生チョコに近いようなしっかりとしたチョコレート感がありつつも、手軽にたっぷりと食べられるソースになっています。そのまま飲んでも美味しい”飲める生チョコ”のような食感です。

使いやすさの秘密
ココアパウダーを中心に配合されたチョコシロップやチョコソースは食料品店などで見かけることがありますが、”チョコレート”を中心に作られているチョコソースは珍しいのではないかと思います。良質なチョコレートにはカカオバターが含まれており、チョコレートの配合量を増やすとリッチ感が増しますが、ソースとしての流動性(使いやすさ)を保つのが難しくなります。

ママノの生チョコソースは、風味と使いやすさの両方を追求した商品となっています。
食料品店などで販売されているチョコシロップほどさらさらではありませんが、冷蔵状態でも片手で絞ることができて、トーストしたパンにかければ熱でさっと溶けてくれます。アイスにかけても固くなりません。

アリバカカオの風味を最大限に引き出すことよりも、食べやすさや使いやすさとのバランスを求めた商品です。リッチなカカオ感を感じながらも後味をすっきりさせた事で、たっぷりかけてもくどくなりません。”飲む生チョコ”としてそのまま食べていただいてもご満足いただけると思います。

MCTオイルとは
ママノでは身体が喜ぶ自然素材を積極的に選んでいます。今回油脂で使用しているMCTオイル(中鎖脂肪酸)は自然素材ではありませんが、一般的なオイル(長鎖脂肪酸)の半分の分子サイズで、消化吸収が早く適量を摂取することは身体に良いと言われている素材です。

色々な場面でお使いいただけます
どら焼きやチーズケーキに合わせていただくと、新しいチョコレートデザートに生まれ変わります。

”チョコレート”をかけたら美味しいだろうな、という色々な場面で活躍してくれる生チョコソースです。皆様の生活に彩りを添えることができれば幸いです。

商品概要
生チョコソース 700円(税込)
販売場所 赤坂見附店、オンラインショップ
https://mamano-chocolate.com/products/sauce


Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。