2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

<日経POSセレクション平成売上NO.1に輝いた“純正こうじみそ”> 発売50年目に待望のカップタイプが仲間入り 「カップ純正こうじみそ650g」新発売 ~伝統の味はそのままに、使い勝手をグンと良く~

マルサンアイ株式会社のプレスリリース

マルサンアイ株式会社(本社:愛知県岡崎市、代表取締役社長:渡辺 邦康)は、今年で発売50周年を迎えた“純正こうじみそ”シリーズの新商品「カップ純正こうじみそ650g」を2020年9月1日(火)に全国で発売いたします。

■「カップ純正こうじみそ650g」商品情報
今年発売50周年を迎えたロングセラー「純正こうじみそ」のカップタイプです。
マルサン「純正こうじみそ」は、日経POSセレクション平成売上NO.1(一般みそカテゴリー)に選出いただき、1970年の発売以降長きに渡りご愛顧いただいております。これからもみなさまに支持いただけるブランドであり続けるために、「純正こうじみそ」伝統のおいしさはそのままに、時代のニーズにあわせて使いやすい容器形態・容量にしたものが「カップ純正こうじみそ650g」です。

希望小売価格 :358円(税抜)
発 売 開 始 日:2020年9月1日(火)
発  売  地  域 :全国
内 容 量  :650g
U  R  L   :https://www.marusanai.co.jp/lineup/detail-12034/

■“純正こうじ”シリーズ商品概要
・「純正こうじみそ」

1970年(昭和45年)発売、マルサンが誇るロングセラー商品。
米こうじのさわやかですっきりした味わいの中に、赤色系のみそのうまみもしっかりと感じられるこうじみそです。
一般にこうじみそは粒がつぶれる、香りが悪くなるなどの理由で昔ながらの量り売りが適しているとされ、スーパーマーケット隆盛期においても量販化できるこうじみそはありませんでした。そこで、マルサンはフィルムメーカー、自動包装機メーカーとの共同開発により業界初のガセットタイプ(自立できる袋)で、「純正こうじみそ」を発売。商品を寝かせて陳列するピロータイプしかなかった当時としては、自立するガセットタイプは非常に画期的であり、また量り売りでしか手に入らなかったこうじみそが手軽に買えるということで広く普及しました。麹歩合が高く甘めのみそが好まれる傾向にある現在においても、みそのコクやうまみがしっかり味わえる「純正こうじみそ」は時代を超えてご支持いただいております。

※日経POSセレクション「平成売上No.1」とは
日本経済新聞が、全国のスーパー、コンビニエンスストアなどから収集した販売実績データ(日経POS情報)を元に、1989年(平成元年)~2019年(平成31年)の平成31年間を通じての消費動向調査を実施し、商品カテゴリーごとに売り上げ1位の商品を選出するものです。
※受賞アイテムはマルサン「純正こうじみそガセット袋1kg」(JAN:4901033120016)です。
 現在は「純正こうじみそ750g」(JAN:4901033120023)にリニューアルしております。
・「減塩純正こうじみそ」

減塩タイプの「純正こうじみそ」です。
日本食品標準成分表2015年版と比較して「赤色辛みそ」と比較して、
塩分(ナトリウム換算)を15%オフしました。

■マルサンアイ株式会社について
本社所在地 : 〒444-2193 愛知県岡崎市仁木町字荒下1番地
代 表 者 : 代表取締役社長 渡辺 邦康
資 本 金 : 8億65百万円
設  立  : 1952年3月
U R L  : https://www.marusanai.co.jp/
業 務 内 容 : 大豆を主原料とするみそ・豆乳、無菌充填技術を活かした飲料、その他食品の製造販売。
          2019年9月期の売上は、273億円。
当社では大豆を中心とした様々な製品の製造販売を通じて、企業理念である「健康で明るい生活へのお手伝い」を実現するとともに、今後も多くの方に大豆製品の魅力を感じていただけるよう、新商品開発や生活者との接点強化を図っていきます。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。