永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

「Tap Marché(タップ・マルシェ)」、台湾での本格展開開始

キリンビール株式会社のプレスリリース

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、新しいクラフトビールの楽しみ方を提案する「Tap Marché(タップ・マルシェ)」を、2020年7月から台湾において本格展開開始しました。海外での「Tap Marché」取り扱いは台湾が初となります。

「Tap Marché」は、「Marché(市場)」のように、個性豊かで多様なクラフトビールと多くのお客様が出会い、気軽に楽しんでいただく「場」を実現することで、新たなビール文化の創造を目指す取り組みです。当社が開発した1台で4種類のビールの提供が可能な小型のディスペンサーを設置することで、多様なクラフトビールをお楽しみいただけます。複数種類のクラフトビールを手軽に提供できる「Tap Marché」は高い評価をいただき、2017年4月の首都圏1都3県での展開を皮切りに、2019年末時点では日本国内で約13,000店の取り扱い規模となりました。2019年には「外食アワード2019」(特別協賛・焼肉ビジネスフェア事務局/居酒屋ジャパン事務局)も受賞し、日本国内でのクラフトビール市場の活性化と、ビール市場の魅力化に大きく寄与しています。

台湾においても、個性豊かで多様なクラフトビールは若年層を中心に支持が高まっており、クラフトビールを取り扱う店舗も年々増加し、クラフトブルワリーも過去5年で約2倍※1に増えています。ビール市場構成比に占めるクラフトビールの割合も段階的に高まっており、2019年には日本の約5倍にあたる約5%※2となりました。
クラフトビールの需要拡大により、飲食店にも幅広いクラフトビールラインアップが求められています。当社は1台で4種類のビールが提供可能な「Tap Marché」を2019年11月から台湾にてテスト展開してきましたが、手軽に複数種類のクラフトビールが提供できることと、個性豊かなスプリングバレーブルワリー(以下、SVB)ブランドが高く支持されたため、今年7月から本格展開を開始することになりました。
本展開によって、台湾のお客様の期待に応えるとともに、日本のクラフトビールの品質の高さをしっかり伝えることで、両国のクラフトビール市場の活性化を目指します。
※1 台湾経済部への登記数を基にキリンビールにて計算
※2 キリンビール調べ。日本のビール類市場における2019年のクラフトビール割合は0.9%程度。

キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。

台湾における「Tap Marché(タップ・マルシェ)」展開概要
1.名称:「Tap Marché(タップ・マルシェ)」

2.展開開始月:2019年11月よりテスト展開開始、2020年7月より本格展開開始
   ※日本では2017年4月に展開を開始、2018年3月14日(水)より全国展開開始

3.展開エリア:台湾の飲食店

4.展開ブランド:スプリングバレーブルワリーの5液種
  「496」「on the cloud」「JAZZBERRY」「Afterdark」「Daydream」

5.展開目的
「Marché(市場)」のように、個性豊かで多様なクラフトビールと多くのお客様が出会い、気軽に楽しんでいただく「場」を実現することで、台湾のお客様の期待に応えるとともに、日本のクラフトビールの品質の高さをしっかり伝えることで、両国のクラフトビール市場の活性化を目指します。

6.容器について
複数のクラフトビールの販売に適した3L小型ペットボトル容器を採用しました。

7.専用ディスペンサーについて
1台で4種類のクラフトビールが提供でき、省スペースで、容易に3L小型ペットボトル容器を交換できるディスペンサーです。飲食店が複数のラインアップの中から自店にあったクラフトビールを選ぶことが可能で、料理とクラフトビールを合わせた多様な提案ができます。また、取り扱うクラフトビールを変化させることで、お客様に選べる楽しさ、新しい発見を提供できます。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。