永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

株式会社X Asia、友人や家族と一緒に購入することで、商品をお得に入手できる「シェア買いアプリ『カウシェ』」をリリース

株式会社X Asiaのプレスリリース

株式会社X Asia(本社:東京都渋谷区、代表取締役:門奈剣平、以下X Asia)は、友人や家族と一緒に購入することで、商品をお得に入手できる「シェア買いアプリ『カウシェ』」を2020年9月1日より提供開始しましたことをお知らせいたします。また、これにあわせて個人投資家 篠塚孝哉氏(株式会社Loco Partners創業者・元代表取締役社長)を引受先として資金調達(金額非公開)を実施、同氏が社外取締役に就任いたしました。

 

■「シェア買いアプリ『カウシェ』」とは?
ショッピングの醍醐味ともいえる「この商品、よくない?」「一緒に買おうよ!」といったコミュニケーションを、オンラインで実現するショッピングアプリです。商品を選び、割引価格での購入を決定後、その情報をSNSでシェアします。友人や家族など、1人以上が同商品の購入を決めると「シェア買い」が成立し、定価の最大55%引き※1の値段でお得に商品を手に入れることができます。※2
※1:サービスリリース時の最大の割引率。商品により割引率は異なります。
※2:24時間以内に「シェア買い」が成立しなかった場合は、全額返金となります。

参考:ユーザー導線画像

 

■サービスリリースの背景
シェア買いアプリ「カウシェ」は、中国のECプラットフォーム「拼多多(Pinduoduo)」に着想を得ています。「拼多多」は、友人等と共同購入することによって、商品を割引価格で手に入れられる共同購入型ソーシャルECです。「シェア買い」によってお得に商品を購入できることや、ログインボーナスやミニゲームといったゲーミフィケーションによるエンタメ性が人気となり、2015年のサービスローンチからわずか5年で、年間6億8,300万人のアクティブな買い手を持ち、過去1年間で約19兆4千億円※1の流通を生み出しました。(参考:楽天市場※2の2019年度の流通金額は3兆9千億円)2020年には、アクティブユーザーベースでアリババに次ぐ中国第2位の電子商取引プラットフォームとなっています。

日本でもSNS利用数は年々増加※3し、EC化率も急速に増加※4している中で、友人や家族とオンラインによるコミュニケーションを楽しみながら、「シェア買い」によってお得にオンラインショッピングができるプラットフォームのニーズは高いと考え、サービスをリリースいたしました。

※1:Pinduoduo Second Quarter 2020 Results Presentationより
※2:市場、トラベル(宿泊流通)、ブックス、ゴルフ、チケット、ファッション、ドリームビジネス、ラクー、 ビューティ、マート、デリバリー、楽天ダイレクト、カーライフ、クーポン、ラクマ、楽天デリバリープレミアム、Rebates、Raxy、楽天西友ネットスーパー等の流通額の合計
※3:日本のSNS利用者数は年々増加し、2020年末には7,975万人に達する見込み。株式会社 ICT総研 「2020年度 SNS利用動向に関する調査結果」より※4:日本のEC市場規模およびEC化率は、2010年から2018年までで2倍以上増加。平成 30 年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備 (電子商取引に関する市場調査)|経済産業省より

〈代表取締役 門奈剣平 コメント〉
「コロナ禍のモノの流通の停滞」を目の当たりにして感じたショックをキッカケに、私は、X Asiaを創業しました。コロナ禍で、飲食店は仕入れを止め、巨大な卸売市場も仕入れを控え、モノが大量に捨てられている状況を身近で見て、絶望的に感じました。一方で、日中ハーフの私の母国であり、直近3年間生活をしていた中国では、状況は異なっていました。世界で最もEC化が進んでいる中国では、Alibaba、JD.com、Pinduoduoを筆頭に様々な販売手段があり、休業に追い込まれているお店の販売員も、「ライブコマースで接客販売をする」など、「オフラインに代わる他の手段で販売を続けること」が出来ていたからです。この体験をキッカケに、日本のECには、進化すべき余白が沢山あること、またコロナ禍の経験により、ECは社会にとって重要なインフラになると強く思い、X Asiaの創業に至りました。これから私達は、世の中に新しいショッピング体験をつくることに挑戦していきます。

■資金調達に関して
X Asiaはサービスの拡大を目指して、 篠塚孝哉氏を引受先として資金調達を実施、また同氏の社外取締役に就任が決定いたしました。 篠塚孝哉氏からのコメントを紹介します。

〈 篠塚孝哉氏コメント〉
最高のチームが、非常に大きなマーケットで、トレンドの最先端でもあるプロダクトにチャレンジしていきます。「カウシェ」は、中国EC業界で最速で成長しているソーシャルEC「拼多多」の和製版とも言えるサービスで、友人や家族と楽しく一緒に買い物ができるショッピングアプリです。代表の門奈は、「宿泊予約サービスRelux」の創業1人目のメンバーとしてジョインしてくれて、共に事業を作ってきた仲間です。グローバル事業担当役員として、訪日事業ドメインで約50億円の流通額を創出した彼の能力には全幅の信頼を寄せています。新しいショッピング体験に挑む「カウシェ」にご期待ください。

X Asiaは、「シェア買いアプリ『カウシェ』」を通じて、「世界一楽しいショッピング体験」の提供を目指してまいります。

【カウシェ アプリ概要】
正式名称:KAUCHE(カウシェ) 
開発・運営:株式会社X Asia
対応端末:iPhone
サービス地域:日本
対応言語:日本語
サービス開始日:2020年9月1日
価格:無料※アプリ内課金あり
App Store:https://apps.apple.com/jp/app/id1527218749

会社概要
会社名:株式会社X Asia
事業内容:KAUCHE(カウシェ) の運営
代表者名:門奈剣平
所在地:〒151-0065 東京都渋谷区大山町45-3

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。