永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

2020年酒税税率改正前消費者アンケート実施!

サッポロホールディングスのプレスリリース

昨今「家飲み需要の増加」、「節約意識の高まり」を背景に、新ジャンルの売上が好調です。2020年10月の酒税税率改正(以下、税率改正)により、店頭価格の上昇が想定される新ジャンルですが、新ジャンルユーザーの購買意欲はどのように変化するのか、サッポロビール株式会社がアンケートを実施しました。

 

 

◇アンケート結果サマリー

  • 税率改正の認知率は約5割。「知らない」が「知っている」を上回った。
  • 新ジャンル飲用者の30-60代の約3割が税率改正前に新ジャンルの購入量が「増える」※1と回答。
  • 新ジャンルを選ぶ際に重視するポイントは「ビールに近い味わい」「飲みやすさ」「価格」が上位で、価格以外に“おいしさ(味覚満足)”が重要であることがわかった。

 

 

  • 税率改正の認知度

10月に行われる税率改正についての認知度調査では、「知っている」が45なのに対し、「知らない」が55%という結果になりました。
 

→9月末にむけて店頭プロモーションなどで税率改正の認知があがることにより、購買意識がさらに変化すると想定されます。

 

 

  • 新ジャンル飲用者の30-60代で約3割が税率改正前に新ジャンルの購入量が「増える」※1と回答

新ジャンル飲用者では、主飲用者層といわれている5,60代※2だけでなく、30代以上の幅広い年代層で約3割が税率改正前に新ジャンルの購入量が「増える」※1と回答しました。
 

→幅広い年代で税率改正前に新ジャンルの購買意欲が高まり、売上に寄与すると予想されます。

※1 本資料では、アンケート内で「増える」または「やや増える」と回答した人数を合計して算出した結果を「増える」と示しています。
※2 当社調べ(SRI)

 

 

  • 新ジャンルを選ぶとき、ビールに近い味わい、飲みやすさ、価格を重視

「新ジャンルを選ぶ際に重視する点はなんですか。」という問いに対し、「ビールに近い味わい」「飲みやすさ」「価格」が上位に選ばれています。

 

→新ジャンルを選ぶ際には、「価格」だけでなく「おいしさ(味覚満足)」が重要であり、税率改正による店頭価格上昇後には、より一層新ジャンルユーザーの「おいしさ」への要求は高まると想定されます。

 

 

 

◇サッポロビールの税率改正前の新ジャンル戦略

  • 「麦とホップ」「ゴールドスター」によるツートップ戦略を推進します

■異なる「おいしさ価値」を追求した2商品でお客様の期待に応えます。
■店頭の景品付販売でまとめ買い促進プロモーションを実施します。
■応募型のキャンペーン(新米かLINEポイントが当たる)でリピート購買促進のプロモーションを実施します。(期間8/17~10/18)

 

 

  • 3割増産で高まる消費者のニーズに応えていきます

◆新ジャンル総需要予測(当社推計)
・本年1-7月総需要累計は前年比106%で推移しています。
・税率改正前は駆け込み需要などの影響で、9月の新ジャンル総需要110%を想定しています。

◆当社の新ジャンル販売計画と増産数
・本年の1-7月累計前年比は134%。ツートップ戦略が機能し、総需要推計を大きく上回って推移しています。
・9月は、昨年の消費増税前駆け込み需要や麦とホップリニューアル好調※3の裏返しが想定されますが、当社総需要予想を上回る前年比129%の販売を計画し、製造数は前年より3割増産を予定しています。

※3 19年9月単月前年比は、新ジャンル118%、麦とホップ単体138%

 

 

<消費者の方>
サッポロビール(株)お客様センター
℡ 0120-207-800

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。