永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

エナジードリンク「ZONe」の新商品「ZONe DEEP DIVE Ver.1.0.0」9月8日(火)発売人気アーティストとのコラボ企画「IMMERSIVE SONG PROJECT」第2弾が決定

株式会社カヤックのプレスリリース

株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、以下「カヤック」)は、エナジードリンク「ZONe」の新商品「ZONe DEEP DIVE Ver.1.0.0」の9月8日(火)発売に先駆け、人気アーティストとコラボレーションする「IMMERSIVE SONG PROJECT(イマーシブ ソング プロジェクト)」第2弾の決定を本日お知らせいたします。

「ZONe」は、eカルチャー※をつくるクリエイターとファンをサポートするエナジードリンクです。今回発売する「ZONe DEEP DIVE Ver.1.0.0」は、いままでの「ZONe」とは全く異なる新フレーバーでユーザーの皆様に新しい没入感を提供します。本プロジェクト第2弾では、第1弾に参加した「Kizuna AI(キズナアイ)」「花譜」の2人が今回はコラボする他、謎のラップユニット「Gorilla Attack」、 ネット発の話題のシンガー「yama」に、「ZONe」のコンセプトである IMMERSIVE=没入 をテーマにした新しい楽曲やミュージックビデオを制作いただきました。第2弾のコラボ楽曲は、9月7日(月)に公式サイト(https://cp.zone-energy.jp/music/)で発表いたします。
カヤックは、「ZONe」のブランディングおよび本プロジェクトの企画、サイト制作をお手伝いさせていただいています。 今後も、「ZONe」を通じてeカルチャーを愛するファン、クリエイターに楽しんでいただけるコンテンツを発表していく予定です。

※V Singer、イラストレーター、eスポーツなど最先端テクノロジーとSNS時代から生まれた新しい、音楽、アート、ゲームを指します。
 

  • それぞれの世界観をもつ4人のアーティストが書き下ろしたコラボ楽曲

「ZONe  Ver.1.0.0」の発売に合わせて実施した「IMMERSIVE SONG PROJECT」の第1弾。第2弾は、いままでの「ZONe」とは全く異なる新フレーバー「ZONe DEEP DIVE Ver.1.0.0」の発売を記念し、4人の新進気鋭アーティストにコラボ楽曲とミュージックビデオを制作いただきました。「Kizuna AI(キズナアイ)」と「花譜」は、「Kizuna AI(キズナアイ)」のYoutube音楽番組「Virtual Music ZONe(VMZ)」や本プロジェクト第1弾での共演などをきっかけに、9月にコラボ楽曲をリリースすることを発表しています。その中の1曲が、本プロジェクトとコラボレーションした楽曲になります。情報は適宜、公式サイト(https://cp.zone-energy.jp/music/)にて公開して参ります。
 

  •  「Kizuna AI」からのコメント

「花譜ちゃんとの初コラボ曲、ZONeさんにもサポートいただき素敵なMVも完成しました!是非楽しみにしててください!」

■「Kizuna AI」プロフィール
Kizuna AI(キズナアイ)は、2016年12月に活動を開始したバーチャルタレント。「あなたとつながりたい」という想いから世界初のバーチャルYouTuberとして活動を続け、自身のYouTubeチャンネル「A.I.Channel」の登録者数は280万人を突破。
2018年7月に1stシングル「Hello, Morning」をリリースし、Spotify国内週間バイラルチャートランキングで1位を獲得。同年10月には異例の9週連続リリースを開始、全楽曲でiTunes Storeエレクトロニック・チャート1位を獲得した。2019年にはコラボ楽曲としてW&W ft. Kizuna AI「The Light」や「AIAIAI feat. 中田ヤスタカ」をリリース、SUMMER SONIC 2019にも出演。2020年4月には自身初のEP「Replies」をリリースし、国内外から注目を集めている。©︎Kizuna AI
 

  • 「花譜」からのコメント

「キズナアイちゃんとのコラボ曲が、なんと、なんと再びZONeさんとのコラボソングに決定しました!前回の『危ノーマル』とはまた違った愛への『没入』が見えると思います…!!是非聴いてもらえたら嬉しいです!!!」

■「花譜」プロフィール
日本の何処かに棲む、何処にでもいる、何処にもいない16才。
様々な偶然により発見された類い稀な歌声を持つ次世代型バーチャルシンガー。
2018年10月、バーチャルアーティスト・バーチャルインスタグラマーとして、仮想世界を拠点としながら現実世界への活動を本格始動。以来、彼女の歌声とSNSにアップされるリアルとバーチャルが融合されたミュージックビデオや写真が話題を呼び、フォロワーが急増。現在、YouTubeチャンネル登録者数は36万人を超えている。
 

  • 「Gorilla Attack」からのコメント

「gorillaはコンクリートのなかで踊る。ここではないどこか、無機質なあの世界はZONeの協力無しには創り出せなかった。拡張されゆくgorillaの街を楽しんでいただければ幸いだ」

■「Gorilla Attack」プロフィール
TOKYO に突如出現したヒガシローランドとニシローランドからなる2MC’s。
ブラック・ミュージックを消化したトラックの上でストレートに紡がれる言葉たちが、聴く者の心を離さない。未だかつて前例のない、ダークでメロウなアーバン・ラップ・ミュージック。
これまでの活動は、昨年8月1日に1stシングル、”Gorilla Anthem” をリリースしたのみ。 
トラックメイカーにササノマリイを起用し、この新ユニットの文字通りのアンセムとして制作された同曲の MVは、水溜りボンドのカンタ(佐藤寛太)が監督し、俳優の清水尋也が出演したことも話題に。
YouTube上での公開以降、完全数量限定のカセットテープがヴィレッジヴァンガードの一部店舗&オンラインストアにて販売された。2020年9月9日には1st EP『GORILLA CITY』をリリース。本作品は最新R&Bマナーを昇華した、メロウかつダークなサウンド上で、時にはメロディアス、時にはハードに、変幻自在のフロウと気高いメッセージがスリリングに交錯する、Gorilla Attackの初作品集。
 

  • 「yama」からのコメント

「聴いた瞬間没入へのスイッチが入り、最後には自分を奮い立たせてくれるような、そんな楽曲をくじらさんに書いていただきました。自分もそれが伝わるような表現ができたと感じています。音楽、映像、全て含めて楽しんで頂ければ幸いです…!」

■「yama」プロフィール
SNSを中心にネット上で注目を集める新世代シンガー「yama」。
2018年よりYoutubeをベースにカバー曲を公開し活動をスタート。
2020年4月に自身初のオリジナル楽曲としてリリースされた「春を告げる」はSNSをきっかけに爆速的にリスナーの心を掴み、あらゆるヒットチャートでトップにランクイン。2020年の音楽シーンを象徴するアーティストの1人。

  •  ZONe DEEP DIVE Ver.1.0.0商品概要
商 品 名容 量希望小売価格(税別)発売期日
ZONe DEEP DIVE Ver.1.0.0500ml190円(税別)9月8日(火)

▼発売地域    全 国
【ZONe公式サイト】https://zone-energy.jp/

===
株式会社カヤック
https://www.kayac.com/
固定概念にとらわれない発想力・企画力、形にしていく技術力を強みに、ゲームアプリや広告・Webサイト制作を始め、最新テクノロジーとアイデアを掛け合わせた新しい体験をユーザーに提供しています。社員の9割にあたる約270名がデザイナーやプログラマーなどのクリエイター人材で「つくる人を増やす」を経営理念に多様性を生かしたユニークな人事制度や経営を行なっています。

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。