永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

かりがねほうじ茶64%使用の日本版ミルクティー! 大人のラテ 「インスタント ほうじ茶ラテ」 今年も限定発売

日本緑茶センター株式会社のプレスリリース

クレイジーソルト、ポンパドール・ハーブティー、茶語(Cha-Yu)、ティーブティックを手がける日本緑茶センター株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北島大太朗)は、秋冬の定番ドリンク・ほうじ茶をミルクティーのように手軽に楽しめる「インスタントほうじ茶ラテ」を、好評につき昨年に続いて今年も2020年9月4日(金)に数量限定発売いたします。

「インスタントほうじ茶ラテ」は、発売以来5年間で売上2倍増の売上を記録している人気商品です。
芳ばしい香りと本格的な味わいのほうじ茶をコクのあるミルキーなラテに仕上げました。
粉末をサッとお湯に溶かすだけですぐ飲めるインスタントドリンクとして、手軽にお楽しみいただけます。
個装のスティック状ではないので、ドリンクの濃さもお好みで調節していただけます。
2019年に原材料を見直し、京都府産かりがねほうじ茶を64%使用した無添加ドリンクになりました。
甘さをひかえた味わいは、ほうじ茶の香ばしさを楽しみたい方へ『大人のラテ』として
パッケージは、金色が光る市松模様の和柄デザインです。
 

  • 商品特徴

■京都府産 かりがねほうじ茶パウダー64%使用
緑茶の茎の部分を使ったお茶を京都では「かりがね茶」と呼びます。その茎の部分を焙じたお茶がかりがねほうじ茶で、「茎茶」「棒茶」とも言います。茎茶は葉茶に比べて渋みが少なく、すっきりした味わいが特徴です。
「かりがね(雁が音)」という名前は、雁(渡り鳥)が海上で休む小枝に茎の形が似ていたことが由来と言されています。
「インスタントほうじ茶ラテ」は、京都府産のかりがねほうじ茶パウダーを贅沢に64%使用しました。
芳ばしいほうじ茶とミルクのコクを味わう“大人のラテ”として、甘さをひかえめに仕上げているのも特徴です。
粉末をお湯で溶かすだけで、ほうじ茶ラテの本格的な味わいを手軽にお楽しみいただけます。

■安心の香料・乳化剤・人工甘味料『無添加』
香料・乳化剤・人工甘味料は『無添加』。素材本来の自然な香りと味わいを、安心してお召し上がりいただけます。

■日本茶のとしてもイメージを大切にした和柄のパッケージ
パッケージは、和柄の定番・市松模様に、ほうじ茶ラテをイメージした黄色と茶色、金箔のように光る金色でデザインしました。市松模様は、日本では古くから途切れず続く石畳のように繁栄や拡大を表す縁起の良い模様とされています。
 

  • 商品概要

 

 

ブランド名
商品名
ティーブティック
インスタント ほうじ茶ラテ
発売日
販売地域
2020年9月4日(金)
全国
原材料名乳等を主要原料とする食品、砂糖、乳糖、ほうじ茶(かりがねほうじ茶64%)、
食塩、酵母エキスパウダー
内容量90g(約10杯分)
金額480円+税
主要売場輸入食料品店、量販店、弊社オンラインストア「ティーブティック」 他

 

日本緑茶センター株式会社HP
https://www.jp-greentea.co.jp
オンラインサイト「ティーブティック」
https://www.tea-boutique.jp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。