永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

最も高値がついたお酒の銘柄は?2020年上半期 ウリドキ高価査定ランキングを発表!

ウリドキ株式会社のプレスリリース

買取一括査定の「ウリドキ」(https://uridoki.net/)を運営するウリドキ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:木暮康雄)は、2020年1月〜8月末までの期間に、ウリドキ内で高値がつけられたお酒の銘柄を集計しました。これに基づき、お酒の高価査定ランキングTOP10を発表します。

高価査定ランキングで1位に輝いた「響35年 十三代今右衛門作」は、サントリーウイスキーの響35年を、人間国宝である十三代今右衛門がデザインした色絵磁器のボトルに詰めたものです。日本の伝統工芸とジャパニーズウイスキーが融合した特別なお酒で、2002年に150本限定で販売された希少性が高価査定の大きな理由です。

ジャパニーズウイスキーがTOP10に名を連ねる中、2位はワインの帝王と称される「ロマネコンティ 2014」でした。特級畑で収穫されるピノ・ノワールが原材料で、伝統的な手法に基づいて生産されてるため、大量生産ができません。生産本数の少なさから高額で取引されていると考えられます。

3位は、サントリー「エイジ・アンノウン」でした。このお酒は一般で販売されておらず、1989年にサントリーの初代社長・佐治敬三氏が勲一等瑞宝章を受賞した際の祝賀パーティー用につくられ、パーティーの参加者に記念品として配られたウイスキーです。最低でも25年熟成されており、5位にランクインする「山崎25年」のオリジナルバージョンと言われています。

今回の調査で、「響」「余市」「山崎」といったジャパニーズウイスキーのランクインが目立ちました。朝ドラや世界的コンテストでの受賞をきっかけに、近年ジャパニーズウイスキーに注目が集まっています。

ニーズが高まっている一方で、ウイスキー生産のもとになる原酒不足が価格の高騰に拍車をかけていると考えられます。今年3月には「竹鶴17年」「竹鶴21年」「竹鶴25年」の販売が終了しました。供給量の減少により、今後もジャパニーズウイスキーの買取価格は上昇していくと予想されます。

■ お酒買取の関連記事


・お酒買取専門店おすすめ人気ランキング

https://uridoki.net/sake/kiji_167303/

・ジャパニーズウイスキー買取ランキング
https://uridoki.net/sake/kiji_31483/

・ロマネコンティ
https://uridoki.net/sake/kiji_16693/

■ 買取一括査定「ウリドキ」とは?

モノを売りたい人とプロの査定士を繋ぐ「ウリドキ」は、全国の買取店へ査定に出せる完全無料の一括査定サービスです。

商品の写真や状態を入力して査定を申し込むと、最大10社から査定額の見積もりが受け取れます。複数店舗に問い合わせることなく、1度の申し込みで買取価格の比較が可能です。

メッセージ機能で査定士と直接やりとりし、「高く売りたい」「素早く売りたい」「信頼できる買取店に売りたい」など目的に合った買取店へ売ることができます。

買取一括査定「ウリドキ」URL:https://uridoki.net/
買取情報メディア「ウリドキプラス」URL:https://uridoki.net/news/

また、ウリドキでは、ご参加していただける買取業者様を広く募集しております。買取にお悩みのある企業様は、お気軽にご相談ください。

問い合わせ先:https://uridoki.net/shop_entries/new

■ 会社概要

会社名:ウリドキ株式会社
所在地:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-19-11 道玄坂セピアビル5階
設立:2014年12月
代表者:木暮康雄
URL:https://uridoki.co.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。