永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

「第7回料理レシピ本大賞 in Japan」授賞式が朝日新聞東京本社の食堂で開催!

株式会社朝日新聞社のプレスリリース

 料理レシピ本大賞 in Japan実行委員会が運営する「第7回 料理レシピ本大賞 in Japan」の受賞作が発表され、株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)の東京本社食堂「Hachi Café Dining」にて授賞式が開催されました。

 「料理レシピ本大賞 in Japan」(http://recipe-bon.jp/)は、各出版社からレシピ本のエントリーを受け付け、書店員からなる「書店選考委員」と、料理専門家からなる「特別選考委員」による投票によって各賞が決まります。今年度は全国の出版社から123作品がエントリーされ、その中から、全国237名の書店選考委員と、料理専門家である特別選考委員によって大賞を含む全11受賞作品が選考されました。料理部門・大賞には、料理研究家であるリュウジさんの「ひと口で人間をダメにするウマさ! リュウジ式 悪魔のレシピ」(ライツ社)が、お菓子部門・大賞にはてぬキッチンさんの「材料2つから作れる! 魔法のてぬきおやつ」(ワニブックス)が選ばれました。

 授賞式が行われたのは9月8日(火)、メディアパートナーである朝日新聞社の東京本社食堂「Hachi Café Dining」です。賞のアンバサダーを務めるタレントの天野ひろゆきさん(キャイーン)や、大賞を受賞したリュウジさんをはじめ、受賞者の皆さんが来社した授賞式の模様は、YouTubeライブにて中継されました。大賞を授与されたリュウジさんは「このような素晴らしい賞を賜り大変光栄です。この本がさらに皆様の手に渡り、料理の楽しさや素晴らしさに触れていただければと思っています。」とコメントしています。
 会場では、料理部門・大賞「ひと口で人間をダメにするウマさ! リュウジ式 悪魔のレシピ」より『無水白菜カレー』、お菓子部門・大賞「材料2つから作れる!魔法のてぬきおやつ」から『小鍋で簡単!チョコプリン』の2品が実際に提供されました。代表して試食をした天野さんは「おいしい!お店のようです。どちらのレシピも試してみたい。」とコメントしました。
 

 受賞作は9月9日付(一部地域は10日付)朝日新聞朝刊一面の企画広告で特集いたします。また、全国の協力書店にてフェアが開催されるほか、YouTubeチャンネル「ブックマちゃん」(https://www.youtube.com/channel/UCTEBbl-g9RXGAkaeVBIdCpw)でも天野ひろゆきさんをゲストに迎えて紹介します。

受賞作品リスト
<料理部門>
大賞  ひと口で人間をダメにするウマさ! リュウジ式 悪魔のレシピ(ライツ社)
準大賞 藤井弁当(学研プラス)
入賞  syunkonカフェごはん レンジでもっと! 絶品レシピ(宝島社)
入賞  朝10分でできる スープ弁当(マガジンハウス)
入賞  力尽きレシピ(光文社)

<お菓子部門>
大賞  材料2つから作れる! 魔法のてぬきおやつ(ワニブックス)
準大賞 志麻さんの気軽に作れる極上おやつ(マガジンハウス)

<こどもの本賞>
おにぎり(福音館書店)

<エッセイ賞>
頑張らない台所〜60歳からはラクしておいしい(大和書房)

<コミック賞>
私でもスパイスカレー作れました!(サンクチュアリ出版)

<特別選考委員賞>
フライパン煮込み(主婦と生活社)
 

リュウジさんプロフィール
 料理研究家。TV・漫画のレシピ監修や、食品メーカー、大手スーパーマーケット等とのタイアップによるレシピ開発、自治体での講演も多数手がける。著書は累計75万部を突破。
 「今日食べたいものを今日作る!」をコンセプトに、Twitterで日夜更新する「簡単・爆速レシピ」が話題を集め、SNS総フォロワー数は約350万人。料理動画を公開しているYouTubeも大人気。
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。