永野芽郁さん出演「カルピスウォーター」×「Official髭男dism」新TVCM公開

トランジットジェネラルオフィスが新しいカルチャーを提案するフラッグシップレストラン「THE UPPER」を、2020年11月5日(木)東京。丸の内に新たに誕生する「丸の内テラス」内にグランドオープン!

株式会社トランジットジェネラルオフィスのプレスリリース

株式会社トランジットジェネラルオフィス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 中村 貞裕)は、「丸の内NEXTステージ」再開発計画の第1弾となるプロジェクトによって誕生する「丸の内テラス」内に、2020年11月5日(木)、フラッグシップレストラン「THE UPPER(アッパー)」のオープンを決定いたしました。

「THE UPPER」のコンセプトは、“TOKYO CLASSIC RESTAURANT”。
新しいクラシック(最高水準)を体現する料理と空間、そしてホスピタリティ溢れるサービスで、東京・丸の内にダイナミズムをもたらし、新しいカルチャーの風を吹き込みます。

料理監修を務めるのは、「Asia’s 50 Best Resaurant 2020」で10位にランクインし、「シェフズ・チョイス賞」も併せて受賞した大阪「La Cime」の高田裕介シェフ。高田シェフによる世界を驚かせたイノベーティブな感性とテクニックで、“古典×先端”、“東京×世界”といった相反する要素をかけ合わせながら、既成概念にとらわれない独創的なフレンチメニューを東京・丸の内にてカジュアルにご利用いただけます。

店内インテリアは、オーストラリア・シドニーを拠点に、世界的に活躍するデザイン事務所「Luchetti Krelle」が担当。
“静寂と活気”をテーマに、2層ある店内を相反する要素を対比させた創造的な料理に相応しい洗練されたステージを作りあげました。コースメニューを提供する9階は“静寂”をテーマに、都会の喧騒を忘れられるような落ち着きのある自然素材とダークカラーを基調にした静謐あるエレガントな空間に。一方、アラカルトメニューやアフタヌーンティーセットがカジュアルに楽しめる10階は“活気”をテーマに、太陽の光が降り注ぐ明るいテラスへと続く開放的な空間を生かし、上質でありながらもモダンで軽快な印象に。
二つの異なる世界を内包する空間は、ゲストにくつろぎと高揚感をもたらします。

本物の価値を絶えずご提供しながら、未来のクラシック(古典)の創造を目指して誕生する「THE UPPER」。心揺さぶるエモーショナルな食体験を、お届けします。

リリースはこちらから
https://prtimes.jp/a/?f=d40062-20200916-3825.pdf

【THE UPPER店舗詳細】
正式名称 : THE UPPER
よみ : アッパー
住所 : 千代田区丸の内1-3 9F、10F
店舗面積 : 9階 : 380.62平米 / 10階 : 店内305.48平米、テラス 98.70平米 
定休日 : 日曜日
座席数 : 9F 100席 / 10F 120席 (店内76席+テラス44席)
Instagram : @theuppertokyo

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。