『鬼滅の刃マンチョコ』11月3日発売! シール全24種類

「SWEET CAFÉ」シリーズ発売から10年 人気パティシエと“ゼリー系スイーツ”を語る。

安曇野食品工房株式会社のプレスリリース

安曇野⾷品⼯房株式会社(代表取締役社⻑:佐藤勇⼆)は、「SWEET CAFÉ」シリーズ発売から10年を記念して、⾷の専⾨メディア「料理通信社」とタイアップし、2名の⼈気パティシエと”ゼリー系スイーツの可能性”について座談会を実施いたしました。

  • 「最後のひと口まで完璧が続くように。」――パティシエが語った味の秘密とは。

“ゼリー系スイーツ”は、特有のつるりとした喉越しや清涼感で、幅広い層から⼈気を得ています。温暖化も影響し、“ゼリー系スイーツ”は通年商品になりました。パティスリーにおいては、パティシエの創意⼯夫溢れるバリエーションが広がっています。今回はスイーツ界のクリエイションを牽引する、2名の⼈気パティシエの⽅と、ゼリー系スイーツを⾝近な流通商品として開発してきた弊社のマーケッターの3名で実施。互いの商品を食べ比べて、食感の出し方、味わいのバランス、素材の風味の引き出し方など、最後のひと口まで楽しんでもらえるよう工夫している点を、常日頃から市場動向を追うそれぞれの視点から語り合いました。

「SWEET CAFÉ 珈琲ゼリー」を試食した田中シェフは「カットしたゼリーがクリームに浸っているというのが新鮮です。コーヒーの苦味もちゃんと感じますし、甘さが控えめなので、どんどん食べてしまいますね。」と語り、菊池シェフは「コーヒーとクリームのバランスが完成されています。たっぷり食べてもらうためのバランスですね。」とそれぞれコメントをいただきました。

詳しい座談会のトーク内容は、WEB料理通信でお読みいただけます。

WEBサイト「The Cuisine Press」
https://r-tsushin.com/feature/movement/azumino_sweetscafe.html
 

  • 座談会にご参加いただいた2名の⼈気パティシエ

「パッション・ドゥ・ロー ズ」⽥中貴⼠シェフ「パッション・ドゥ・ロー ズ」⽥中貴⼠シェフ

⽥中貴⼠シェフ
パッション・ドゥ・ローズ

東京・恵⽐寿「タイユバン・ロブション(現・シャトーレストラン ジョエル・ロブション)」、東京・⻘⼭「ブノワ」で修業後、渡仏。パリ「des GATEAUX et du PAIN paris」でスーシェフを任される。帰国後、「be」「ブノワ」のシェフパティシエ、⽇本の「ピエール・エルメ・パリ」でスーシェフを務め、2013年⽩⾦⾼輪に現店オープン。
 

「パティスリー レザネフォール」菊地賢⼀シェフ「パティスリー レザネフォール」菊地賢⼀シェフ

菊地賢⼀シェフ
パティスリー レザネフォール

都内洋菓⼦店を経て「パーク ハイアット 東京」で修業後、渡仏。「パーク ハイアット・パリ・ヴァンドーム」で研鑽し、在仏中「ガストロノミックアルパジョンコンクール」優勝。帰国後、東京・⾃由が丘「ガトーナチュレール シュウ」でシェフパティシエを務め、パリのセバスチャン・ゴダール⽒の下での研修を経て、2012年現店開店。18年、中野区に2号店オープン。

 

  • 安曇野⾷品⼯房「SWEET CAFÉ」シリーズについて

安曇野⾷品⼯房の「SWEET CAFÉ」シリーズは、カットされたゼリーに濃厚なクリームがたっぷりと絡み、ゼリーとクリームを最後までバランス良く⾷べられる構造になっており、弾⼒のあるぷるぷるしたゼリーの⾷感とクリームのコクが満⾜感を⾼めます。様々なテクスチャーが楽しめるゼリー系スイーツを最後まで飽きることなくお楽しみいただけます。

また、この度10年間⽀えてくださったお客様に感謝の気持ちを伝えるために、「SWEET CAFÉ」ファンが選んだ「⾷べてみたいSWEET CAFÉ」第1位の「ほうじ茶ゼリー」が商品化し、新たにラインナップに加わりました。

 

製品情報(左から)

【商品名】SWEET CAFÉ 紅茶ゼリー
【内容量】190g
【価格】オープン価格

【商品名】SWEET CAFÉ カフェゼリー ホワイトモカ
【内容量】190g
【価格】オープン価格

【商品名】SWEET CAFÉ 珈琲ゼリー
【内容量】190g
【価格】オープン価格

【商品名】SWEET CAFÉ ほうじ茶ゼリー
【内容量】190g
【価格】オープン価格

【商品名】SWEET CAFÉ デカフェ珈琲ゼリー
【内容量】190g
【価格】オープン価格

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。