「セガコラボカフェ QuizKnock」開催!

【10月は食品ロス削減月間】初企画!食品ロス削減事業『ロスゼロ』と大丸心斎橋店が、10/14~10/27まで、コロナ禍で行き先を失った食品等を販売!

株式会社ビューティフルスマイルのプレスリリース

小売業界で大きな影響を持つ大手百貨店と、食ロス削減を目的とするベンチャー企業の連携は、持続可能な社会実現に向けた画期的な取り組み。両社は新しい消費のあり方を社会に提案します。

「おおさか食品ロス削減推進パートナー」認定企業​であり食品ロス削減を目指す『ロスゼロ』を運営する株式会社ビューティフルスマイル(大阪市西区)と、株式会社大丸松坂屋百貨店大丸心斎橋店(大阪市中央区)は、コロナ禍で販路を失った食品を10月14日から27日まで同店で販売する初のSDGsイベントを行います。

大手百貨店と食ロス削減を目的としたベンチャー企業による初めての企画は、消費者の意識向上及びエシカル消費(応援購入)を推進します。

■背景

食べられるにも関わらず廃棄される日本の食品ロスは、約612万トン(H29農林水産省推計)。2019年10月、食品ロス削減推進法が施行され、10月が「食品ロス削減月間」、10月30日が「食品ロス削減の日」となりました。
今春、コロナ禍により日本各地で行き場を失った食品が大量に発生し、現在も需要が読めずロスが発生しやすい不安定な状態です。しかしステイホームを機に、消費者はこれらの食品を積極的に応援購入する流れが生まれました。

■食品ロスとSDGs
食品ロス削減はSDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)の12番【生産と消費】及び13番【気候変動】の目標に該当。廃棄エネルギーによる温室効果ガスの削減です。

■イベント概要
【日程】 10月14日(水)~27日(火)全日10時より20時
【場所】 大丸心斎橋店 地一階イベントスペース
【販売食品】 スイーツ中心(全て賞味期限内)
※食品ロスは不定期・不定量に発生するため、販売品は開催期間内に入れ替わります。
※大丸心斎橋店ポールボキューズ食パンは毎日夕方以降の取り扱いです。無い日もあります。

 

食品例
・インバウンドや国内観光客の減少に影響を受けた全国のお土産や特産品(例:北海道ドライとうきび、丹波黒豆グラッセほか)
・カフェやレストラン休業の影響を受けたスイーツ材料。
・イメージ悪化と観光客の減少の影響を受けた関西のクルーズ船内のスイーツ。
・大丸心斎橋店出店企業の余剰食品(3分の1ルールの影響を受けたが賞味期限はまだ先のもの等)

 

■明確なコンセプトと店作り
・ロスゼロのブースでは、食品と共に「ロスになった理由」を明記。同店で取り扱われている食品と競合しない店作りを目指します。
・イベントによるロスが出る前に子供食堂等に連絡・連携(通常のロスゼロでは実施中)。
・大学生の食品ロス削減団体がロスゼロチームに一部合流。

■3方よしを超えた、≪5方よし≫

◎食品提供会社…廃棄コストを収益に変え、燃料によるCO2発生を抑制。
◎消費者…美味しく食べて社会貢献。お得に美味しいものが楽しめる。
◎大丸心斎橋店…食品ロス削減に向けた取り組みの加速。
◎ロスゼロ…もったいない食品と消費者の橋渡しができる。
◎日本の大きな社会課題「食品ロス」の削減

 

 

■『ロスゼロ』サービス概要

2018年4月より、製造や流通段階で行き場を失った余剰・規格外品食品を消費者に直接つなぐ食品ロス削減通販サイト『ロスゼロ』を運営。大阪府「おおさか食品ロス削減推進パートナー」認定企業。
「もったいない、を次の笑顔へ」をミッションとし、作り手のブランド棄損を起こさないようロスの理由や作り手の思いを丁寧に顧客に伝え、もったいないものをポジティブに消費してもらう「エシカル消費」を社会に提案。
収益の一部を大阪の子供食堂や福祉施設に寄贈。2020年5月は医療物資を病院に寄贈した。
他にも、規格外食材を積極的に使った食堂イベント「ロスゼロ食堂」を不定期開催するほか、食品ロスや環境に関する情報コンテンツを高校・大学生と共に作るなど人材育成にも注力している。

 

・ロスゼロURL:http://losszero.jp/

・会社名:株式会社ビューティフルスマイル 代表取締役 文美月
・所在地:〒550-0014 大阪市西区北堀江1-1-21四ツ橋センタービル9F
・事業内容:食品ロス削減事業『ロスゼロ』運営
・企業URL:http://beautifulsmile.co.jp/

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。