【話題】『鬼滅の刃』ブームが到来!全国で購入できる限定コラボグルメまとめ

日本文化を守る活動を支援するクラウドファンディング開始  リターンは純米吟醸酒「芸は売っても身は売らぬ」!

大友千里デザイン株式会社のプレスリリース

日本舞踊家兼ファッションデザイナー大友千里が、
社会問題と向き合う人のクラウドファンディング「GoodMorning」で
プロジェクト開始!

大友千里デザイン株式会社(本社:東京都江東区 / 代表取締役:大友千里(おおとも ちさと))は、2020年10月2日(金)~11月1日(日)の期間で、日本文化で生きていける日本を創る!ことを目的として、社会問題と向き合う人のクラウドファンディング「GoodMorning」でプロジェクトを実施いたします。
リターンのメインは大友千里プロデュースの純米吟醸酒「芸は売っても身は売らぬ」です。

クラウドファンディング挑戦中

プロジェクトページ: https://camp-fire.jp/projects/view/262488

▼クラウドファンディングに挑戦する理由
プロジェクト発起人である大友千里は、デザイナーとして海外出張に行けば行くほど、日本が素晴らしいと感じるようになりました。そして現代日本の普通の生活では、ココロとカラダを整える「情緒文化」と呼ばれる日本の文化が全く体感できない事にも気付きました。
現代人が楽しめる日本文化の発信や入口作りの活動をし始めて15年程。世界を羨望させる、純粋な日本の踊りが観られるSHOW&お食事処を開業するのが目標の一つです。
舞踊に限らず、「日本芸能を大勢の方に楽しんでいただけるイベントを開催し続ける事」、「日本文化の担い手が、それだけで生活して行ける様にする事」を使命と思って活動しております。
そこで、このたび「日本文化で生きていける日本を創る!」ことを目的としてクラウドファンディングに挑戦することにいたしました。

▼純米吟醸酒でリターンする理由
茨城県稲敷市の田んぼ屋さんで有機米こしひかり作りを手伝っており、友達や踊りの生徒さんを連れて田植え、稲刈り体験を行っています。「日本の風景と笑い声を後世に遺したい!」そして、農薬の身体への害、食料の国内自給率など田んぼ屋さんに教えてもらうほどに「無農薬でこんなに美味しいこのお米をもっと作りたい、広めたい!」という想いから初めての日本酒作りに挑戦しました。
日本では昔から、日本酒を作ることは自然への敬意を表して行う神様とのコミュニケーションとされてきました。そのような想いも継ぎ、お米も日本文化も永遠に途絶えませんようにと願いを込めてお酒を作りました。

▼「芸は売っても身は売らぬ」はこんなお酒です
有機米こしひかりは酒米に比べて割高になってしまうこともあり、なかなか条件も厳しく門前払いされることもありました。そのような中、三百年の伝統技術と品質へのこだわりを持つ来福酒造さんが、快く私たちの企画に賛同してくださいました。そして、お寿司やお刺身、大好きな和食に合うように「香り控えめ、爽やかでありながら、ふくよかな味わいの醇酒タイプ」のお酒にしていただきました。
有機米のうまみやコクを感じられる様、アルコール添加せず、60%ほどの磨きに抑えた純米吟醸酒で、商品名通り、愛嬌の中にも品格があるような、何度でもおかわり出来る食中酒に仕上がりました。冷やはもちろん、常温やぬる燗で出て来る絶妙な旨味もあり、どちらもとても美味しくいただけます。

▼リターンについて
■1,000円【御礼メール】
■3,800円【「芸は売っても身は売らぬ」1本(500ml)】+【御礼メール】
■5,000円【「芸は売っても身は売らぬ」1本(500ml)】+【深川めしの素2合分 1個】+【御礼メール】
 日本の郷土料理100選にも選ばれた深川めし!深川めし専門店「深川宿」の深川めしの素、2合分をセットにしました。お酒との相性もばっちり。お家で炊いてお楽しみください。
■5,000円【「芸は売っても身は売らぬ」1本(500ml)】+【深川あさり蒸籠飯 お食事券】+【御礼メール】
 両国駅前、江戸名物料理が味わえる複合施設、江戸NORENの中にある「門前茶屋 成る口」で、人気メニュー「深川あさり蒸籠飯」のお食事券が付いたセットです。
■15,000円【「芸は売っても身は売らぬ」1本(500ml)】+【浴衣+帯+下駄セット】+【御礼メール】
 着物を着るきっかけとして浴衣一式が付いたセットです。
■30,000円【「芸は売っても身は売らぬ」10本(500ml)】+【御礼メール】

▼大友千里からのコメント
新型コロナウイルスにより罹患された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
各業界に様々な影響を及ぼし、困難な状況が長引いておりますが、類にもれず私どもの日本舞踊教室も大きな影響を受け、店舗の解約を余儀なくされることとなりました。
また、出演が決まっていた盆踊り大会をはじめ様々なイベントが全て中止となりました。

しかしながら、日本文化の入口を作ろうと活動している私が、これで歩みを辞めるわけにはまいりません。こんな時こそ先頭に立って、1人でも多くの方に元気をお届けすることが使命だと思っております。

私が籍を置く細川流は、戦後焼け野原だったここ深川で、悲しみに暮れる人々と励ましあい、輪になって踊る為に、初代が日本三代日本舞踊流派の師範を返上し、自身の名で作った踊りの会です。
私の亡き師匠の言葉「踊りの輪で、人の和を」を胸に刻み、その意思を継承し、例え今、外出できなくても、大勢の皆さまと日本を楽しむイベント企画を続けていきたいと思います。

外出しずらい日々が続いておりますが、ぜひお家でこの美味しいお酒をお楽しみください。
皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。

「日本の心が世界を救う時が来る」とアインシュタインは言いました。
神様が日本を作ったことに感謝していたそうです。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。