『鬼滅の刃マンチョコ』11月3日発売! シール全24種類

株式会社タベルテクノロジーズ、「銀座ライオン」ブランドを展開する株式会社サッポロライオンが社食シェアリングサービスgreenでのランチ提供を開始。

(株)タベルテクノロジーズのプレスリリース

『健康的なランチをより身近に、もっとお得に。』をコンセプトに社員の健康にも配慮した全く新しい社食シェアリングサービスgreen(グリーン)を提供する株式会社タベルテクノロジーズ(本社:東京都渋谷区、代表的取締役CEO:田中勇樹、以下タベルテクノロジーズ)は2020年10月12日(月)より「銀座ライオン」などを展開する株式会社サッポロライオン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:三宅祐一郎)と提携し、greenでのランチ提供を開始致しました。

◼︎サッポロライオンについて

サッポロライオンは、1899年に誕生した国内初となるビヤホール『恵比壽ビヤホール』からスタートし、以来120年以上にわたり日本のビール文化・外食文化を牽引してきました。創業からの事業の柱としてビヤホール・ビヤレストランを展開しておりましたが、現在ではビヤバー・パブ・和食居酒屋・ワインバーなど幅広い業態の飲食店を運営しており、総合レストランチェーンとして店舗を展開しています。一方で多様なニーズに応える「新たな飲食シーン」の提案を続け、食文化と地域の発展と共に歩んできました。現在は約30業態・約170店を展開する【総合レストランチェーン】として、次なる100年に向け歩みを進めています。

 

◼︎サッポロライオン会社概要

社名:株式会社サッポロライオン
本社所在地:東京都渋谷区恵比寿1-23-23 恵比寿スクエア
創業:明治32年8年4日
創立:昭和24年9月1日
資本金等:48億7,821万円
事業内容:総合レストランチェーン

 

◼︎green販売メニュー

greenで販売するメニューの一部をご紹介致します。
(※2020年10月現在のメニューとなります。)

 ◼︎green利用可能店舗

・銀座ライオン 渋谷マークシティ店
・銀座ライオン アトレ恵比寿店
・ビヤレストラン銀座ライオン 恵比寿ガーデンプレイスグラススクエア店
・銀座ライオン 霞が関コモンゲート店
・YEBISU BAR 霞が関コモンゲート店
・恵比寿ビヤホール 恵比寿西口店
・THE DUBLINERS’ CAFÉ&PUB 渋谷店
※店舗は順次拡大予定です。
 

 ◼︎ 社食シェアリングサービスgreenについて
 

タベルテクノロジーズでは「健康的なランチをより身近に、もっとお得に。」をモットーに企業で働く社員様が健康的なランチを安く食べられる社食シェアリングサービス『green』を提供しています。greenは社員の健康に配慮し、福利厚生を活用した、全く新しい社食シェアリングサービスです。従業員様は15,000店の加盟店の中から近くの飲食店を社食として利用する事で安くランチが食べられ、通常の社食の1/100のコストで社食を実現出来ます。各企業の予算やランチニーズに合わせて利用方法をカスタマイズできるため、企業の課題を解決出来るとともに、従業員様の企業に対する満足度を向上することが出来ます。

 

 【タベルテクノロジーズについて】

社名 :株式会社タベルテクノロジーズ
所在地:東京都渋谷区円山町5-6 キングビル3F
代表者:代表取締役社長 田中 勇樹
設立 :2019年6月25日
資本金:66,519,824円
URL :https://tabeteku.com
greenサービスサイト:https://lp.green.work
greenデリバリーサービスサイト:https://gdelivery.work
green WORKSサービスサイト:https://lp.green.work/green-works/

 

 

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。