【ふるさと納税】寄付金額8%分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン開催中

調味料選手権2020 No.1調味料決定! 栄冠はジョン事務所合同会社の『LOVEPAKU』  ~コロナ禍で今年はリアルイベントとWEBの融合にて開催~

一般社団法人日本野菜ソムリエ協会のプレスリリース

一般社団法人日本野菜ソムリエ協会(所在地:東京都中央区、理事長:福井 栄治、以下 当協会)は、調味料の魅力を社会に広めるイベント『調味料選手権 2020』を調味料の日を記念して本年も開催しました。
11回目を迎える今回は、全国各地から過去最多161品の調味料がエントリーされ、調味料ソムリエら食の専門家による一次専門家食味審査会で選抜された33品が11月3日(火・祝)の最終審査会およびWEB投票・販売に臨みました。
当日は会場である東急プラザ銀座にて総勢450名ほどの一般来場者に「食べてみたい・購入してみたい調味料」に投票いただき、会場にて商品の販売をしました。また同時開催として調味料選手権公式Instagramで「いいね!」による投票、日本野菜ソムリエ協会公式ECサイトで販売を行いました。全ての投票および購入を得点化し、一次専門家食味審査会の得点にて総合1位~3位を決定。また商品の独自性や個性を評価した各部門最優秀賞、特別審査員による特別賞が発表いたしました。

■調味料選手権公式Instagram
@eventchomiryo
https://www.instagram.com/eventchomiryo/

調味料選手権公式Instagram

■日本野菜ソムリエ協会ECサイト
https://revege.shop-pro.jp

日本野菜ソムリエ協会ECサイト

■調味料選手権について
新しい調味料の斬新性やインパクト・使用用途などを評価し、新しい可能性の掘り起こしに寄与します。全国各地の知る人ぞ知るご当地調味料やメーカーいちおしの調味料を発掘し、社会にその存在を広く知らしめるきっかけとなることを目的としています。調味料の魅力を社会に広め、調味料業界がいっそう活性化することを目指し、当協会が記念日として登録している11月3日「イイ味覚の日/調味料の日」に、これまで11年間、最終審査会および表彰式を実施してきた品評会形式のイベントです。

■総合1位
LOVEPAKU/ジョン事務所合同会社
国産材料にできるだけこだわり、生の野菜やハーブを手作業でしかできない工程も含めて生産しています。その手間のかかる製法により最高の風味や舌触りを生み出しています。

総合1位/LOVEPAKU

■総合2位
桜坂観山荘のだし/株式会社観山
素材は上質な国産を厳選し、化学調味料や保存料を含まない出汁パックです。またアレルギーで困っている方にも安心して使って頂ける様に小麦・大豆などのアレルゲンも含んでいません。料亭の女将が自宅で家族に食べさせるならと開発した口福だし。

総合2位/桜坂観山荘のだし

■総合3位
ハイサイペースト/株式会社リシコン
レモングラスの香りが食欲を刺激します。色々な料理に使えて、美味しさを無限大にする調味料です。スプーン1杯でアジアンテイストへ誘います。

総合3位/ハイサイペースト

■調味料選手権 最終審査会 概要
【会場】
開催日 :2020年11月3日(火・祝)
審査  :来場者による投票・販売
開催時間:11:00~18:00
参加費 :無料(どなたでもご参加可能)
会場  :東急プラザ銀座(東京都中央区銀座5-2-1)

【WEB】
開催期間: 2020年10月27日(火)~2020年11月15日(日)
審査  : 調味料選手権公式Instagram投稿のいいね!数
      https://www.instagram.com/eventchomiryo/
      日本野菜ソムリエ協会ECサイトでの販売数
      https://revege.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2666864&csid=0
      上記と一次専門家食味審査会の得点を加味した上で総合1~3位を決定。

【2020年度調味料選手権 入賞全33商品と受賞一覧】※記載はエントリー順

■一般社団法人 日本野菜ソムリエ協会について
創立 :2001年8月7日
理事長:福井 栄治
所在地:東京都中央区築地3-11-6 築地スクエアビル7階
事業 :野菜ソムリエの資格提供と育成 各種講座や
    コンテンツの企画開発・提供

■調味料ソムリエ(旧 調味料マイスター)とは
2006年、日本野菜ソムリエ協会が開発した、調味料のスペシャリストとしての資格および有資格者のこと。調味料マイスターは2017年11月3日より、調味料ソムリエ協会が運営するものとし、資格名称を「調味料ソムリエ」に改変。調味料ソムリエの活躍により、調味料業界がいっそう盛り上がることのできるよう、資格者の育成をして参ります。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。