【ふるさと納税】寄付金額8%分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン開催中

宮城県・七ヶ浜、小さな海の町の”人間らしい生活”をひろげる「ワイン」造りに挑戦!ワイナリー設立のための費用調達を目的としたクラウドファンディングを開始

ブエンモスト株式会社のプレスリリース

この度、ブエンモスト株式会社(本社:宮城県七ヶ浜町、代表取締役社長:箱崎舞)は、宮城県・七ヶ浜にワイナリーを構え、この町の”人間らしい生活”を表現する、国産/日本ワインをつくるべく、ワイナリー設立のための資金調達を目的としたクラウドファンディングを、2020年11月18日(水)より、クラウドファンディングサービス「campfire」にて実施します。つくりたいのは「非常識なワイナリー」。宮城県の小さな港町、七ヶ浜町から、“人間らしい生活”の源になる場所を、非常識で最高の『モーニング』、非常識で最高の『ワーキングスペース』、そして非常識で最高の『ワイン』を通して、つくっていきたいと考えています。そして、七ヶ浜の人々だけでなく、ワインを愛する、海を愛する、みんなで盛り上げていきたい。そんな思いでワイナリーを建設予定です。皆さまからのご支援、どうぞよろしくお願いいたします。

 

ワイナリーは、七ヶ浜町内の花渕浜に、2021年夏頃の設立を目指しています。クラウドファンディングの目標は700万円、ワイナリー建設のための資金として使用する予定です。
URL:https://camp-fire.jp/projects/view/340995

<“人間らしい生活”を日本中に広げるワイナリーになりたい
ワインをつくり七ヶ浜を盛り上げるのはもちろんのこと、私たちが愛する七ヶ浜にある“人間らしい生活”をより深め広げることで、宮城県のそして日本の生活のあり方までも前進させていく。そんな「ワインによる七ヶ浜の町づくり」にも挑む。その想いで「はこ」をオープンさせたいのです。
 

早朝のきれいな太陽の光と潮の香りの海風に包まれながら、七ヶ浜のミネラルたっぷりな土で育ったブドウでつくった透き通ったロゼワインを、晴れたお昼の青空とのコントラストを楽しみながら、乾杯する。地元のサーファーや漁師や主婦がふらっと集まり、その空気感に引き寄せられるように町外からクリエイターやビジネスマンまでもが加わり、老若男女問わずごった返して、ほろ酔いで、アイデアや夢を語る。その瞬間、そこにいるみんなが、人間らしく、幸せに包まれて、さらなるおいしい時間とワイン、そして新たな文化・経済を生み出していく。日暮れには解散して、それぞれに帰っていく。

住民はここに通うことで人間らしく生活し、日々の生活を豊かにしていく。その空気感は初めて来た人にも必ず伝わり、住みたいと思われる。同じ空気感をもった人々が移住定住し、さらに七ヶ浜は独特な居心地に。そんな人々に毎日のように繰り返し利用される生活必需品になる。

そんな七ヶ浜の“人間らしい生活”の源になるような、真ん中の場所になりたい。その想いを実現するため『七ヶ浜の、七ヶ浜による、七ヶ浜のための、七ヶ浜をつくる生活インフラになる。』というビジョンを掲げ、さまざまな活動に取り組んでいきたいと奮起しております。

<つくりたいのは「非常識なワイナリー」>
七ヶ浜の“人間らしい生活”の源になる場所を、つくっていきたいと考えています。そして、七ヶ浜の人々だけでなく、ワインを愛する、海を愛する、みんなで盛り上げていきたい。コンセプトは、人間らしさを取り戻す非常識なワイナリーです。

「はこ」ロゴ:代表の箱崎の思いそのままに、七ヶ浜でゆったりと時間の余白を楽しんで欲しいという思いを込めて。

・非常識で最高の『モーニング』

日の出とともに活動を始める、人間らしい生活はそこからはじまります。釣り人、サーファー、そして地元の漁師の方々・・・平日の朝から、海を見ながらおいしい朝食とワインを楽しむことができたなら。「はこ」では季節で変わる日の出とともに最高の朝食を提供したい。合わせる、朝食専用の低アルコールワインをつくりたいと考えています。

・非常識で最高の『ワーキングスペース』

一日の大半を占める仕事。仕事場をよりよくすることは、生活をよりよくします。知識の飲み物と言われるワインを飲みながらなら、素晴らしいアイデアが浮かぶかも。「はこ」ではワイナリー併設の、ワイン飲み放題コワーキングスペースをオープンしたい。そのために、仕事用の超低アルコールワインをつくりたいと考えています。

・非常識で最高の『ワイン』
「“人間らしい生活”のために非常識なワインが必要だ」というのが「はこ」の持論です。本当は飲んじゃいけない…と我慢してしまうところで、「いいんじゃない?飲んじゃおうよ」と言ってあげられる、そんなワインをつくって日々がんばるみなさんにお届けしたい。

上から「飲む時間指定でアルコール度数の違うワイン」「仕事中の「こんなときに」な時に飲んでほしいワイン」「「こんな青空に」マリアージュしてほしいワイン」

<プロジェクトメンバー>
代表取締役 箱崎 舞(はこざきまい)

1979年 岩手県盛岡市生まれ。幼少期に宮城県仙台市へ、その後小学校の時に七ヶ浜町へ引っ越し。29歳の時、JICA海外青年協力隊、環境教育隊員として、南米チリ第6州ペラリージョ村で2年間活動。人口9000人の村内に10以上のワイナリーがあり、ワインが身近にある生活をする事でワインに目覚め、ワイナリー巡りを開始。その後、チリに心惹かれ、就職する事を決意。日系商社の現地職員として、チリ首都サンチャゴにて5年半勤務(その間に永住権取得)。会社員の傍ら、休みの日にはワイナリー巡り、ワインイベント参加、ワインの勉強を楽しんだ。2016年11月帰国、同年12月ブエンモスト株式会社設立、代表を務める。趣味:サーフィン、温泉、ズンバ/特技:スペイン語

営業戦略部長 佐藤善亮(さとうよしあき)

1976年北海道札幌生まれ。幼少期はサッカーに明け暮れ札幌市の姉妹都市、ミュンヘン市を拠点に札幌市代表としてゴールキーパーの技術を学ぶ。札幌市にて新古車販売業社に勤務し、30歳の時に転勤で宮城県へ。その後大手ワイン商社にて営業職として約8年勤務。東北を中心に世界のワインを販売した。2018年よりブエンモスト株式会社入社。同年より七ヶ浜町民となる。
趣味:サーフィン、キャンプ、ゴルフ/特技:料理

広報 橋本あかね

ブエンモスト広報。
都内大手広告代理店にて営業職として8年間勤務したのち国際結婚を機に同社を退社、2019年にチリへ移住したことをきっかけにブエンモストと知り合う。良質で多様なワインに囲まれる生活の中で、みるみるうちにチリワインの魅力に引き込まれる。現在では、チリ現地でのワインツアー(オンライン・オフライン)に積極的に参加するなど、独学でワインを勉強している。
趣味:カラオケ/特技:クラシックバレエ

実弟 箱崎 臣之介(はこざき しんのすけ)

1982年仙台市生まれ。代表箱崎の実弟。幼少期を仙台市と盛岡市で過ごす。都内大手広告会社とIT事業会社で約10年勤務。2011年の東日本大震災の復興支援を東京から携わった際、「想像する多くの人のためでなく、目に見える人たちや、育った環境の人たちのためにできること」を真ん中に考え始め、2014年、仙台に戻る。現在は地元仙台市に本社を構える広告会社に勤務する傍ら、休日は、ボランティアメンバーとしてブエンモストに参画。
趣味:息子との戯れ、ジム、サウナ/特技:料理

クラウドファンディング概要
①タイトル:宮城県・七ヶ浜、小さな海の町の”人間らしい生活”をひろげる「ワイン」造りに挑戦!
②実行者名:ブエンモスト株式会社 箱崎 舞
③URL:https://camp-fire.jp/projects/view/340995
④目標金額:700万円
⑤公開期間:2020年11月18日(水)〜12月28日(月)23:00(41日間)
⑥資金使途:ワイナリー建設費
⑦プロジェクト概要:
2016年12月、私たちは「ブエンモスト株式会社」を設立し、チリワイン輸入販売を行ってきました。この度、宮城県・七ヶ浜にワイナリーを構え、この町の”人間らしい生活”を表現する、国産/日本ワインをつくります。ワインを愛する皆さま、海を愛する皆さま、七ヶ浜を愛するみなさま、ご支援よろしくお願いします!
⑧リターン例(一部)
・【「はこ」シンプル応援コース】(5,000円)
-お礼メール/オリジナルグッズ1品(ステッカー)
・【非常識で最高な「はこ」1日お試し体験コース 】(5,000円)
-お礼メール/「はこ」1日お試し体験
・【ブエンモストコース 】(10,000円)
-お礼メール/ブエンモストのチリワイン1本(赤or白)
・【非常識で最高な「はこ」の飲食メニュー共同開発】(30,000円)
-お礼メール/施設内での飲食メニュー共同開発権・開発MTG時の試食
・【七ヶ浜満喫プレミアムオーダーメイドな旅のご案内】(100,000円)
-お礼メール/七ヶ浜を満喫できる1泊2日のご案内
※その他のリターンもご用意しています。ぜひHPをご覧ください!
 URL:https://camp-fire.jp/projects/view/340995

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。