【ふるさと納税】寄付金額8%分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン開催中

「TABETE」を展開するコークッキング、DD Holdings Venture Capital・中国電力株式会社・kemuri ventures・中川成久氏等を引受先とする資金調達を実施

株式会社コークッキングのプレスリリース

フードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」を展開する株式会社コークッキング(本社:東京都港区、代表取締役社長:川越一磨、以下コークッキング)は、DDHoldings Venture Capital・中国電力株式会社・kemuri ventures・中川成久氏等を引受先とした資金調達を実施いたしました。今回の調達はプレシリーズAラウンドのサードクローズとなります。

■資金調達の背景と目的
日本では年間約612万トンの食品ロスが発生しており(*1)、食品ロスの削減は喫緊の課題です。

フードシェアリングサービス「TABETE」は、飲食店や小売店で廃棄の危機にある食事と、テイクアウト購入をしたい消費者とを直接マッチングさせる仕組みによって、食品ロス発生を水際で防いでいます。

併せて、商業施設内の店舗が当日の営業を終了した時点で余っている商品等を買い取って従業員向けに再販売する仕組み「TABETE レスキューデリ」を展開。営業時間内にロスを減らせる「TABETE」との相乗効果で、多くの中食店が集う施設内でさらなる食品ロス削減を目指しています。

2020年秋からは食品ロスになりそうな食べ物を全国からレスキューできる直送サービス「TABTE レスキュー掲示板」も始動させ、生鮮食品等の食品ロス削減においても着実に成果を上げています。今回の資金調達により、「TABETE」サービス開発の強化や展開エリアの拡大、TABETEレスキューデリ、TABETEレスキュー掲示板の規模拡大を通じて提供価値を最大化していきます。

*1出典:農林水産による推計
https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/200414.html

■新たな出資者からのコメント

株式会社DDホールディングスベンチャーキャピタル 取締役 斉藤 征晃 氏
フードロス問題を抱える飲食業界に対してソリューションサービスを提供するCoCookingと川越社長をサポートさせて頂きます。
飲食店舗運営企業として、CVCを通じた今回の出資、当社グループが持つ店舗を始めとした飲食事業が抱える課題の意見交換等を通じて、CoCookingの成長並びに業界のサステナビリティに寄与できればと考えています。
 

中国電力 経営企画部門 エネルギア創造ラボ長 岡成 健司 氏
食品ロス削減は、SDGsの目標にも掲げられ、また、2019年10月に「食品ロスの削減の推進に関する法律」が施行されるなど重要な社会課題となっています。おいしい食品をお得に楽しみながら食品ロス削減に貢献できるコークッキングのサービスは、こうした社会のニーズに合致し、今後大きな成長が期待できることから、今回出資させていただきました。現在首都圏を中心に利用が拡大しているコークッキングのサービスが、今後全国に広がっていくことを期待しています

 

食の未来ファンド(運営会社:kemuri ventures)代表パートナー 岡田 博紀 氏
フードロス削減に取り組むサービス「TABETE」は、「食の未来ファンド」ミッションの一つである「サステナブルな世界を次世代に(SDGs)」に繋がると期待しています。コークッキング社の優秀な20代の経営チームを、フードテック特化型ファンドらしく、経営面と事業面でサポートを行っていきます。今回ご一緒させていただく他株主の方々との共創も楽しみです。

■TABETEについて 
フードシェアリングサービス「TABETE(タべテ)」は、まだ美味しく食べられるのに「捨てざるを得ない危機」にある飲食店の食事を、ユーザーが「1品」から「美味しく」「お得」に購入することによって「レスキュー」出来る仕組み(プラットフォーム)です。

現在、20〜40代の働く女性を中心とした約32万人のユーザー・飲食店や惣菜店を中心とした約1400店舗にご登録いただき、累計で6万3千食以上の食品ロス削減に成功しました。

飲食店や小売店は、余ってしまいそうな食事を1品から掲載できます。
ユーザーはアプリから近くのお店を検索したり、お気に入り登録したお店からの出品中地を受け取ったりして、その日に出品されている品物を購入。店頭で商品を受け取れば「レスキュー」完了です。

「TABETE(タベテ)」ではサービスコンセプトとして「フードロス削減」を掲げており、予想外のできごとや急な予約のキャンセルなどによって頻繁に発生し、完全な対策が難しいと言われる飲食店や惣菜店におけるフードロスの削減に寄与する仕組みをつくっています。「想い」を込めて準備した食事を無駄にせず、ユーザーの多様な食事の選択肢にも繋がるという、「これからの新しい食のあり方」を提案していきます。

「フードロス削減」はSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)の目標12「持続可能な消費と生産」(つくる責任つかう責任)の一環としても位置づけられており、日本政府(SDGs推進本部)が掲げる「SDGs実施方針」優先課題としても「食品廃棄物の削減や活用」の一環として「食品ロス削減=フードロス削減」が位置づけられています。
 

▶iOS版アプリ
▶Android版アプリ

Webページ

■会社概要
社名:株式会社コークッキング
本社所在地:東京都港区南麻布3-3-1 麻布セントラルポイントビル3階
代表者氏名:川越一磨
事業内容:フードロス削減のためのプラットフォーム「TABETE」運営事業、イベント・ワークショップ事業、パターン・ランゲージ制作事業
代表電話番号:03-6453-6088
メールアドレス:contact@cocooking.co.jp
URL:https://cocooking.co.jp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。