「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

中部国際空港セントレア 夢やアイデアが詰まった機内食を一般公募し再現する「あなたの機内食、実現させます!」二次審査投票をWEBで受付

中部国際空港株式会社のプレスリリース

​中部国際空港セントレア(所在地:愛知県常滑市、以下:セントレア)では、2016年より開催してきました飛行機好きによる飛行機好きのためのイベント「第5回航空ファンミーティング “AIRLINE EXPO IN JAPAN”」を来年3月27日(土)・28日(日)に開催予定としています。イベント内、企画の一つとして、お客様に考案していただいたオリジナル機内食を一般公募し、空港島内で機内食のケータリング事業を行う名古屋エアケータリング株式会社の協力のもと、最優秀賞のオリジナル機内食を再現し、同イベント内で期間限定販売いたします。

 

この企画は、コロナ禍で渡航ができない状況が続く中、お客様に夢やアイデアがつまったオリジナル機内食を考案していただくことで、空の上の「飛行機でしか」食べることのできない機内食を身近に感じていただくとともに、イベント内の期間限定販売を通し、渡航気分を少しでも味わえるような機会提供を目的としています。

現在セントレア公式ホームページでは、一次審査である書類審査を通過した10作品のWeb投票を受付ています。得票数の多い上位3作品が最終審査である三次審査に進みます。

<セントレア公式ホームページ:https://www.centrair.jp/special/event/kokufan/kinaishoku.html>
【web投票期限】2021年2月1日(月曜)~2月17日(水曜日)

今回の審査は昨年12月から始まり、1次審査である書類審査に向け、同月から今年1月にかけて、オリジナル機内食メニューを一般公募しました。

 

1次審査を行う名古屋エアケータリングの社員1次審査を行う名古屋エアケータリングの社員

その後1月27日、機内食のケータリング事業を行う、名古屋エアケータリング機内食工場内で同社シェフによる再現可能性をはじめとした厳正な書類審査が行われ、10作品が審査を通過しました。

最終審査(実食審査)では、二次審査で選ばれた3作品が名古屋エアケータリングのシェフが実際に調理・再現されます。再現したオリジナル機内食を世界で最も多くの航空会社に搭乗した人」としてギネス記録も持つ、セントレアオフィシャルカメラマンのチャーリィ古庄氏が実食審査し、3月27日(土)・28日(日)にセントレア内で開催予定である「第5回航空ファンミーティング “AIRLINE EXPO IN JAPAN”」にて販売する最優秀作品を選びます。

  • 「第5回航空ファンミーティング」について

2017年の開催依頼、毎年開催している「航空ファンミーティング」では、国内外から航空ファンが集うイベントを目指し、お客様とセントレア就航航空会社との交流の場を提供します。5回目の開催となる今回も、イベントステージやセントレアの就航航空会社等によるブース出展など、航空ファンにもお子様連れのファミリー層にもお楽しみいただける企画を予定しております。

■イベント名:第5回航空ファンミーティング “AIRLINE EXPO IN JAPAN”
■日時(予定): 2021年3月27日(土)、28日(日)
■場所(予定): 中部国際空港 第1ターミナル 4階イベントプラザ、3階特別待合室内など
■主催:中部国際空港株式会社
■内容:
・航空会社各社によるPRステージおよびトークショー
・航空会社各社によるブース出展
・名古屋エアケータリング株式会社によるオリジナル機内食およびミニアントレを販売
・セントレアで使用されていた備品(航空灯火や案内板など)を販売するジャンク市
・第5回 航空ファンミーティング  “AIRLINE EXPO IN JAPAN”限定ノベルティー販売 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。