予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

伊勢丹新宿でお気に入りのパンに出会える「パンの魅力に酔いしれる七日間」が開催

期間2021年2月10日(水)〜2021年2月16日(火)
場所伊勢丹新宿店

『伊勢丹新宿店』の本館地下1階・フードコレクションにて、パンの展示販売を行うイベント『パンの魅力に酔いしれる七日間』が開催されます。期間は2021年2月10日(水)~16日(火)の7日間、本場フランスのパンや地元の個性派パン、人気上昇中の食パンなど、お気に入りのパンを見つけられるイベントです。

『伊勢丹新宿店』がパンの魅力満載のイベントを開催

Retina sub9
『伊勢丹新宿店』は本館地下1階・フードコレクションにおいて、『パンの魅力に酔いしれる七日間』を開催します。

期間は2021年2月10日(水)~16日(火)の7日間となっており、本場フランスでも人気のパンや、日本各地の食材を活かしたパン、近年人気上昇中の高級食パンなど、魅力あふれるパンが登場。

焼き立てパンの提供や本イベントのみの数量限定販売もある、パン好きに嬉しいイベントとなっています。

出店ショップとおすすめパンをご紹介

Retina sub8
『リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー』
「ショコラ シュトーレン」(3,780円/1個)
パリで2013年にオープン、2018年に日本上陸を果たした『リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー』。
職人がこだわりを持ち丁寧に作るパンや菓子は、小麦粉からバター、塩までフランスの良質な材料を使用しています。

「ショコラ シュトーレン」ではいちじくやレーズン等の8種類のドライフルーツやナッツを、相性の良いブランデーや赤ワイン、白ワインなどのお酒にじっくりと漬け込んだものを使用。
生地にはヴァローナのチョコレートと自家製ルヴァンも入っています。

コーティングはチョコレートとココアで、大人の味を演出。
店頭販売は本イベントのみで、数量限定となっています。クロワッサンとクロワッサンリンツァーの実演も見逃せません。

Retina sub2
『ティエリー マルクス ラ ブーランジェリー』
「ブリオッシュ・フィユテ」(1,620円/1個)
ベーカリー『ティエリー マルクス ラ ブーランジェリー』は、パリで人気のミシュランの星を5度獲得したティエリー・マルクス氏が監修。
「伝統と革新」をモットーに、フランスの伝統と日本の味を融合させた美味しいパンを提供します。

「ブリオッシュ・フィユテ」は材料に北海道産小麦はるきらり、那須御養卵、発酵バターを使用。中をしっとりとした食感に保ちつつ、外はさっくりとなるよう焼き上げています。
クラストのカリカリ感とブリオッシュのしっとり感を味わえる、ティエリー・マルクス氏のスペシャリテです。

Retina main
『ザ・スタンダードベイカーズ(THE STANDARD BAKERS)』
「とちおとめブレッド」(550円/1個)
宇都宮市の大谷町に本店を持つ『ザ・スタンダードベイカーズ(THE STANDARD BAKERS)』は、“Think Local,Eat Local”がコンセプトの本格派ベーカリー。

「とちおとめブレッド」は、独自の配合で4種類の北海道産小麦粉をブレンドしています。
自家製ルヴァンリキッド使用・冷蔵長時間発酵の酵母で、生地はくちどけの良い仕上がりに。

栃木県のブランド苺「とちおとめ」で作った自家製ジャムをふんだんに巻き込んだ、苺の風味が魅力のパンとなっています。

Retina sub7
『リトルプリンセス(Little Princess)』
「ずっしり贅沢りんご食パン」(3,024円/1.5斤)
『リトルプリンセス(Little Princess)』は青森県青森市のパン屋で、おいしいパン、わくわくするパンをお届けしています。

「ずっしり贅沢りんご食パン」には青森のりんご5、6個を食パン1本にたっぷりと練り込んでおり、その量は切る場所を問わずりんごが現れるほど。
生地の仕込みは水ではなく、「青森県産りんご果汁(100%)」を用いています。

その他の素材にも青森県産にこだわりを持ち、青森県産小麦ゆきち、津軽海峡の塩、青森養鶏場直送の新鮮卵などを採用。
りんご本来の自然な甘さで、パンを食べているのにまるでりんごを食べているような、贅沢な時間を過ごせます。

Retina sub5
『もとむのカレーパン』
「もとむのカレーパン」(1,801円/4本入/冷凍)
『もとむのカレーパン』では黒毛和牛の美味しさと、たくさんの人に求められるカレーパンを追求しています。

東京の食文化の台所・築地に店を構える焼肉店『築地焼肉もとむ』の人気メニュー・牛すじカレーを、「もとむのカレーパン」のベースに使用。
更にA5ランクの黒毛和牛も、贅沢にパンの中に詰め込んでいます。揚げて焼いているため、余分な油もカット。さっくりとした軽い食感が嬉しいカレーパンです。
自宅では電子レンジで解凍後、オーブンかトースターで焼くだけです。
油は一切使わずに、美味しく出来上がるのが嬉しいですね。

本品は「カレーパングランプリ 2020」西日本揚げカレーパン部門で金賞受賞の実績を持つ、本格派のカレーパン。数量限定で、店内厨房で焼く「焼きたてカレーパン」も提供しています。

Retina sub1
『Cafeたもん』
「たもんのパンケーキサンド」(各540円/1個/全3種)
『Cafeたもん』は「多くの良い情報を聞き、心に留める」という意味を持つ「たもん(多聞)」が店名の由来。
金沢に愛着を持つ女優のMEGUMIがオーナーとして、クリエーターと共にメニュー開発からデザインまで携わっています。

「たもんのパンケーキサンド」は特注の鉄板で焼き上げており、冷凍・冷蔵してもふわふわ食感と美味しさを保てるよう試行錯誤。
パンケーキはオリジナルで、クリームを一つ一つ手作業で絞ってサンドしています。ラインナップは全3種、「生クリーム&カスタード」「国産あずきと抹茶」「五郎島金時」となっています。

Retina sub3
『MOOJUU BREAD』
写真左:「MOOJUU BREAD~トマトバジルカプレーゼ~」(1,296円/1個)
写真右:「MOOJUU BREAD~リコッタフロマージュブラン~」(1,080円/1個)
『MOOJUU BREAD』では北海道を愛するシェフが、道山の小麦とチーズを使ってこだわりのパンを作っています。

本店のパンはワインと一緒に愉しむために料理として造られており、「トマトバジルカプレーゼ」では白糠 酪恵舎のモッツァレラチーズをふんだんに使用。
生地はドライトマト、バジリコ、パンの3色のコントラストが鮮やかです。食事にもワインにも合う、カプレーゼを食べているかのような新感覚のパンとなっています。

協働学舎のフロマージュブランと白糠 酪恵舎のリコッタチーズを用いた「リコッタフロマージュブラン」は、プレーンタイプ。
ほど良い甘みと酸味の調和で、どんなシーンにも合うスタンダードな味わいです。

Retina sub6
『俺のBakery』
「クロワッサン食パン」(1,201円/1斤)
『俺の株式会社』は『俺のイタリアン』、『俺のフレンチ』等の運営に携わっており、2016年には食パン専門店として『俺のBakery』を立ち上げました。

バターの質でクロワッサン食パンの味と風味が決まるため、フランス産のこだわりのバターを使用。
高級発酵バターを「クロワッサン食パン」に、AOP称号取得のレスキュール発酵バターを「クロワッサン食パンプレミアム」に、それぞれ採用。

芳醇なバターの香りが、パンを口に入れた瞬間に広がります。

Retina sub4
『ポワン・エ・リーニュ(POINT ET LIGNE)』
「レジェルテ」(648円/1個)
“ポワン・エ・リーニュ”は、フランス語で「点と線」という意味。
東京は丸の内を起点とし、世界という線へ東京産のおいしいパンを発信しています。

追及しているのは、軽さと芳醇さを併せ持つ完全オリジナルのパン。
国産の良質な小麦は独自の開発で、様々な素材と自家ブレンドを施しています。焼き上げはオールスクラッチ製法で、一つ一つ丁寧に。
コク深い極上食パンの秘訣は、隠し味として練り込んだマスカルポーネクリームです。

そのやわらかさと口どけは驚くほど。更に美味しく召し上がるにはトーストするのがおすすめで、香ばしいバターの香りがアップします。

おわりに

パンはスイーツ系や総菜系のパンなど様々な味のものがあり、甘党から辛党まで、老若男女問わず幅広い需要を満たせる点で人気です。
『パンの魅力に酔いしれる七日間』では実演や、限定販売のパンもあるのが嬉しいですね。
見て楽しい、食べておいしい、色々なパンの魅力を再確認できる本イベントに、あなたも参加してみませんか。

イベント情報詳細

開催場所:『伊勢丹新宿店』本館地下1階・フードコレクション
開催期間:2021年2月10日(水)~16日(火)
Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。