「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

コロナ禍以降、食品・調味料などのトライアル購買が「増えた」53%、おうち時間でチャレンジ料理やマンネリ解消に新たな消費機会。

ヴァズ株式会社のプレスリリース

料理写真共有アプリ「SnapDish」 (以下、スナップディッシュ)を運営するヴァズ株式会社(事業所:東京都武蔵野市、本店所在地:東京都練馬区、代表取締役:舟田 善)は、同アプリの利用者からコロナ禍以降(2020年3月~)の買物頻度や食料・調味料のトライアル購買について調査を実施しましたので、結果を以下にお知らせします。

  • 手料理増加、買い物頻度減少傾向が、コロナ禍以降の定期調査で最も顕著に。

 スナップディッシュでは、2020年9月、11月に、ユーザーを対象とした定期調査を行ってきましたが、2度目の緊急事態宣言が発出された後の2021年1月調査では、コロナ禍前(2020年2月以前)と比較して手料理する回数が「増えた」(62%)、スーパーに買い物に行く回数が「減った」(45%)の割合がいずれも過去最多となりました。また、過去2回の調査では40%を占めていた「変わらない」の回答がいずれも30%強に減少していることからも、今回の緊急事態宣言発出を受け、これまで行動が変わらなかった層までもが買物などの外出を控えて自宅で過ごす時間が増え、その分家庭での料理頻度も増えていることが推測できます。

  • 買物回数が減っても、食品・調味料の「トライアル購買が増えた」人が過半数。

 コロナ禍以降、「これまで使ったことのない食品・調味料等を買ってみる頻度」が「増えた」と回答した人は53%に上る結果となりました。コロナ禍以降、買物回数が減ったり、特売やチラシや店頭での試食等が自粛がされても、回答者の約95%がトライアル購買が「増えた」もしくは「変わっていない」と答えており、「減った」という回答はわずか5%にとどまりました。
 トライアル購買のきっかけについては、「SNSの投稿」が最多で31%となり、次いで「スーパー等の店頭」(23%)、「家族や友人のすすめ」(19%)となりました。店頭での情報接触の時間や頻度が減っても、SNSや身近な人からのリアルな情報からもトライアル購買が生まれていることが伺えます。

 

  • 新しく試した食品・調味料、多かったのは本格調理のスパイス系、簡単に味が決まるタレ系。

 コロナ禍以降、新しく試した食品・調味料のフリーアンサーを集計したところ、最多となったのは、スパイスやハーブ、シーズニング(22%)、次いで中華料理や韓国料理の食材・調味料(18%)、タレやソース、ドレッシングなどの調味料の順で多くなりました。本格的なエスニック料理や中国、韓国料理を作るためのスパイス、ハーブや調味料が特に多く、コチュジャン、オイスターソース、ナンプラーのようなメジャーな調味料から、中国のミックススパイス「五香粉」、パクチーペースト、ハリッサなど、個性的な回答も多く見られました。
 試してみようと思った理由では、家での時間がたっぷりあることから、いちから手作りにチャレンジしたり、外食や海外の気分を味わうために本格的に食材や調味料を買ったという声が多い一方で、家での食事回数が増えたことから、手間を減らすためや、飽きがこない味付けの工夫のためという声も多く見られました。マンネリ解消や時短のために、これまでは使っていなかったメニュー調味料やレトルト・冷凍食品、鍋の素や、手軽に味変を楽しめるタレやソースなどが活躍している様子が見られます。
 また、理由の中でも認知経路に関わる部分では、SNSへの言及が目立ちました。若年層だけでなく幅広い世代から、SNSで見て美味しそうだった、おすすめされていた、などのほか、Zoom料理教室で使った、レストランのレシピ動画で使われていた、などの回答も見られ、SNS上やオンラインでの料理情報の受発信がコロナ禍に入ってこれまで以上に活発になっていると見ています。

  

  •   新しく買って試した食品・調味料/試そうと思った理由(※一部抜粋)

■スパイス・シーズニング(22%)
ハバネロソース、食べる辣油、ガラムマサラ/パスタやカレーを作る頻度が増えたため、バリエーションを増やしたかった。(東京都 女性 30代)
スパイス類 クミンシード/少しの工夫でいつもより本格的になったり手間をかけずに作れたりするレシピを真似たかったから。(神奈川県 女性 50-59歳)
ハーブミックス、ぬか床/買い物に行く頻度が少なくなり野菜や肉類の保存に良いと思ったから。(奈良県 女性 50-59歳)
生七味/「ワンパターンで飽きてしまいがちな鍋料理のアクセントになる」と店頭で見たから。(愛知県 女性 20代)

シーズニングパウダー類、ガーリッククリーム、チーズ類、だし醤油など/今までに作ったことが無い料理に挑戦しレパートリーを増やそうと思った。(兵庫県 男性 60代)

■中華・韓国の食材・調味料類(18%)
・韓国料理を、作ることが増えてコチュジャンやチーズタッカルビのタレなど買うようになりました! /旅行に行けないので現地の味を家でも食べたいと思って作りました。(長崎県 女性 30代)
ヤンニョムなど韓国系食材や調味料/コロナ禍で韓流ドラマを観るようになり、その中で使われていたり食べられていたものに興味を持ったので。(神奈川県 女性 30代)
中華の調味料/時間が増えたのでチャレンジしようと思って。外食が減ったので美味しいものを食べたくて。( 群馬県 女性 50代)
オイスターソース、甜麺醤 /簡単で美味しそうで他の料理にも使いまわせそうだったから。(埼玉県 女性 30代)
紹興酒、ディジョンマスタード/家族揃っての食事が増えて、いつもと少し違う料理に挑戦してみたく、美味しそうな料理をSNS知ったので。(大阪府 女性 50代)
オキアミの塩辛、イワシエキス/外食に行けないので、大好きなお店のキムチの味を再現したくなった。(栃木県 女性 40代)

■タレ・ソース・ドレッシング類(18%)
青森のタレ源、ミツカンのかんたん酢、韓国のインスタント食品/家にあるものでは、ワンパターンなものしか作れなくなってきたので。(東京都 女性 40代)
ネットショッピングで使ったことがないドレッシングや醤油を購入しました。/口コミやTwitterなどでとても人気で美味しそうなのが伝わってきた為、我が家も常備したいと思ったので。(兵庫県 女性 30代)
それ1本で味の決まるタレやお酢など/味付けが簡単で、自分のつけるのとは違う味になりそうだったから。(兵庫県 女性 30代)
グレイビーソース/普段は買わないですが、コロナで、家で食べる回数が増え、たまには違ったものが食べたくなり、つい買ってしまいました。(徳島県 男性 40代)
美味だれ丼のたれ、ぬか漬けの素、トマトピューレ、豆乳(豆乳鍋が食べたくて)、フルーツ、ミキプルーン、牡蠣の缶詰、ムール貝アヒージョ缶詰、鯨の缶詰/買い物頻度を減らす為に日もちのする物やあと一食欲しい時のストックに。(和歌山県 女性 50代)

■その他
・美酢、炭酸飲料/飲み会に行くことがなくなり、アルコールを飲む頻度を減らそうと炭酸飲料を常備するように。美酢の炭酸割りが食べ物にも合うので気に入って続けています。(山形県 女性 30代)
・土佐野菜。醤油。マヨネーズ。ケチャップ。だしパック。/家でのご飯を今までよりも楽しくしたかった。料理するモチベーションをあげたかった。(神奈川県 女性 40代)
・冷凍春巻き、冷凍麺/簡単に作れるから、揚げ物不精なので、まずは出来合いで試してみようと思ったから。(東京都 女性 20代)
海外や地方の食材/変わった調味料や食材があると想像が膨らんで、家族も飽きないから。(群馬県 女性 40代)
クレイジーソルト、塩麹/インスタのフォロワーさんが、プチトマトとタコをクレイジーソルトで作っていて、メチャクチャ美味しかったから。そのフォロワーさんの他の料理も真似して作り出しました。 (東京都 女性 50代)
和三盆、ヤーコン、葉にんにく/美味しいと聞いたから、SNSの投稿写真が美味しそうだったから (神奈川県 女性 50代)
三河みりん。食菜酢 /オンラインでクッキングで使用していただったので買ってみました。同じ調理法で美味しさが変わりました。 (宮城県 女性 60代)

■ご希望の方には、調査結果データを公開致します。
集計データ、フリーアンサー全文に回答者属性を付けたドキュメントを無料でご提供しております。以下ページ下部のフォームよりお申し込み下さい。
http://vuzz.com/?p=4712
※買い物頻度の増減、トライアル購買の増減、新たに試してみた食品、その理由やきっかけの回答(フリーアンサー)には、在住都道府県、年代、性別、就労状況、世帯の成人数、世帯の子ども数等の属性を併記しております。

■SnapDishでの「初めて」に関連した料理投稿一覧はこちら
https://snapdish.co/search/%E5%88%9D%E3%82%81%E3%81%A6?rank=-timestamp

■「SnapDishみんなの食卓体験ラボ」とは?
SnapDishが、生活者の自発的な声や工夫を集めて共有することで、「生活者の食卓体験向上」を目指すラボラトリーです。
過去の調査結果はこちら → ​http://vuzz.com/lab2019

■調査概要
調査方法:SnapDish登録ユーザーにメールにて「みんなの声大募集♪コロナ禍の買物と料理編」として回答を募集
回答期間:2021年1月23日~2021年1月26日
回答者数:477名

■「SnapDish」/ ヴァズ株式会社について
「SnapDish」(スナップディッシュ)は、料理写真専用の投稿アプリ。2,300万を超えるユーザーからの料理投稿データを解析し「美味しそう」をスコア判定する「AI料理カメラ」を搭載。運営者であるヴァズ株式会社では、これらの料理に特化したコミュニケーションプラットフォームやビッグデータを活用し、食に関するマーケティング支援を行っています。
-SnapDish: https://snapdish.co/
-ヴァズ株式会社:http://vuzz.com/

■お問い合わせ先
ヴァズ株式会社 広報担当:落井(おちい)
電話/FAX 0422-24-6341(土日祝を除く9時~18時)
e-mail business@vuzz.com

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。