「一蘭」史上初のカップ麺『一蘭 とんこつ』全国発売!

大都会“西麻布”で至極の地産地消を。5周年を迎えたエルバダナカヒガシが店名を一新『草片cusavilla』として新たな一歩を踏み出します。

GYRO HOLDINGSのプレスリリース

◆草片 cusavilla

 2016年にオープンしたerba da nakahigashiがこの度 更なる飛躍と世界に向けての発信を目指し、新たな一歩を踏み出すべく2021年2月22日より店名を『草片 cusavilla(くさびら)』に一新いたします。

公式ホームページ】 https://cusavilla.com/

 シェフの中東俊文は日々東京の野山を駆け巡り、西麻布にて旬のご馳走をお届けすべく食材を集めます。
大都会における至極の地産地消、erba da nakahigashiからさらに進化を遂げた、ここでしか食べられない唯一のリストランテが幕を開けます。

 古来より野菜の総称の意味を冠するこのレストランは、日本の伝統文化である24節気・72候になぞらえ、季節に沿ったお野菜の料理をお出しします。
 草片 cusavilla~くさびら~と読む店名の通り、イタリア語でもcusa-villaとなるよう、安らぎの地・里・郷を目指し、お野菜によって身体も心も癒される場所としてお客様をお迎えいたします。
 

≪コース詳細≫

・コース:
 地野菜で季節を感じる少量多皿コース(17~20皿)
・価格:お一人様6,800円(税抜)
・ドリンクペアリング:全5種 3,800円(税抜)

※サービス料、お茶、お水は全てコース料金に含まれております。
 

≪3月のメニュー≫
 
フキノトウ
椎茸
大根
ブロッコリ
キャベツ
菜の花
独活 
タラの芽

 


生ハム
トマトソース、ストラッキーノチーズ
minestrone
蛤のリングイネ
京都からの贈り物
MIMOSA
余すことなくメレンゲ
ハーブティー
 

◆季節毎の旬の食材

 

 

 3月からは筍や天然山女魚、6月に入ると秋川の天然鮎、9月からは松茸や白トリュフ、11月からは津居山の蟹・・・
など、契約生産者様からの食材もオプションとしてご用意いたします。

 ※食材の育成状況により一部変更となる場合がございます。
 

◆草片 cusavilla

 古来より野菜の総称の意味を冠するこのレストランは日本の伝統文化である24節気と72侯になぞらえ、季節に沿った野菜のお料理をご提供いたします。
 イタリアの名店で研鑽を積んだシェフがお届けする、大都会における至極の地産地消をお楽しみ頂けます。
 お料理に寄り添う、ソムリエおすすめのワインも多数ご用意いたしております。

住所:〒106-0031 東京都港区西麻布4-4-16  B1F
電話番号:03-5467-0560
営業時間: ランチ12:00~13:00 L.O.(金曜日・土曜日限定) / ディナー17:00~20:30 L.O.
定休日:日曜日

◆会社概要
商号:株式会社 subLime
代表者:代表取締役 奈良正徳
所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-22-43 新宿JECビル4F
設立:2006年6月
事業内容:飲食店の経営、飲食店のコンサルティング業務
資本金:2,200万円
URL:http://32lime.com/company

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。