2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

【2021年4月15日オープン】丹後の鮮魚をご堪能頂く本格江戸前寿司店『坐忘-ざぼう-』

マリントピアリゾートのプレスリリース

株式会社にしがき マリントピアリゾート(本社:京都府宮津市日置4230、代表取締役社長:西垣俊平)では、新たな飲食店として豊富な丹後の旬の魚介を使用した本格的な江戸前寿司をお楽しみ頂く鮨「坐忘-ざぼう-」を4月15日にオープン致します。

CONCEPT
研鑽を積んだ確かな技と丹後の旬鮮魚の融合

ニューヨーク、ロサンゼルスのミシュラン掲載店で15年。
東京・六本木の高級店含む日本で2年と長年研鑽を積んだ熟練の料理人、明石洋一が丹後半島で水揚げされた豊かで新鮮な魚介類を使用して本格的な江戸前寿司をお届けします。
カウンター8席のみの店構えでゆっくりと確かな自慢の鮨をお楽しみ頂けます。
URL:https://zabou.jp/

 

 

◆「坐忘-ざぼう-」概要
名  称  :坐忘-ざぼう-
オープン日 :2021年4月15日
座席数   :8席(全てカウンター席)
提供料理  :江戸前寿司
       地元丹後の魚介類と赤酢、お米を使用
コース内容 :握りとつまみで1人前約15品を予定
料  金  :1人前18,000円(税別)
予約について:事前予約のみ、夕食時間を予約時にご選択頂く
       2部制(17:00か20:00開始)
定休日   :水・木曜日(祝日は営業)
       ※アレルギー苦手食材に関しては予約時にご申告頂きます

◆「坐忘-ざぼう-」料理長 明石洋一
アメリカ・ニューヨーク、ロサンゼルスのミシュラン掲載店で約15年。
日本に戻り東京・六本木の「江戸前鮨 すし通」、そして移住した京都府宮津市の「すし長蔵」を合わせて約2年とすし職人としてのキャリアを積む。

長年にわたり研鑽を積んだ明石洋一の確かな技。
深い魚介類への知識を活かした江戸前の丁寧な仕事が施された寿司は
実に多くの食通・美食家から好評を頂いております。
移住先の京都府宮津市、丹後半島の豊かな魚介類や赤酢、お米と明石が厳選した食材を用いてこだわりの江戸前寿司をご提供致します。

◆姉妹施設 BAR「ベリーニ」
「坐忘-ざぼう-」に隣接する立地に姉妹施設 BAR「ベリーニ」を新規開業致します。

 

全16席。うちオープン席4席。オープンは4月月内を予定しております。
ベリーニでは丹後出身のバーテンダーによるこだわりのお酒をお楽しみ頂けます。
また、 坐忘の江戸前寿司と合わせたカクテルも今後提供予定となっております。
寿司と酒を堪能頂く豊かな食事のひとときをお楽しみ頂きます。

 

◆アクセス
<車>
・京都縦貫自動車道「与謝天橋立IC」より国道178号線を約12分
 京都府宮津市日置 瑠璃浜アクティビティセンター3110から徒歩1分

◆坐忘HP
https://zabou.jp/
ご利用にあたっての事前予約は、HP掲載内の電話番号(050-3161-4582)まで
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。