予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

セルフィユ軽井沢から、「軽井沢の朝」をテーマにした新たな提案商品を3月30日発売のお知らせ

株式会社JFLAホールディングスのプレスリリース

株式会社JFLAホールディングスの子会社で、ジャム・ディップ等の瓶詰食品の開発と販売を手掛ける株式会社セルフィユは、「セルフィユ軽井沢」ブランド創設20年目を記念し、新たに「軽井沢の朝」をテーマとしたシリーズ「軽井沢GROCERIES」を2021年3月30日(火)より順次発売いたします。

【軽井沢GROCERIES】
1日のはじまりは、すてきな笑顔から。健やかな暮らしと、からだを想いながら。
家食でちょっとしたぜいたくとあたらしい食の発見を。
 洋風食文化の影響を受けつつ、信州の伝統的な風土食も混在し、古くから西洋建築様式が
取り入れられながらも、今なお宿場町の面影をも併せ持つ町 軽井沢。
外での楽しみや過ごしかたが見つめ直されている今、この町の豊かな自然や街の景色を
たのしむように、見ているだけで心が豊かになるような朝食シーンを「軽井沢GROCERIES」は創りだします。

【シリーズ意匠について】

軽井沢の街で見かける和洋混在した様々な色合いや形、味わい等を併せて違和感なく表現する意匠として、僅かなひき方の違いや向きで和洋どちらの表現をもさせることのできる文様であるストライプ柄を用いつつ、優しく包み込むようなアースカラー的色合いにしました。

【発売商品について】
健やかな暮らしとからだを想うかたへご提案するシリーズ商品としてジャムやペースト、グラノーラ、ドライフード、ハーブティ、スパイス、バター、ヨーグルト等、「軽井沢の朝」を豊かに演出する食たちを順次発売致します。
Vol.1として、2002年創業のセルフィユがこの20年の間に開発したジャムやペースト、ディップなどの瓶詰食品約650種類の中から、朝食シーンにあう、パンやヨーグルトと共に召し上がっていただきたい10種類の瓶詰たちを特別にチョイス。仕様や規格を変更し、更にお買い求めやすい価格となって復刻、発売させることと致しました。
尚、「軽井沢GROCERIES」シリーズのVol.2としては2020年5月に5種類のフレーバーバターを、同 7月にはVol.3としてグラノーラの発売を予定しています。

○シリーズVol.1 「唯一無二。私のお気に入りのジャム&ペーストたち」

軽井沢GROCERIESのオリジナルラベルは、テーブルの上が明るく笑顔があふれているような
雰囲気を創りだす配色とブランド意匠であるストライプを多用することによって奥行きを演出
しています。また、それぞれのラベルには商品や原材料にまつわる、読んでいるだけでついほ
っこりと和んでしまうメッセージが書かれています。
※ラベル変更や小ロット出荷等、ベーカリーショップ等を想定したPB展開にも対応可能です。

【セルフィユ軽井沢について】
日本におけるジャム発祥地のひとつとして知られる長野県軽井沢で生まれたジャム・ディップなどの瓶詰食品ブランド。ジャムづくりが盛んな土地で季節ごとの素材を選び、素材自体が持つ本来の味わいを引き出す方法で、ひとつひとつ丁寧に創りあげています。
コンセプトは「いつもより、すこし贅沢。キッチンへ、リゾートの風を。」
旅に出かけたり、リゾートですごしたりしているときに感じる心地よさ。非日常の時間や空間では、皆こころが豊かになった気がします。普段すごしている部屋のキッチンに、心地よいリゾートの風を。軽井沢でうまれたセルフィユ軽井沢の瓶詰たちが、日々の暮らしの中において、非日常の瞬間、心地よい風になれたら…そんな思いを込めた商品開発を行っています。

■株式会社セルフィユ
本社:東京都中央区日本橋蛎殻町1-5-6 盛田ビルディング
代表者:代表取締役社長 齋藤 治雄
事業内容:菓子、瓶詰などの食品を中心としたギフトブランドの企画・運営・販売
     現在は「セルフィユ軽井沢」「弘乳舎TOKYO」の2ブランドを運営
創業:2002年2月5日
URL:https://www.cerfeuil.jp

■株式会社JFLAホールディングス
本社:東京都中央区日本橋蛎殻町1-5-6 盛田ビルディング
代表者:代表取締役社長 檜垣 周作
事業内容:外食フランチャイズ本部及び外食店舗の運営、食品酒類製造・販売・輸入販売、加工卸及び小売等
URL:https://j-fla.com

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。