2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

『フルーツビネガー あらごしりんご&パイナップル+こんにゃくゼリー』『フルーツビネガー あらごしベリー&ざくろ+こんにゃくゼリー』2021年4月1日(木)発売

株式会社ゴンチャ ジャパンのプレスリリース

株式会社ゴンチャ ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:前田仁志)は、人気のドリンクメニュー『フルーツビネガー』の新商品として、果実感溢れる、あらごしのフルーツピューレを使用した『フルーツビネガー あらごしりんご&パイナップル+こんにゃくゼリー』『フルーツビネガー あらごしベリー&ざくろ+こんにゃくゼリー』
を2021年4月1日(木)に、「ゴンチャ」各店*にて発売いたします。*新橋三丁目店、岐阜又丸店を除く。

■『フルーツビネガー』とは
果汁を発酵することで、フルーティーでまろやかな味わいを感じられる飲むお酢「美酢」を使用し、ゴンチャオリジナルのフルーツソースを合わせたビネガードリンクです。
ざくろ酢を使用したこんにゃくゼリーをトッピングし、その食感と爽やかな味わい、昨今のビネガードリンクへの関心の高さから昨夏の発売以来、多くのお客様にご好評をいただき、主力メニューの一つとなりました。年齢や性別を問わず、どなたでも気軽に楽しめるメニューです。

■果実感があふれ、フルーティーな味わいに
オリジナルのフルーツソースに、すりおろしのりんごや、果肉を残したベリーのピューレを使用することで、より果実を感じ、フルーティーな味わいを楽しめるようになりました。『フルーツビネガー』の特徴の一つである、ざくろ酢こんにゃくゼリーはそのままに、食感豊かな飲みごたえのあるドリンクです。ソーダを合わせることで、これからの季節にぴったりな爽やかな味わいに仕上げました。

■商品概要
発売日:2021年4月1日(木)~9月30日(木) ※終売日は予定。
販売店舗:各店 ※新橋三丁目店、岐阜又丸店を除く。
価格:510円(税込)
※Mサイズ/ICEDのみとなります。
※デリバリーでのお取り扱いはございません。
※弊社では4月1日(木)より、全ての商品を税込の総額表示といたします。

 

 

『フルーツビネガー あらごしりんご&パイナップル+こんにゃくゼリー』
ジンジャーを隠し味に加えた、すりおろしたりんごのピューレに、パイナップルの美酢を合わせ、ソーダを加えました。ざくろ酢を使用したこんにゃくゼリーをトッピングすることで、食感も楽しい、やさしい甘さのビネガードリンクに仕上げました。

 

『フルーツビネガー あらごしベリー&ざくろ+こんにゃくゼリー』

ストロベリー、ブルーベリー、ラズベリー、アロニアの4種類のベリーを使用。隠し味に小豆を加えたベリーの果肉を感じるピューレに、ざくろの美酢を合わせ、ソーダを加えました。ざくろ酢を使用したこんにゃくゼリーをトッピングした、 甘酸っぱい爽やかな味わいをお楽しみいただけます。

■ゴンチャとは

 

世界有数のグローバルティーブランド

お茶の発祥地である中国では古来、希少だった最高品質のお茶を皇帝に献上するしきたりがあり、それは貢ぐ茶、「貢茶(ゴンチャ)」と呼ばれ、皇帝に大いに愛されました。
「ゴンチャ(Gong cha、貢茶)」というブランドには、中国皇帝が愛したような上質なお茶を、現代的に格式張らずに気軽に味わっていただきたい、という思いが込められています。
ゴンチャは、そんな思いを持って2006年に台湾で誕生し、現在、世界で1,400店舗以上を展開しております。2015年に国内1号店をオープンし、日本では95店舗*を展開しております。*2021年3月29日現在

コンセプトはアジアの食文化を提供する“アジアンティーカフェ”
ゴンチャでは、香りや風味がとても繊細なお茶本来の美味しさを味わっていただくために抽出時の湯温や抽出時間を茶葉ごとに変え、香りや鮮度に拘った上質なティーメニューを中心に、アジアというアイデンティティをもった    ドリンク、フードメニューを提供することにより、「ゴンチャ」と過ごす時間という無形の価値を提供してまいります。

■会社概要

社名:株式会社ゴンチャ ジャパン
代表者:代表取締役社長 前田仁志
本社所在地:東京都渋谷区本町2-6-3 ユニゾ初台ビル3F
設立日:2015年3月25日
業務内容:ティーカフェ事業の運営(商品開発、直営店・FC店運営)
運営店舗数:95店舗(2021年3月29日現在)
URL:https://www.gongcha.co.jp

 
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。