2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

催事等で大人気の”コボコボ“が初めての常設店をオープン

株式会社コボコボのプレスリリース

株式会社コボコボ(東京都府中市:代表取締役社長 内田 由美子)が運営する、あこ天然酵母パンとこだわりの生シフォンケーキの専門店“コボコボ”が初めてとなる常設店を4月1日にnonowa国立WEST(JR国立駅)にオープンします。
オープニングキャンペーンとして、開店から1週間、同店で1000円以上(税込)お買い上げいただいたお客様にさっくり美味しいオリジナルサブレをプレゼントいたします(数量限定)
また、バターとグラニュー糖で仕上げたあこ天然酵母のフルーツたっぷり紅茶香るシュトーレンを同店のみで限定販売します。

報道関係各位
《2021年3月31日》
株式会社コボコボ

株式会社コボコボ(東京都府中市:代表取締役社長 内田 由美子)が運営する、あこ天然酵母パンとこだわりの生シフォンケーキの専門店“コボコボ”が初めてとなる常設店を4月1日にnonowa国立WEST(JR国立駅)にオープンします。

 

 

 

オープニングキャンペーンとして、開店から1週間、同店で1000円以上(税込)お買い上げいただいたお客様にさっくり美味しいオリジナルサブレをプレゼントいたします(数量限定)
【キャンペーン概要】
期間:4月1日~4月7日(オープンから1週間)
対象者:コボコボ nonowa国立店で1000円以上(税込)ご購入いただいたお客様。(数量限定)
プレゼント:オリジナルサブレ2種類(ココア・紅茶)いずれか1種プレゼントします。

また、店舗限定商品としてあこ天然酵母を生地に使用したフルーツたっぷり紅茶香るシュトーレン(980円)が販売されます。粉糖ではなくバターとグラニュー糖で仕上げているので香り豊かでリッチな味わいです。

シュトーレンと言えばクリスマスですが、クリスマスだけじゃもったいない格別の美味しさです。

【コボコボとは?】
催事で人気の“コボコボドライブイン”が2021年1月にあこ天然酵母パンとこだわりの生シフォンケーキの専門店“コボコボ”に生まれ変わりました。酵母が店名由来であるコボコボでは、お米が主原料のあこ天然酵母を使用したパンとシフォンケーキなどの焼菓子を中心に主に西東京エリアで催事等で出店販売しています。パン生地にはショートニング、マーガリン、イーストフード不使用。油脂にはバター、太白ごま油、オリーブオイルを使用。油脂を全く使わない商品もあります。自慢のシフォンケーキは例えるならばまるで「天使のくちどけ」👼一度食べたらハマること間違いなしのしっとりフワトロ新食感でリピーター続出の大人気商品です。百貨店の催事や駅のイベントスペースにおいて期間限定で出店し、2020年の販売実績はのべ184か所1029回に渡ります。中でも生シフォンケーキの販売は約35万カットに及びます。この度、お客様の温かいお声に支えられ、2021年4月にnonowa国立WEST(JR国立駅)に同店初となる常設店をオープンすることとなりました。

【株式会社コボコボ 会社概要】
■代表取締役:内田 由美子
■本社所在地:東京都府中市本宿町2-20-8
■nonowa国立店:nonowa国立WEST(JR国立駅)
■URL:https://www.cobocobo.jp
■事業:天然酵母パン、生シフォンケーキ、焼き菓子の製造・販売・卸 
 売 など
nonowa国立完成イメージ図

 

【マスコットキャラクター“コボウータン” 】
■食べることが大好き。もうすぐ1才になる赤ちゃんオランウータンです。手にはいつもガラガラ代わりに泡だて器を持っています。
チャームポイントは、大好物のロールパンを連想させる真ん丸な目です。

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社コボコボ 広報・マーケティング担当:加賀田
e-mail:pr@cobocobo.jp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。