2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

ファクトリーブランド「BIRDY.」の新たな試み 巡回式ポップアップバー「BIRDY. BAR」4月より展開スタート!

横山興業株式会社のプレスリリース

1951年創業、愛知県豊田市の町工場から生まれたファクトリーブランド「BIRDY.(バーディ)」(横山興業株式会社/代表取締役 横山 栄介)は、カクテルツールライン「BIRDY. by Erik Lorincz(バーディ バイ エリック・ロリンツ)」を体験できる場を提供する巡回型ポップアップバー「BIRDY. BAR」を2021年4月より開始いたします。

この「BIRDY. BAR」は、「BIRDY. の技術をカクテルで体験する」をテーマに、バーディのカクテルツールを使ってバーテンダーが生み出す特別なカクテルを楽しみながら、ブランドの世界観を体験していただくための拠点となります。また、長びくコロナ禍の影響で落ち込むバー業界を活気づけ、一端を担うことも目指して2ヵ月ごとに拠点となるバーを移動して、巡回しながら実施いたします。

第一弾は、四ツ谷にあるジェラテリア&バー「TIGRATO(ティグラート)」で4月と5月の毎週土曜日に「BIRDY. BAR on Saturdays at TIGRATO」として4月3日(土)から展開をスタートします。そして、これを皮切りに6月と7月は新宿にあるバー「Jeremiah Tokyo(ジェレマイア東京)」での開催が決定し、これ以降も順次開催を予定しています。
 

  • ​​「BIRDY. BAR」開催スケジュール

第一弾:「BIRDY. BAR on Saturdays at TIGRATO」
4月3日(土)〜 5月29日(土)間の毎土曜日 12:00~21:00

第二弾:「BIRDY. BAR on Sundays at Jeremiah Tokyo」
6月6日(日)〜7月25日(日) 間の毎日曜日  15:00~21:00

*各店舗とも新型コロナウイルス感染症対策を万全に実施いたします。
*感染症の拡大状況によりスケジュールを変更する場合もあります。
 

  • 「BIRDY. BAR on Saturdays at TIGRATO」 概要

◆ 開催場所:「TIGRATO」 http://www.tigrato.cafe/
                     東京都千代田区六番町13-6 ASビル1F
◆ 開催期間: 2021年4月3日(土)~5月29日(土)間の毎週土曜日
◆ 営業時間: 12:00~21:00
◆ 展開メニュー: 4月、5月 各月スペシャルカクテル3種

◆ 内容
4月と5月の2か月間限定、毎週土曜日に「BIRDY. BAR」としてオープン。
BIRDY. のカクテルツールを使い、TIGRATOが得意とするコーヒーを加えてアレンジしたオリジナルスペシャルカクテル&モクテル(ノンアルコールカクテル)を月ごとに3種類メニュー展開します。
また、ベースとしたカクテルは毎年イギリスのDrink Internationalが発表する人気カクテルランキング「The World’s Best-Selling Classic Cocktails」の2021年版でTOP50に入ったものから選出。
テーマは「みんなでフリフリ」。オーダーしたスペシャルカクテルをバーテンダー指導のもと、最後はお客様ご自身でBIRDY.のカクテルツールを使って仕上げていただきます。

<4月>
エスプレッソマティーニ 1,320円(税込)

TIGRATOのシグネチャーカクテル。
通常はウォッカベースですが、和製クラフトジン
「KODACHI 香立」を使用したオリジナルにアレンジ。
スパイスと甘味にコーヒーの香りが加わりバランスの
良いカクテルに仕上げています。
ダブルティンシェーカーを使用。

           
ポルノスターマティーニ  1,320円(税込)

近年、海外で人気急上昇のカクテル。

TIGRATOではパッションフルーツマティーニを
ベースにピーチネクターで抽出したコーヒーを加え、
オリジナルのコーヒーカクテルに仕上げています。
ショットで付いたスパークリングワインと交互に
飲むのがトレンド。
カクテルシェーカーを使用。

モクテル:ハンキーパンキー 880円(税込)

クラシックなカクテルで、本来はジンをベースに
アルコール度数が高いものをモクテルにアレンジ。
自家製ノンアルコールのジンやベルモットを使用し
ノンアルコールとは思えない深みのある味に
仕上げています。
カクテルシェーカーを使用。

<5月>      
エスプレッソマティーニ *4月と同じカクテル

ラストワールド 1,320円(税込)

1920年代にニューヨークで生まれたクラシックな
カクテルでここ5~6年で見直されて人気が浮上。
本来はアルコール度数が強いものを、飲みやすく
オリジナルにアレンジしています。
カクテルシェーカーを使用。

 

モクテル:ブランブル 880円(税込)

ジンにカシスを加えたシンプルなカクテルを
自家製ノンアルコールコジンを使用して
コーヒーを加え、モクテルにアレンジ。
コーヒーはデカフェを使うというこだわりも。
カクテルシェーカーを使用。

 

  • TIGRATO について

四ツ谷にあるジェラテリア&バー。数々のカクテルコンペティションで受賞歴のあるバーテンダー、高宮裕輔がドリンクからジェラートまで全てのディレクションをしています。季節のフルーツやハーブなどフレッシュな素材を使ったカクテルやコーヒーカクテル、店舗の工房で全て手作りされるジェラートは定評があります。またコーヒーにもこだわりがあり、ヨーロッパのカフェをイメージした店舗はテラス席も備え、バーとしてだけではなく、カフェのように利用する方も多いのが特徴です。
 

  • 「BIRDY.」について

自動車産業で盛んな愛知県豊田市に工場を構える横山興業が、熟練の職人による独自の研磨技術を背景に、2013年にバーテンダー向けのカクテルツールを中心としたファクトリーブランドとして誕生。
オリジナルで開発されたカクテルシェーカーは、攪拌効率を高める流線型のフォルム、内側に施されたミクロレベルの精密研磨により、素材本来の繊細な風味を引き出し、立体的な味わいに仕上げます。その効果は、発売と同時にバー業界で話題となり、現在では国内のみならず海外18の国と地域でも使われてます。
2016年には、新たにテーブルウェアのライン『BIRDY. TABLE』(バーディ テーブル)をスタート。タンブラーに続き、2017年に時短デキャンタージュを可能とした画期的なステンレス製デキャンタ「Birdyデキャンタ」を発売。
2018年春、“良質なる消耗品”をテーマにした新ライン『BIRDY. Supply』(バーディ サプライ)が誕生。
2020年11月にブランド設立7周年を迎える。また、BIRDY. Supplyのキッチンタオル、グラスタオルが累計販売枚数5万枚を達成。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。