2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

Poetry Society of Americaとのコラボレーションによる「ファーストライト シングルオリジン」と「リニューアル ブレンド」を数量限定発売

Blue Bottle Coffee Japan合同会社のプレスリリース

ブルーボトルコーヒージャパン合同会社(本社:東京都江東区)は、2021年4月1日(木)より「ファーストライト シングルオリジン」と「リニューアル ブレンド」を全国のブルーボトルコーヒー カフェ、ポップアップストア、ブルーボトルコーヒー 公式オンラインストアにて数量限定販売いたします。

左・ファーストライト シングルオリジン 右・リニューアル ブレンド 

私たちブルーボトルコーヒーでは、2021年を目覚めの年として考えています。コロナでたくさんの影響を受けた2020年を経て、新たな感覚や生活様式をもって迎えたこの年に、自分たちの持つ感覚を再認識することで、自分自身と、そして他者と繋がることについて改めて考えた方も多いのではないでしょうか?そんな感覚の変化や新たな物語の始まりを感じるこの春は、Poetry Society of America(米国詩学会)にお願いをし、はじまりの季節にぴったりな詩を特別に詩作いただきました。

詩を楽しむことは、美味しいコーヒーを味わうことに似ています。 感覚を研ぎ澄ますことで、そのものの魅力をより鮮明に感じ取り、その感覚的な体験が、新たな喜びを呼び起こします。今回は、シーズナルのコーヒーを春の詩と共にお届けします。「ファーストライト シングルオリジン」と「リニューアル ブレンド」のパッケージに記載されたQRコードをスキャンいただくと、春という季節、そしてそれぞれのコーヒーをイメージし書き下ろされた詩をご覧いただくことができます。「ファーストライト シングルオリジン」はMaya Phillips(マヤ・フィリップス)、「リニューアル ブレンド」は Tina Chang(ティナ・チャン)の詩(翻訳:由尾 瞳)をお楽しみいただけます。

米国詩学会とのコラボレーションは、秋にも予定をしております。また今年一年の四季を通して、五感を呼び起こす企画をご用意させていただく予定ですので、どうぞお楽しみに。

SPRING POETRY COFFEES

ファーストライト シングルオリジン 200g 1,800円
※カフェでは4月1日〜4月14日の間ドリップコーヒー(550円)としてご提供させていただきます。

「ファーストライト シングルオリジン」は、ウォッシュドプロセスで精製されたグアテマラ産コーヒー豆をご用意しました。蜂蜜やドライフルーツのような甘味と深みを感じるこちらのシングルオリジンコーヒーは、春を迎え高まる気分をお楽しみいただけます。
 

リニューアル ブレンド 200g 1,700円
※カフェでは4月1日〜4月14日の間ドリップコーヒー(500円)としてご提供させていただきます。

「リニューアル ブレンド」は、ウォッシュドプロセスで精製されたコロンビア産コーヒー豆のキャラメルのような丸みのあるフレーバーをベースに、エチオピア産コーヒー豆のフルーティでほのかにフローラルなテイストがアクセント。2種のコーヒー豆を一緒に焙煎し、ダークチョコレートやブラウンシュガーのようなテイストが感じられる、幅広い方にお飲みいただきやすい心地よい良いフレーバーに仕上がりました。
 

ABOUT BLUE BOTTLE COFFEE ブルーボトルコーヒーとは
ブルーボトルコーヒーは2002年に、創業者のジェームス・フリーマンによって、アメリカ・カリフォルニアで誕生しました。創業以来、デリシャスネス、ホスピタリティ、サステナビリティを信念に掲げながら、おいしさを徹底的に追求したコーヒーを提供してまいりました。また、自社のロースタリーから焙煎したてのコーヒーを配送可能な地域にのみカフェをオープンすることで、おいしさのピークに合わせてエイジングしたコーヒー豆の販売を行っています。現在は、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ワシントンD.C.、ボストン、ソウル、香港、東京、横浜、京都、神戸で100店舗以上を展開しています(2021年4月現在)。

BLUE BOTTLE COFFEE 公式 オンラインストア:https://store.bluebottlecoffee.jp/
BLUE BOTTLE COFFEE 公式インスタグラム:http://instagram.com/bluebottlejapan

ブルーボトルコーヒー カフェ一覧
(4月1日現在は表記より席数を減らして営業しております)
・清澄白河フラッグシップカフェ (2015/2/6)
〒135-0023 東京都江東区平野1-4-8
店舗面積 184.27m²
席数 47席

・青山カフェ (2015/3/7)
〒107-0062 東京都港区南青山3-13-14 
店舗面積 214m²
席数 80席

・新宿カフェ(2016/3/25)
〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-6
店舗面積 155.19m²
席数 30席

・六本木カフェ(2016/9/16)
〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7
店舗面積 138.91㎡
席数 27席

・中目黒カフェ(2016/10/27)
〒153-0061 東京都目黒区中目黒3-23-16
店舗面積 417.78㎡ (カフェエリア:61.49m²)
席数 40席

・品川カフェ (2016/11/15)
〒108-0075 東京都港区港南2-18-1
店舗面積 165.80 ㎡
席数 27席

・三軒茶屋カフェ(2017/10/27)
〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-33-18
店舗面積 93.97m²
席数 33席+テラスエリア

・京都カフェ (2018/3/23)
〒606-8437 京都府京都市左京区南禅寺草川町64
店舗面積 452.98㎡ (カフェエリア:64.98m²)
席数 58席 (The Lounge -Kyoto- 7席)

・神戸カフェ (2018/7/20)
〒650-0039 神戸市中央区前町1
店舗面積 217.8㎡
席数 63席

・目黒カフェ (2018/8/17)
〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-2-19 1F
店舗面積 69.33 ㎡
座席数 19席

・神田万世橋カフェ(2018/12/7)
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-25-4
店舗面積 24.91㎡

・池袋カフェ(2019/3/22)
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-23-7
店舗面積 65.01㎡
席数 9席

・恵比寿カフェ (2019/7/19)
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿本館1階
店舗面積 85.07 ㎡
席数 21席

・銀座カフェ (2019/8/16)
〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX B2F
店舗面積 117.79 ㎡
席数 48席

・京都六角カフェ (2019/12/13)
〒604-8135 京都市中京区東洞院六角上る 三文字町226-1
店舗面積 90.47㎡
席数 25席

・広尾カフェ  (2020/6/11)
〒150-0012  東京都渋谷区広尾 5-4-16 THE RESTAURANT 1F
店舗面積 95.70㎡
店内席数 28席

・NEWoMan YOKOHAMA カフェスタンド (2020/6/24)
〒220-0005  神奈川県横浜市西区南幸1丁目1番1号 NEWoMan YOKOHAMA 1F  
店内席数:なし 

・京都木屋町カフェ (2020/7/23) 
京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町 310-2 立誠ガーデン ヒューリック京都 1F
店舗面積 123.29m²
店内席数 30席

・竹芝カフェ
〒105-7503 東京都港区海岸1-7-1 東京ポートシティ竹芝オフィスタワー 3階 
店舗面積 92.06㎡
店内席数 22席

・みなとみらいカフェ 
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい 3-5-1
MARK IS みなとみらい GL 階
店舗面積 114.13㎡
店内席数 屋内26席 、 屋外ベンチ席(2~3名用)×12台

・ 渋谷カフェ
※ 4月28日(水) GRAND OPEN
東京都渋谷区神南一丁目7番3号 渋谷区立北谷公園内
店舗面積 216.11 ㎡
店内席数 1F:10席、2F:33席、屋外ベンチ(1,2名がけ) 12台予定

※ブルーボトル コーヒートラックは、以下の期間中渋谷区立北谷公園内にて営業いたします。
設置期間:2021年4月1日(木)〜4月20日(火)
営業時間:11:00-18:00
※4月1日(木)は開業式典のため15時からの営業となります。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。