2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

時代にあわせて、えびせんべいの新しいカタチ。名古屋栄三越にて数量限定販売。

桂新堂株式会社のプレスリリース

桂新堂株式会社(本社:名古屋市中区金山1丁目14番18号A-PLACE金山5階、代表取締役:光田敏夫)は、名古屋栄三越限定で、アソートえびせんべい缶「朱輪布(しゅりんぷ)昭和アソート」「朱輪布 令和アソート」を販売しております。(3/17~販売開始)
4月以降は毎月1日に各10缶限定で販売いたします。

朱輪布とは
「朱輪布」は昭和56年、桂新堂起死回生の商品として販売されたえびせんべいの詰合せです。
味だけでなく、見せ方や中に入る商品まで全体を丁寧に考え抜いて作った朱輪布は、多くのお客様に受け入れられ、無事窮地を脱することができました。

変化したお菓子・手土産の形にあわせて、復刻&リニューアル!
時代の変化により、お菓子・手土産の形も変わりました。
自分で食べるプチ贅沢品、郵送する機会が増えた贈り物。
それぞれのゆったりした時間の中で楽しむお菓子が増えてきています。
そんな中、朱輪布が今の暮らしに合わせ、目でも楽しめる華やかな「アソートえびせんべい缶」として復刻&リニューアル!
長い間作られていなかった朱輪布の復刻版として「朱輪布 昭和アソート」を、そして「もしも今、朱輪布を作るとしたら、どんな内容になるのか」をテーマに「朱輪布 令和アソート」を作りました。

1枚1枚職人が手焼きする、限られた数しか生産できない特別なお品です。
ひとりでじっくり。家族や友人と一緒に。オンラインでの交流のお供に。
新しい生活様式の様々な場面に似合う、新しいえびせんべいの形をお楽しみください。

■商品概要
朱輪布 昭和アソート
85g入 2,700円(税込)

昭和のお菓子を現代に復刻
昭和56年に発売された商品「朱輪布」を現代に復刻。
今なお受け継がれる昔ながらの製法で作られた、桂新堂の原点的えびせんべいを詰合せました。

朱輪布 令和アソート
120g入 2,700円(税込)

受け継がれた作品を令和の味で
朱輪布の復刻に併せて、「もし今、朱輪布を作るとしたらどんな内容になるのか」をテーマに
平成~令和の時代に生まれた、新しい味のえびせんべいを詰合せました。

■ブランド紹介

桂新堂は創業から150年以上にわたって創意工夫の精神を受け継ぎ、最高の素材と技を追求しながら、日本の季節・歴史・文化・歳時をお菓子に取り込んできました。

えびの姿を保ったまま焼き上げた代表作品「姿焼き」は、職人の技が光る芸術品。時代が進んだ今でも、1尾1尾、丁寧に手で焼き上げています。
磨き上げてきた技によって生み出される数々の名品は、ファンから愛され続けています。

 

■商品紹介

海老づくし

国産の車えび、甘えび、芝えび、ぼたんえびが味わえる、
えびひとすじ、桂新堂ならではの代表作品です。

2カップと6袋入 2,484円(税込)
2カップと11袋入 3,564円(税込)
2カップと20袋入 4,644円(税込)
4カップと13袋入 5,832円(税込)

■お客様相談室
0120-08-7667

■ホームページ
https://keishindo-shop.com/
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。